今年の夏は、とにかくプール! 

うちのベランダは狭くてビニールプールも出せないくらい。
プールが大好きなはるちんを、うちでもプールに入れてあげたいなぁ。
どこかで入れられる所ないかなぁ。と考えていて

あ、そうだ徒歩圏内にあるパパの実家のベランダで入れさせてもらおう!
ということで、プールを買って持って行っていたのでした。

今日も昨日に引き続きとっても暑いので、プールさせてもらいに行きました。
はるちんに買ったのは、亀さんのプール。

買いに行った所に、すごく大きい滑り台のついたプールとか
くじらの形してて、噴水がついてるプールとか色々あって
普通の四角いプールを買うつもりでいたのに、見てたら噴水とかついてるの欲しくなっちゃって。

結局、そこで売ってる中では小さめの、亀さんの形のシャワーのついたのを買ってみた。
(↓クリックすると大きい画像が見れます。)
kamepool


ホースをつなぐと上からシャワーが出てくるのだ。
でも今年はシャワー出したらはるちん泣いちゃいそうなので、お預け。
来年はシャワーもしてみようね。

やっぱりプールに入れてあげた途端、ニッコニコ!超ゴキゲン!
今日は初めてパパも一緒にプールで遊びました。

夏の間、いっぱいプールに入れるぞ~。
スポンサーサイト

プール、プール! 

最近、ベビー体操のお友達が地区センターのプレイルームで遊んでいることが多い。
というので、うちも何もない日の午前中はプレイルームに行っていたのだけど、
今日は保育園の園庭開放に行ってみることにした。

というのも、園庭開放でプールも開放しているらしいのだけど、
保育園のプールはオムツを卒業した3歳位の子からしか入れない。

でもオムツをしている子用にビニールプールを出してくれる。という話と
ビニールプールとかは出ていなくてプールサイドで遊べるだけ。
という話を別々の人から聞いてて、実際はどうなのか見てみたかったのもあり。
今日は暑いから、うちから近い保育園のほうが行くの楽だしね。

保育園に着いてみるとベビーカーがずらり!並んでる。
夏休みに入って、普段は幼稚園に行ってる子達がプールに来てるみたい。

ちょうど同じくらいに着いた人に「今日はプールですか?」と声を掛けられる。
「いえ、まだ小さくてオムツなので何も持ってきてないんです~」と言うと
「うちもこの間来た時用意してなかったけどオムツで入らしてもらえましたよ~」
って教えてくれた。

どうやら屋上で幼児用にプールを出してくれているらしい。
とりあえず屋上に上がってみると、1~2歳の子が10人位プールで遊んでいた。
ベビー体操に来ている人が一人居て、向こうも気付いて「こんにちわ~」とご挨拶。
その子もオムツいっちょで遊んでたし、はるちんもプールに入ることに。

屋上で屋根が無いところだけど、ちゃんとビニールシートを紐でつって日除けも作ってある。
水が冷たすぎないようにお湯のホースと水のホースと両方プールに入れてあるし
やっぱり保育園はこういうところが完璧だ~。

プールになみなみ水が入ってるので、はるちんを座らせてみると
胸の半分くらいのトコまで水につかっちゃうんだけど
本人はお構いナシで超ゴキゲン!パシャパシャ叩いてケケケケ笑ってる。

興奮して揺れながら手を前につこうとして前かがみになるんだけど
水位が高いので顔が水の中に入ってしまい、おまけにつこうとした手も浮いちゃって
おいおい、これ放っておいたら溺れるぞって状態(^_^;)

すぐに抱えあげたけど水を飲んだらしく、泣くはるちん。
とりあえず水から上げて地べたにお座りさせるとスグ落ち着く。

また水に入れたら怖がるかな?と思ったけどノープロブレム。
入れた瞬間またしても超ゴキゲンでケケケケ笑ってたのでした。
ホント、水遊びが好きなのね。


ちょうど隣に座ってた女の子が1歳前くらいの赤ちゃんで
お互い気になるのか、何となく近づいて遊んでる。

そしたらママさんが「何ヶ月ですか~?」と声を掛けてきた。
一瞬、年齢詐称して「1歳です」とか言おうかと思ったんだけど、
ベビー体操の会の人が傍に居たので「1歳4ヶ月です」と答える。

するとママさんが「あ、え?そうなんですか~」って感じだったので
「発達がゆっくりだから1歳にも見えない感じなんだけどね~」と言ってみた。
う~ん、段々慣れてきたわ~。今日はすんなり言えてスッキリ。

その後もはるちんとその女の子で、持ってるおもちゃをプチ取り合いしてみたり
何となくお互いを気にしながら遊んでいたのでした。

まだそんなに体力がないので時々出たり入ったりしながら30分ちょっと遊ばせてプールは終わり。

保育士さんに聞いてみたら、屋上にプールを出すのは滅多にしないとのこと。
今日は小さい子が多かったので特別に出してくれたのだそう。
でも下にビニールプールを出すことは、まあまああるみたいだった。
時々着てみたら遊べるかも。


その後、下のお部屋に行って少し遊ばせていると3歳前くらいの男の子が近くで遊びだした。
はるちんその子が気になるらしく、背中をトントン。
ズリズリして近づいて顔を覗き込んだり。

男の子は戸惑い気味なんだけど、
たまにあっちに行ったりしながらもまた戻って来てみたり。
男の子が遊んでる車のおもちゃをはるちん取っちゃったりして。

私がはるちんの手から取って返そうとしたら、はるちん「イヤイヤ」してるし。
今までは自分が遊んでるオモチャを取られてもボ~ッとしてたのに
「イヤイヤ」するようになったんだ~。最近色々反応が出てきて面白い!

一緒に遊ぶまではいかないけど、なんとな~く意識しながら遊んでる感じが
ちょっと微笑ましかったかな。


今日は、はるちゃんはプールで遊びつかれ、
私はプールで遊ばせてる間、暑くて結構疲れ、
3時過ぎから二人でお昼寝して、気付いたら4時半!

はるちゃん1時間半もお昼寝しちゃって夜寝ないかも~。と焦ってたら
そのとおり、今日は寝つきが悪くて寝かしつけに40分もかかっちゃいました。
いつもならお昼寝50分くらいで起こすんだけど、自分も寝てたからなぁ。
プールした日は、お昼寝にも目覚ましが必要かな!?

まだできない、おもちゃ 

「伸びの時期」には続きがあったんだけど、なかなか書けないまま時間が経っちゃった。

子供が何か出来るようになるところを見るのって、結構楽しい。
もっと月齢が低い頃、まだはるちんにはあまり遊べないオモチャを置いておいたら
段々出来るようになっていく様子を見れて面白かった。

なので“まだ出来ないオモチャ”を与えてみている。
最近のはこれ、いたずら1歳 やりたい放題 ビッグ版いたずら1歳 やりたい放題 ビッグ版
名前のとおり、1歳の誕生日を過ぎた頃に買ってみていた。

最近これのなかの、「コンセントに電源プラグを差し込む」遊びが出来るようになった。
オモチャのコンセントに、掃除機の絵につながった電源プラグを差し込むとブイ~ンという音が出る。

最初はこの部分には見向きもせず。何なのか理解してなったよう。

で、はるちんの目の前で何度がやってあげてるうちに興味が出てきたようで
コードを持って、プラグをコンセントの辺になすり付けてモジモジ。
コンセントに差し込むと音が出ることは認識してるんだけど、実際に差し込むという作業ができなくてモジモジしているようで。

そのうち焦れて「出来ないよ~!」って感じで泣き出すので、私が手伝ってやろうと手を取ると
その瞬間はるちんはコードから手をすごい勢いで離すので、
いつも私がはるちんの目の前でコンセントに差し込む。というのをかなりの間繰り返していた。

そしたら最近、自分でコンセントに差し込めるようになったのだ~。
それまでは、電源プラグでなくコード(紐)の部分を持っていたので
コンセントに差し込める訳がない状態だったんだけど

ここのところプラグの所を持つようになって来て、ちゃんと狙ってプラグをコンセントに差し込めるように。

まだまだ百発百中じゃないけど、
うまく差し込めなかったときはプラグを持ち替えて角度を調整したりしてて
おお、結構理解してるんだなぁ。って感じなのでした。

出来た時はパチパチしながら「上手だね~!」と褒めてあげると
こっちを見ながらニコニコ~っと、得意げな笑顔を見せてくれるのでした。


他にも「ドアの鍵穴に鍵を差し込んで回すと開く」部分があって、
ここも、鍵穴に鍵を差し込むとドアが開くことは理解できてるらしく、
鍵を持って鍵穴の辺りをウロウロしていた。

こちらも最近、鍵穴に鍵を差し込む所まではたまにできるようになったけど
そこから回すのが難しいらしい。
またここが出来るようになる過程を見るのが、楽しみだ~。

「伸び」の時期 

ここのところ、はるちん伸びの時期らしい。
何か気づいたら色々なことをするようになってきた。

抱っこして欲しい時は、こっちを見ながら両手を広げて「あ~!あ~!」催促したり。

転がってきたボールを、手ではたくようにして転がせるようになってたり。

はるちん用のキーボードがあって、
普段はるちんがジャンジャン適当に叩いて遊んでいるのだけど、
時々パパや私が簡単な童謡などを引いてあげたりもしていた。
そしたら、電源を付けてあげると人の手を取って鍵盤の方に持って行き「弾いて」と催促したり!

「あ~!あ~!」や「バウバウバウバウ」「えいえいえいえい」と言う感じだったおしゃべりに
たまにだけど、「ガービュルベレレ」「カシュプルベリル」といったような複雑な音が混じってたり。

ちょっぴり、おりこうさんになったはるちんでした。


あ、そうだ。
排便時は補助便座を一旦やめて、オマルでさせることにした。

結局あれからずっと、補助便座で泣くんだな。
我が家のトイレは窓もなく暑いので、その不快さが泣くのを増大させてる気もする。
このままトイレ嫌いになったら困るので、とりあえず夏の間はオマルに変更。

補助便座とは打って変わって、泣かずに上手に気張って出す。

させる前にオマルの底に少量の水を張ってみたら、底にべったり付くこともなく
トイレに流すのもスムーズだった。処理も意外と楽でした。

しかし、姉にお古のオマルを貰ってなかったら、
今の時期に自分で買ってまでやったかは微妙なので、オマル貰ってて良かったな。

カレーデビュー 

赤ちゃんの毎日は「初めての体験」だらけ。
せっかく日記つけてるのだから、ちょっと意識して書いてみるか。
というわけで「はるちゃん★はじめて」なんてカテゴリ作ってみたりして。

今日のはじめては「カレー」

摂食外来の時に看護婦さんに、進め方はゆっくりでも味付けなんかは普通どおりでいいから、
幼児カレーをお粥にかけてあげたりしてもいいんだよ。と言われてから
カレーデビューさせたい!!と思っていた。

言われてすぐ、「1歳からのバーモントカレー」っていうカレールウを買ってはいたんだけど、
以前カレーを食べて乳が詰まってから、怖くてカレー作ってなくて。
はるちんだけのカレー作るのも、ちょっと面倒だしなぁ。

でも最近授乳回数がグッと減って、乳も張らなくなってきてるから大丈夫でしょう!
と、母もカレー解禁。そしてはるちんはカレーデビュー!

大人のカレーにルウを入れる前に、野菜を取り分けて野菜を適当な大きさにして更に煮て。お肉はひき肉。
なんだかんだ、まだそんなに濃い味はあげてないのでカレールウは少な目にして。
味見してみたら、野菜の甘みも出ててマイルドで美味しい。

できたぞ、できたぞ~~。
今日はパパも早く帰ってくる日だったので家族全員揃って、同じメニューを食べる♪

なんか、私の中ですごい「イベント」っぽく盛り上がってたんだなぁ。
カレー食べれるなんて、いっちょまえみたいじゃん!って。

で、食したはるちんの感想はと言うと・・・。

「んん~?これ何?」ってかんじで表情崩れる、口から舌出る。
でもお腹すいてたから、結局全部食べたんだけどね。
決して美味しそうではありませんでした。

う~ん。残念。
でも慣れたらきっと美味しいよ♪(諦めてない私)

寝ながら!? 

またまた最近のはるちんのこと。

最近、便秘が直ったんですね~。

朝、デザートにバナナ。夜、デザートにプルーン入りヨーグルト。
お茶は1日飲んでも100~150ccなので、食事で水分を取るように
昼と夜はスープや味噌汁を必ずあげる様にしていた。

でもナカナカ出るようにならなかったんだけど、
友達が、オートミールが繊維が多くていいよ。と教えてくれたので
朝ごはんにコーンフレークをあげていたのを、オートミールに変えてみた。

そしたら4・5日して、急に出るようになった。

まあ、オートミールだけじゃなくて、前からやってるすべての相乗効果なのかな。
少しは腹筋も付いてくれたと思いたいけど。


で。出るようになったの良いけど、今度は1日2~3回するのね。
だいたい食後だけど、なんでもないときに突然することも。

一番驚いたのが、寝ながらすること!

夜中に「う~ん、う~ん」って目をつぶったまま結構長い間気張ってて。
おさまってオムツを見たら、してるんだよね~。
本人、そのまま寝てるし。

大人じゃ寝たままするなんて、考えられない!
赤ちゃんって時にミラクルなのね。


それと、大の時だけ、補助便座に座らせてトイレで出すことに。


いつもすっごい分かりやすい感じで「う~ん、う~ん」って言いながら気張るので
気張りだしてすぐトイレに連れて行けば、トイレで出せるよなぁ。と薄々思っていて。

火曜日に、気張りだした時に思い切ってトイレに連れて行ったら
補助便座の取っ手のトコを持って座って、上手に出した。

嫌がるかな?と思いつつ、おそるおそるウォシュレットしてみたけど、嫌がらずに洗えた。
そうすると後は紙で軽く拭くだけ。
これはオムツを替えるより全然楽!ってことで気張ってるのに気づいた時はトイレでさせている。

ただね、次の日から、便座に座らせた途端に大泣き。
体をくねらせて嫌がるけど、向かいに座った私の体にもたれさせるようにして。
嫌がっても、もう気張りだしてるから出ちゃうしね。

別にトイレトレでは無いんだけど、「大きいのはトイレ」って習慣が付くだけでもいいかな~、と。
最初の日はニコニコで出してたんだけどな。早く慣れるといいなぁ。

おともだち大好き 

最近のはるちん、周りのお友達がとっても気になる様子。

先日ファミレスに行った時、隣の席の3歳くらいの女の子のことを
じ~~~~っと見つめた後、目が合うとニコッ。
その後、後ろの席に座った2歳くらいの男の子に気づいて
補助イスの上で一生懸命体をよじって見つめてるし。

この間プレイルームでも、乗用玩具に乗って近付いてきた
3歳くらいの男の子に向かって、体を立て揺れさせて大はしゃぎ!

ってな感じで、はじめて会ったお友達にもニコニコ愛想を振りまくはるちんでした。
ちょっと微笑ましい成長。


でもねぇ。
いざ相手が近くに来ると、髪の毛を鷲づかみして泣かせちゃうんだよね。
どこでも誰にでもやろうとするので、気が抜けない。

なるべく未然に防ぐように、手を伸ばした瞬間にはるちんの手を取るようにしてるんだけど
たまに間に合わなかったり、気づかなかったりして相手を泣かせちゃう。

せっかく近くに来てくれたし、一緒に遊んで欲しいから
暫くは私が目を光らせて、はるちんの手を阻むけど
そのうちはるちんも怒り出すので、結局少し距離を開けることになっちゃう。

あれが無くなれば、もっとお友達と遊べるんだけどね。
暫くは仕方ないのかしらね。

ひよこの連絡ノートに書いたときも、先生からの返事には
「今は分からないので、お友達と距離を取るしかないです」って書いてあったしね。


そうそう、引っ張られたお友達の反応を見ていて気づいたんだけど

1才前後のはるちんと同じ位のお友達は
引っ張られても痛くなければ泣かない。泣いてても手が離れて痛く無くなればすぐ泣き止んで忘れちゃう。

3歳以上のお友達は
痛くなくても、髪の毛を引っ張れること自体が嫌、と言うかショックらしく
引っ張られた所をさすりながら、速攻去っていく。

と、それぞれの年齢で反応に違いがある。

・・・ってそんなこと観察してる場合じゃないですね。

本日の「デビュー」 

今日はリトラビの日。

7月7日ということで、七夕がテーマ!
お世話役のOさんが、今回も色々と作ってきてくれました。

新聞紙を丸めて、先っぽに切込みを入れてほぐしたものを笹に見立て。
みんなが書いたお願い事を飾りつけ♪

細長い布の上に折り紙を切った星をちらばせて、天の川に見立てる。
その上をみんなで七夕の歌を歌いながら歩きました。

う~ん、七夕気分が盛り上がるねぇ。
こんなに七夕を意識したのは何年ぶりかな?はるちゃんが一緒だからこそだね。


帰りに、ホームセンターに寄り道。
そこではるちん、買い物カートにお座りデビューしてみました。
あの、かごの所に折りたたみの椅子が付いてるやつね。

最近、ひよこ教室でパイプ椅子から落ちそうになることも無くなったので
そろそろいけるんじゃない?と思って座らせてみました。

はるちん、嫌がることも無く。自分で目の前のかごのヘリのトコに両手で掴ったりしてた。
キョロキョロ周りを見ましたり、私に笑いかけてきたり。ナカナカ楽しんだようでした。

お座り、本当にしっかりしてきたね(^_^)v

希望をくれたブログ 

いつごろからかな、
今後顕著になっていくであろう、はるちんの「知的障害」のことが
気になって気になって。ちょっと気が重かった。


体の発達の方はね、まぁ遅れてるんだけど
でも健康面が思っていたより良くて、風邪なんか結構スグ治っちゃうし。

だからまあ、遅れてても必ず歩くんだし、健康だし大丈夫かなぁって。
そう思いはじめたのもあるし、

また実際はるちんがね、
今1歳2ヶ月だけど健常のお友達が6・7ヶ月頃の反応しかないかなぁって。
知能の遅れを感じるわけで。
それで「知的障害」の方が妙に気になってきてしまった。


結構前から就園や就学の事を「そう遠くない問題」として視野に入れていて
小学校1・2年くらいは普通級に入れたいなぁ。なんて思ってみたりしてたんだけど

でもそれって、知的レベルがそう低くない時の選択肢なんだよね。
これから成長していって、普通級なんて無理ってことも全然ありうる。

親の会では普通級に通ってる子達も結構居るけど、
親の会で会う小学生の子達よりずっとずっと知的レベルが低い事だって全然ありうるんだよなぁ。

そうなった時、自分は落ち込むんじゃないかと。
なんか不安を感じていた。


それがね、なんか中学生のダウン症児のママさんのブログを読んでいて、何となく吹っ切れた。
S嬢のPC日記

親の会で先輩ママに、
小学校に登校するのを後をつけて見守る。って話聞いてて。
「ああ、毎朝かぁ。大変そうだぁ」って思ってたんだけど、

そのブログには中学生の娘さんの通学を尾行する話(「朝の母」)があって、
(本人には一人で通ってると思わせつつ、安全を確保するための尾行)
読んでたらね、ママさんがなんかその事をエンジョイしてるんだな。

他の記事も色々読んでみたんだけど、
読めば読むほど「希望が持てる」っていうか。

あ、自分が悲観しなければ、そんなたいそうな事じゃないのかな。
って思わせてくれた。


それで思い出した事があって。
はるちんが生まれてスグの頃、TVでダウン症児・者の特集があって。

40歳過ぎのダウン症者とその親御さんが
手をつないでお散歩するシーンが出てきた。

それを見て私、「あ、いいな~、こういうの。」って思ったんだ。
私もはるちゃんといつまでもそんな風にお散歩したいな。って。

もちろん、はるちんがそれなりに社会参加できるように
成長はして欲しいし、それはそれで大事な事だけど

でもそんな風にずっと"カワイイ我が子"で居てくれる部分があるのも
すごくいいなって、思ったんだ。


なんかうまく言えないけど、
心のおもりが取れた、今日この頃でした。

<2005 ママの気持ち>

初プール!&歯茎でカミカミ 

今日は、ひよこ教室の日。

天気が良ければビニールプールの予定。
ひよこでプールがあるのは知っていたので、早々と水着も水遊びパンツも買って準備万端!
カメラも持参で初プール・初ビキニを楽しみにしていた。

朝から天気は曇り空。プールには寒くて中止かな?心配したけど
ママたちがお湯を沸かして混ぜ、ぬるま湯状態で水遊びできることに。

お風呂は大好きなはるちんだけど、初めてのプールに泣いちゃうかな?
と思いきや、す~~~~っごいゴキゲン(^_^)v

水を両手でパチャパチャしたり、小さいバケツを持ち上げてみたり。
本当にすごく楽しそうでした。

う~ん、こんなに好きなら家でもプールしてあげたいけど、
マンションだし、ベランダ狭いしなぁ。無理かなぁ。
Sassyで小さいプールが出てたからサイズチェックしてみようかな。


そして、そして!歯茎でカミカミ。

摂食指導で、卵ボーロは歯茎で噛みやすいし、噛んでるのが分かりやすい。と聞いてから
おやつに時々ボーロをあげて、食べ方をじーっと見守っていたのだ。

いつもは手で食べる練習用にお子様せんべいをあげているのだけど、
今日はボーロにするか。と、ボーロをあげた。

まあ、いつも見てても舌で溶かして食べてたので、今日はあまり見る気もなく
ポイポイ、とお口の中に入れてぼ~っとしていたら、
「カリッ」

え?「カリッ」?カリッて言った?と思い、もう一つ口の中に入れてよ~く見ていると
舌で歯茎に転がして噛んでるじゃないか!!

うおおおおぉぉぉおお!ついに、ついに歯茎で噛み始めたよ!
と心の中で大興奮。何度も見たくて何度もボーロをあげちゃった。

これで、離乳食後期に進んでいけるのかしら。

なんか、お座りした時より、何した時より興奮してしまった私。
だってだって、離乳食作りから早く開放されたいんだもん。

でも摂食指導で次の診察まで中期で。って言われたんだよね。
でもその時は下で歯茎に転がせてなかったんだよね。
せっかく歯茎を使ってるんだから少し進めていいよね。


という訳で、夜は豆腐をいつもより大きめに切ってみました。
あげながら、また口の動きをじ~っと見ていたら、
歯茎でカミカミしてるけどあっという間に砕いてゴックン。

私としてはいつもより大きくきったつもりだったけど、もう少し大きく切ってもいいみたい。

何事もゆっくりのダウンっ子なので、今まで通りの固さの物を大きめに切ってあげるくらいにしておこう。
摂食指導でも焦らないように言われたもんね。


今日は楽しいし、大進歩もあるし、良い日だったな~。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ