覚えてるのね。 

今日はひよこ教室の日。

最近2週続けてはるちん担当の先生はお休みしていた。
その前の週ははるちんがお休みしたので、担当の先生に会うのは3週間ぶり。

ひよこでは、最初みんな横1列に並べたスチールイスの上にお座りして過ごすのだけど、
はるちん、担当の先生が教室に入ってくると、「あ~!」と声を上げてご挨拶。
その後もみなの席の後ろに着いた先生を気にして、体をねじって後ろを向いては時々見ていた。

3週間ぶりに会った先生の事を覚えているんだ~。と感心した私でした。
それにきっと、はるちんは担当の先生の事が好きなんだよね。
担当になった先生をスキって、とってもいいことだよなぁ。と嬉しくもあったのでした。

11月2週目の運動会(といってもいつもの教室の中でやる)に向けて、毎週練習をしています。
一人一人が順番に鉄棒にぶら下がる。という競技があるのだけど、
はるちんより1歳以上上のお友達は、みな結構余裕でぶら下がる。
(一応落ちても大丈夫なように先生が2人ほど横に付いてやる)

やる前から、やる気マンマンで順番の来る前から立ち上がろうとしたり、
ぶら下がってからも、自分で足を上げたり笑っていたり。余裕な感じに嬉しいオドロキ!
はるちんも来年はあんなふうにできるのかな~。

ちなみに、はるちんも先生に脇を支えてもらってぶら下がるマネをするのだけど、
それだけで大泣きです。はは。

ひよこの教室でもだいぶリラックスして遊ぶはるちん(ママが居ればだけど)。

今日も自由遊びの時間に見ていると、
はるちんが布のキューブ数個で遊んでいたら1学年上のお友達が
そのキューブを横取りしようと、両手で掻くように集めようとした。
そしたらはるちんも、慌ててキューブを掻くように集めてた!

お友達と遊んでる時も、こんな風に自分の意志を出すようになったんだなぁ。とまたもや感心。
最近、ホント見てて面白いはるちんでした。
スポンサーサイト

大きい公園で遊ぶ 

今日はベビー体操の会の日だった。
会の後、天気が良いのでママ友sで歩いて隣町にある大きな公園へピクニックへ。

広~い芝生の広場にレジャーシートを敷いて、まずはみんなで青い空の下ランチ♪
久しぶりのお天気でポカポカの日差しの下で、とってもいい気持ち。

お友達はみんな、あんよそれぞれ好きな方向に歩きまくり!
まだ、一緒に行くって感じにはならないので、別々の方向で結構遠くの方まで行っちゃうのでした。

はるちんにはお砂場着を着せて芝生の上にお座りさせると、とっても嬉しそうに動きまくってた。
いつもはあまりしない高バイの姿勢を取ってみたり、1m位のハイハイを何度も何度もしてみたり。
とにかく嬉しそうにハシャギまくってた!

前から芝生の上や土が好きだよな~。と思ってはいたんだけど、
夏に入ってからは暑いから、プレイルームばかり行ってて、
涼しくなってからは、なんだか忙しくて予定の無い日は家事をこなす&私の休息日って感じで
公園に来たのはスゴイ久しぶりだった。

でもこんなに楽しそうに、しかもハイハイも沢山してたりして、
もっと公園に連れて来てあげたほうがいいのかな?とちょっと反省。
しかし、家の近くには芝生のが沢山ある公園って無いんだよなぁ。
この公園がもっと近かったらよかったのにな。

徒歩圏内に良い公園が無いか、地図を片手にお散歩してみようかな?

ものもらい&お友達が来た。 

朝、起きたらはるちんの右マブタが腫れ上がってた。

実は昨日の朝からうっすら赤かったのだが、引掻いちゃったのかな?と思い気にしてなかった。
パパは「ものもらいじゃない?」なんて言ってたんだけど、
パパはいつも心配し過ぎる傾向にあるので、「またぁ。」なんて思っていた。

いやあ、でもこの腫れ方はホントにものもらいかも!ってことで朝一で近所の眼科へ。
診察の結果・・・やっぱりものもらいでした。
治りが悪い場合は、切開して膿を出さなければいけないそう。
そんなことになったら大泣きするだろうな。切らずに治りますように!

目薬ってさすの大変そうだなぁ。と思っていたら、軟膏が処方された。
下マブタをぺロッとめくって付けるもの。まあなんとか塗る事ができた。

さてさて、その後リトラビで一緒のmiaちゃんと、naちゃんが遊びに来てくれました。
miaちゃんははるちんと一緒に先日お家にお邪魔した、生まれたばかりの妹ちゃんのいる子です。
naちゃんは、はるちゃんとより調度1歳下のダウンちゃん。同じ町に住んでいます。
徒歩圏内のダウン症友達は、はじめて!心強いです。

今7ヶ月のnaちゃん。まだおネンネちゃんだけど、傍にあるオモチャに手を出しまくったり、
キョロキョロとママを探して辺りを見回し、ママを発見すると落ち着いてみたり。
見て聞いて、たくさんの事を感じているんだろうな~。
はるちんを育てている時は夢中で気付かなかったけど、きっとはるちんもそうだったんだよね。

そして、いつもはるちんを見ると両手を広げて歓迎してくれるmiaちゃんと
最近なんとなく、お友達と関わって遊ぶようになってきたはるちん。
今日も2人でなんとなく絡みながら(?)遊んでました。

はるちんがキーボードをたたいて遊んでいたら、
miaちゃんがはるちんとキーボードの間に割り込んできた。
どうするのかな~?と思ってみていたら、はるちん泣きも怒りもせず、
フツーな顔して、miaちゃんをグイグイ押し返してた(笑)

おお、はるちんもナカナカやるようになったなぁ。とちょっと嬉しかった。

ママ達も色々お話して、楽しい時間を過ごしました。
次回はnaちゃんのおうちへお邪魔する約束をして、お開きに。
楽しみだ~♪

ネット繋がらず 

コメントあり

ベビー体操の会&みんなで遊ぶ 

今日はベビー体操の会に参加。
「楽しいばかりじゃないけれど・・・」では、敢えてダークな気持ちばかりを書いたけど、
最近は私自身、楽しんでココに参加している。

ダウン症のことを言った上で集団に参加するのは初めてだったから
結局、私の方も緊張でガチガチだったんだろうなぁ。とも思う。
今は話す人も増えてきて、どんどん楽しくなってきている感じ。

ダウン症のこと、話さないほうが良かったのかな?と思った事もあったけど
やっぱり話して良かったな、と今は思う。

はるちんはというと、最近またおともだちの髪を引っ張るのが大復活!
今日も隣に座ってた1歳になったばかりのおともだちの髪に手を出しまくるので、
阻止するのが大変だった。髪を引っ張ると遊べないのになぁ・・・ナカナカ直らない!!
しかも最近手に取った物を何でも後ろに投げるから、ママはホントに目が離せませんよ。

今、ハイハイをするか、しないかの瀬戸際なはるちん。
周りの子がハイハイしてるの見て、刺激されないかな?と思うのだが、全然興味を示さない。
けっこう前からそうなんだよね。

よく健常の子と遊ぶと刺激を受ける。って聞くけど、お友達と遊んだから何かするようになった、
とか今まで全然なかったりして。そういうとこ、マイペース?
まあ家に居るよりは、他の部分で何らかの刺激は受けてるとは思うけど。

会の後は毎回恒例になってきた、いつものママ友s4組でランチ。
今日は和食系の座敷のお店で、隣のお客さんがすぐ帰ったので個室状態で食べれた。
お子ちゃま達が、いつもの4人で伸び伸びしてるの見てたら、もっと遊びたいな~。と思った。
最近、色々忙しくて、みんなで遊ぶ時に参加できない事も多かったので、急遽、我が家へご招待。

だんだん皆で一緒のオモチャで遊んだりするようになってきてて、見てて微笑ましい。
コップ重ねのオモチャを出したら、やっぱりみんなコップ崩しになっていた(笑)

私がトイレに行ってたら、はるちん側にいたCちゃんママに両手を広げて抱っこをせがんだそう。
身内以外の人にそんなことするの、ホントに珍しい!
やっぱりみんなの事、ちゃんと分かっているんだよね。ちょっと嬉しかった。

はるちんも相当楽しかったらしく、皆が帰る5時までお昼寝ナシ。
皆を見送って、家まで戻る間に撃沈してました。
たっぷり遊んで楽しい1日でした。

ハイハイへの道 

今日はPTの日。
1ヶ月位前に「遊びの中での動きも多くなってきたから、そろそろ2週間に一回になると思いますよ」
と言われていたんだけど、皆の予想を裏切って全然ハイハイしないはるちん。

療育センターの主治医の診察で、筋力的にはハイハイできる状態である事が分かり、
ハイハイしないのは、はるちんが移動手段がズリバイと決めちゃってるからではないかと。
ヨツバイして片手で体を支える筋力はあるんだけど、どうも腕を付いて進むのが嫌らしい。

うちで見ていても、自分でヨツバイの姿勢を取るんだけど、
長い距離移動しようとする時は手がつぶれてズリバイになっちゃう。
短い距離移動する時は、3・4歩ハイハイで進むんだけど、それ以上がナカナカ行かない。

ものすごく近い物を取ろうとする時は、お尻で移動する動きも見られるので、
PTの先生曰く、お尻で移動する「イザリ」を本格的にやり出すかもしれない。
イザリ出すとそっちの方が楽なので、ハイハイしない子が多いらしいのだ。

せっかくハイハイの形も見られるので、今が正念場ですよ。って事で、
ハイハイするまでPTは週一のままなのでした。

そう言われると、ハイハイして欲しいな~。と私も思うので
家でも手押し車を前よりはやったりしてるわけです。
ハイハイへ向けて、強化月間!!

動く様子を見ていると、ヨツバイの形を取って、しばらくすると右足がひょこっと伸びてくる。
その伸びた右足が引っかかって前進しないし、右足から後ろに下がってそのまま座っちゃう。
この右足の動きもかなりのネック。

はるちんが右足を伸ばした時は、折るようにしてみたんだけど、キーキー怒って体もつぶれちゃう。
せっかく邪魔してもハイハイへは繋がらないことを先生に言うと、
足を伸ばしてからじゃなくて、ヨツバイしたら伸ばせないように邪魔した方がいい。ってことでした。
う~ん、なるほど。

早速おうちでやってみたけど、伸ばせないように邪魔しても、やっぱり怒った。
でも足を伸ばしてから折るよりは、ましかな。体制は崩れなかったから。

さて、はるちん、ハイハイするのかどうか?
しない可能性もあるな~。とちょっと思ってる私でした。
するといいなぁ。

そこから巡った思い。 

初めてのトラックバック受信:「見失う希望、見つける希望」S嬢のPC日記

すぐにこの記事にコメントしよう、と思ったものの。なんだか、考えがまとまらない。
まとまらない考えを追っているうちに、どんどん考えはめぐっていった。
そして最近、やっと自分の中でひとつの答えが出た。

読んで最初に思った事、「あ、健常の子の親御さんは希望を持って育ててるんだ」ってこと。
生後3日でダウン症の告知を受けた私には、よく分からない。
でも確かに、告知前の日々と告知後の気持ちは全く違うものだった。
告知前の日々は今からするとなんていうか、キラキラしてたなぁ、と。

今はキラキラ。というのには、とても及ばないかな。
確かに、はるちんはかわいい。笑顔を見るたびたまらなくかわいい~!とは思う。
でもそれとは別に、なんとなく自分の中に暗いモヤモヤした気持ちがある。
それがまた1歳2ヶ月頃から段々と大きくなってきてて。

ふと、このモヤモヤは、希望を持てないってトコから来てるのかな?と思う。
・・・「希望をもつ」ってどういうことなんだろう?

最初の頃は、子供に対して「かわいい」って思いがあれば、何とかなるものかと思っていた。
しかし、子供がかわいいからと言って、目の前のすべての問題が片付くワケじゃない。

かといって、この子が居なければ良いなんてことも全く思わない。
私も子供がいる幸せ。ってヤツはとても感じている。

まあでもそういう幸せ感とは別に、最近、知的障害児を育てる事への不安感でいっぱいなのだ。
こんな気持ちで「希望をみつける」なんてとても無理そうかな。と思ったり。
でも子供の未来に希望が持てない。ってちょっと悲しいな。とも思ったり。

自分の中の不安はどこから来ているんだろう?

はるちんの未来を考えた時、はるちん自身が自分の人生を不幸に感じるとは、私には思えない。
リトラビのやっている施設で青年期の知的障害者に会うのだが、
私には彼らが不幸になんて見えないんだよなぁ。

けっこう人懐っこくて元気な子が多い。不幸オーラ出てないっていうか。
私が楽観的に見てるだけなのかもしれないけど。
そういう意味ではこの子の未来を憂いたりはしていない。

女の子だから、パン屋さんとかでパンを焼く仕事なんかできたらいいな。とか思って
パン屋で働くはるちんを想像してニヤニヤしてみたりすることもある。
本当になって欲しい。っていうんじゃなくて、想像ごっこみたいなものだけどね。

じゃあ、この不安はどこから来ているんだろう?考えた時に、
障害児の親としての、自分の未来に対してなんだなぁ。と分かった。
幼稚園とか選ぶにあたって実際に断られたって話も聞くし、
集団生活で色々問題起こしたりって話も聞くし、
あ~、もう何か大変そう。っていうのがイヤなんだなぁ。って。

でも健常児育ててたって、きっと色々問題は出てくるんだよね。

ダウン症は比較的にネットワークがあって、
全国の人が入ってるMLなどで、色んな体験を読むんだけど、
こういうものの健常児版があって、色んな人の悩みを読むことが出来たら
やっぱりけっこう落ち込むかもしれないよなあ、とか思った。

ここまで考えたら、何かスッキリ。心が晴れてきた。
ま、どんな問題が起こるかもわからないのに、今から暗くなっても仕方ないことだよね。
はるちんを育てるってことは、私の人生の一部であって、その事で問題にぶつかったとしても
それで私の人生の全てが塗りつぶされる訳じゃないはずだし。

今はやっぱり、告知前のキラキラした感じには及ばない。
私にも希望を見つけることが出来るか、今は正直わからないけど、

  それでも、新しい扉を開くことで、きっと一生知らなかったはずの思いと、発見と、喜びが
  手に入る。
  望むことをあきらめなければ。

    「見失う希望、見つける希望」S嬢のPC日記より引用

実際にダウン症児を育てている人からの、こういう言葉は、それだけでとても勇気を与えてくれる。
私も、望むことをあきらめない自分でいたい。


それにしても、考えがまとまるのに1ヶ月以上。
自分を見つめる作業って久しぶりにしたような。なんだか思春期に戻ったみたいだけど、
また落ち込んだ時にはこういう作業が大事なのかもしれないなぁ。

<2005 ママの気持ち>

流血事件!? 

夕飯を作ってたら、はるちゃんがリビングからキッチンのゲートの前までズリバイでやって来た。
なんだかベソベソ泣いてる。時間的にもぐずる時間だし、お腹空いたのかな?
と暫く夕飯準備を続けて、抱っこしようかとはるちんを見ると

スタイに赤い物が。ん?血?赤い物って血ぐらいしかないよな?

口の中を見ると唾が赤い。ああ~、口の中から流血してるぅ!!
最近活発になってきたとはいえ、まだまだズリバイのはるちんなので
流血するほどの事って今まで無かったんだよなぁ。初めての流血(汗

寝頃がして口の中を見るも暗くてよく分からない。
懐中電灯を持ち出してきて見てみるが、はるちん嫌がって泣く、泣く。
でも声を出して泣くので大きな口が開いちゃうから、見やすかった。はは。

何かココが切れてるのかな?って場所があった。傷は浅そう。
何かとがった物でも口の中に入れたのかと、部屋を探してみたけど
血の付いたものも、とがった物も無い。

今日も仕事のパパにちょっと電話してみる。
口の中は唾液の殺菌作用で、ほっておいても平気って聞くし、様子をみよう。
ってことで意見が一致。
パパは、手(爪?)でやったんじゃない?と言ってた。そうかも?

とりあえずご飯あげてみたら、けろっと泣き止んでぺロッと食べちゃった。
ご飯食べ終わる頃には血も止まってたし、全然大丈夫だった~!

そうそう、懐中電灯でお口の中をマジマジと見ていたらね、
これから生えようとしている歯が3本も見えた(^_^)v 上の前歯と奥歯が2本。
離乳食卒業に1歩ずつ近づいているって事ね。早く私に楽させてねん。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ