おすすめエプロン 

自分で食べさせる時の、おすすめエプロンをちょっと紹介。

朝、ポタージュスープも自分で食べさせることになったわけだが、
流石にスープだと口に入る前に時々こぼれる。
ずっとくるんとエプロン イエローこのポケット付きエプロンを使ってて、今までは充分だったんだけど、
自分でスープなんかを食べるとなると、首周りがそうフィットしてない
&ポケットじゃない所にこぼれたりで洋服が汚ることもしばしば。

食事のたびに着替えてられないよ~。ということで、自分で食べる用エプロン購入!
吸盤付き お食事エプロン (イエロー)チュチュベビーの吸盤付き お食事エプロン
これだと完全防備!洋服は汚れないから広い気持ちで自分でやらせられる。

これが無かったら、私なんか、とても毎日自分でやらせる気にはなれなかったかも。
ってことでお勧め品。
しかもこれ、ボタンで袖が外せるから、冬は長袖、夏は半袖で使えるのもポイントだと思う。
昨今の育児用品の進歩に感謝!ママも少しでも楽しないとだよね。
スポンサーサイト

面白くなってきた 

ここのところ、はるちん又しても伸びの時期みたい。
きっかけはやっぱりハイハイかな。高速ハイハイマスターしてから、動きも活発になり、色んな反応が出てきた!

ってことで、成長記録メモ。

★ソファに登る&足から降りる降り方をマスター
つかまり立ちしてからちょっとして、ソファに登りだしたはるちん。
最初は降り方が分からなかったらしく、だいたいソファの下にある物を取ろうとして頭から落ちてた。
それじゃあ、危険!

ちょうど少し前に、幼馴染の一人が何かに登って降りる時、
ちゃんと足から(登る時と全く逆のプロセスで)降りているのを見た。
はるちんも教えれば出来るかな。と思い、登ってるのを見つけたら、
毎回足から降りる降り方をやらせてみた。
しばらく出来なかったのだけど、一度すごい落ち方をした後、身にしみたのか?!
それからはすっかり足から降りをマスターした。良かった、良かった。


★キャラものや、幼児番組に少し反応するように。
食後にプラスチックコップでお茶をあげているのだけど、3種類のコップにそれぞれ描かれているぷ~さん、ミッフィー、こぐまちゃんを指差しながら「あ~、あ~、あ~」と毎回お話ししている。

少し前にもらった、ミッキーのはるちんと同じくらいの大きさのぬいぐるみも、結構お気に入り。
なんだかニコニコしながら近づいて、つっついたりしている。
NHKの「いないいないばあ」と「お母さんといっしょ」も手をたたいたり、バンザイしながら横ノリしたり。興味ありげに見るように。特に「いないいないばあ」の方はず~~~っと見入ってマス。


★自分で刺して食べるを少しマスターと共に、スプーンも自分でやりたがる。
フォークで刺して食べる、が少し上達してきた。

輪切りのバナナは形も固さもやりやすいようで、これはすっかり自分で食べれるように。
一口サイズに切った煮野菜なども、上部が平らならだいぶできるけど少し形がいびつだと、
ナカナカ刺せない。でもこの調子でやっていけば思っていたより早く自分で食べれるかな?

で、フォークを少し使えるようになってきたことで、フォーク&スプーンが食べる道具だ
ということが分かってきたのか、時々自分ですくいたがるように。
まあ折角やる気があるのだから、朝ごはんのオートミールは自分でやらせてみることにした。
オートミールの適度な柔らかさは結構すくいやすいし、適度な粘りでスプーンからこぼれにくい。
というわけで、練習にはもってこい!

すくうのはまだまだ下手だけど、何度かやったら、その後口に持って行くまでは
スプーンを平行に保ったまま、意外と上手に食べている。

でも一度自分でやりだすと、全部自分でやりたいようで、
オートミールだけでなくポタージュスープも自分ですくわせないと、「キー!キー!」怒る。
というわけで、スープも一応はるちんにすくわせたり。昼や夜もご飯をすくわせたりしてみている。


★気のせいかも?のオシッコお知らせ
はるちんがトイレの前の玄関ホールで遊んでいる時に、時々トイレのドアを叩く事があった。
私はトイレでイタズラしたいのかな、位にしか思ってなかったのだが、ある時パパが「トイレしたいのかな?」と座らせてみると・・・オシッコを結構な量した。

その後、トイレのドアを叩くたびに座らせてみているのだが、毎回結構な量を出す。
少しの量なら、座ったからしただけか。と思うのだが、
毎回けっこうするのでもしかしてお知らせしてる?
あくまでトイレの近くで遊んでる時だけで、わざわざトイレの方に行って。事はないんだけど。
偶然か、お知らせなのか、ちょっと気になるのでした。


★私が座っていると、よじ登るようにつかまり立ちして、わざと倒れこんでくる。
はるちんがつい最近はじめた遊び。スリルが楽しいのかな?
肩の辺りを持ってのつかまり立ちから、抱きつくように倒れてきて、「キャハハハ!」と大笑い。
何度も何度も繰り返して、かなりカワイイ。(また親ばか)
色んな反応が面白くなってきているはるちんでした。

はるちんのお食事事情 

今日は、お食事ネタ2連発。

ハイハイしだしてから、全体の動きも活発になってきて運動量も増えたのか、
沢山食べるようになったはるちん。

普段のご飯は、白飯がこども茶碗に8分目、それにおかずに野菜。
うどんなら、野菜をたっぷり入れても半玉ペロリ。
クリスマスプレゼントで買った、こぐまちゃんのお弁当箱。6歳の甥っ子と同じ大きさらしいし。

それでも今のところ太ってないのは、あんまり油を使わないからかな?
まだ炒めただけの野菜だと、はるちんには少し固いから
だいたいなんでもゆでるか煮るかだもんね。
大人と一緒のものが食べれるようになったら、どうなるのかな~?

あと、今のところ嫌いな物は、豆類。
固形の豆が嫌いみたいで、枝豆・黒豆・普通の煮豆、全て一噛みして吐き出す!
離乳食中期位から生協の宅配で出てる“裏ごし枝豆”を食べてて、今でもそれは平気なんだけどね。
固形の豆の食感とか匂いが嫌いなのか?

まだピーマンなんかはあげてないし、固い野菜は食べれないからゴボウなんかもあげられないしで
食べれる野菜も決まってくるので、本当の好き嫌いが出てくるのはこれからなんだろうけど、
今のところ、あげてる野菜は嫌がらずに食べている。

好物は、オムライス。
外食した時にオムライスを取り分けたら、食べる食べる!
あんまり食べたので、家でも作ってみたら、やっぱり良く食べた!好きらしい。
ちなみに家で作る時は、オムライスに入れる野菜も下ゆでしてる。
噛んでみてちょっと固いと、ぺッて吐き出されちゃうからね。


それと、甘い物。
はるちんには3歳位まで、甘いお菓子やジュースを封印する事にしている。

はるちんの最初のPTの担当だった先生が、
ダウン症の子は小さい頃は太れなくて悩むけど、小学校低学年過ぎた辺りから、急に太りだす。
太ると動くのが億劫になる、動かないともっと太る。という悪循環に陥るから、
太り始めるまでに何か運動系の習い事とか始めておいたほうが良いよ。って言っていて。
水分取らせるのでも、今からジュースやイオン飲料の甘い物は極力あげないで、お茶か水を飲む習慣をつけるようにも、よく言われていた。

また別のところで、
味覚形成時(3歳位まで)に必要以上に甘い物を与えないのは大切だ、という情報も得ていた。
3歳位まで甘い物を控えると少しの甘さでも、甘いと感じるようになり、
結果甘い物を控えることができる。というもの。

この情報自体は、「虫歯を作らない」という観点からのものだったけど
これは「太らせない」という意味でもとっても大切だな~。と思い、
3歳過ぎまで甘いお菓子やジュースは一切封印することにした。

でも、糖分が足りないのも脳の発育に問題らしいので、
果物と、便秘対策も兼ねたプルーンエキスはあげている。

なのではるちんが食べた事のある、甘い物は、
バナナ・キウイ・いちご・プルーン入りヨーグルト・卵ボーロ。
卵ボーロは離乳食中期の頃に、歯茎で噛めるようになったか確認するためにあげていたもので、
今はこれもあげないようにした。おやつはだいたい、赤ちゃんせんべい。

甘い物封印、大変かな?思っていたけど、今までは難なくできた。
なんていうか、自分から欲しがるわけではないので、ただあげないで来ただけ。
気付けば2歳も目前。あと1年ちょっと位なら、どうにかできそうかな?

野菜スープ! 

いわゆる離乳食は卒業したはるちん。
でも1ヶ月くらい前まで、なんだか自分の中でマダマダ赤ちゃん食な気分で、
それほど野菜の量とかバランスとか気にしてなくて。

で、私もパパも“ひよこクラブ”の付録のカレンダーが好きで、カレンダー目当てに半年に1度購入するのだか、12月号ははるちんも大きくなったし“こっこクラブ”を買ってみた。
そしたらちょうど、朝ごはんをちゃんと食べよう。って特集があって。
見たら、はるちんと同じくらいの月齢だと、結構皆バランスよく野菜もたっぷり食べてる!

そうだよね、もう2歳目前だもんね。せっかく好き嫌いも無く沢山食べるんだから
はるちんのお食事にも、もっと野菜を取り入れなきゃダメだわ~。と気付いたわけです。

その記事に、野菜スープなら、スープに野菜の栄養分が溶け込んでいるので、
食欲の無い朝でもスープを飲めば具が食べられなくても栄養が取れる!
とやたら野菜スープを推していたので、まず朝ごはんに野菜スープを取り入れることに。

それまでの朝ごはんは、オートミールとバナナのみ。
自分でも、薄々これじゃあご飯って感じじゃないよな、とは思ってたんだけど、
朝から色々作るのも大変そうで、ついそのままできちゃってた。

でも、野菜スープ、やってみると意外と簡単!
野菜を切って鍋で煮るの自体、20分ほどで柔らかくできちゃうから
はるちんが起きてから野菜を切ったとしても、着替えや、オムツ替えをしている間に出来ちゃう。

最初はナス・たまねぎ・人参・トマトなどを角切りして入れてたのだけど、
日によっては途中から固形の野菜を嫌がったりもする。ので、ポタージュにしてみたら
これが、良く食べる!大人の私が食べても結構美味しいし、ポタージュお勧め!

薄くスライスしたジャガイモ・小さく切った玉ねぎ・細かく切ったホウレン草を15~20分煮て
最後にコンソメを少しいれ、スリコギかマッシャーでよく潰す。本来ポタージュ作る時は、漉すんだろうけど、少しは野菜の食感があってもいいかと思うので、あえて潰すのみ。
ジャガイモ潰すと自然なとろみが付くので、これがナカナカ美味い。
私は更に、生協の宅配の裏ごし枝豆か、裏ごしコーンか、裏ごしかぼちゃを入れる。
これだと4種類の野菜がさらっと食べれちゃうので、お勧め品。
もっと早く気付いてれば、後期くらいからあげられたのにな。とちょっと残念だったりして。

というわけで、お勧め野菜ポタージュのお話でした。

発達の速度 

早期療育は大事。っていうのは、ダウン症関連の本には必ず書いてある。

はるちんは生後4ヶ月頃から療育センターに行きはじめ、PTを受けてた。
それは、はるちんの生まれた病院の小児科の先生が、療育センターの事を教えてくれたから。
自分で熱望したわけでも調べたわけでもなく、流れではじめたPT。
それでも自分でも本等読んで、療育は大事だと思ってたから、
最初の頃はそれなりに家でも一生懸命体操もしてた。

それから何ヶ月かして、ふと訪れたはるちんと同じ月齢の子HP。その子はとても発達が良く。
でもその子が療育を始めたのは、はるちんよりずっと後だった。
それを見て、その頃は母乳育児で疲れてたし、疲れてる中、
頑張って体操するのがすっかりイヤになってしまった。

なんていうか、一生懸命やっても、結局生まれながらの発達の良さにはかなわないんじゃんって。

早くから療育を受けられる事はありがたいことだなぁ。って思ってたし、
療育ってものを否定までする気にもならなかったので、センターには週一頑張って通ったし。
体操も少しはしてたけど。でもやっぱり胸の奥にひっかかってた、
どんなに頑張っても、生まれながらの発達速度を劇的に変えることなんてできないんだって。


はるちんのお友達で、3歳を過ぎてやっと歩き出した子がいる。
最初から膝を使って、比較的綺麗に歩いていた。
バランスを崩してもちゃんと膝を曲げて手を付いていたり、階段も少しは登れるとのこと。
ママの話では、歩くのが遅かった分、1年間ハイハイをしていたと。

歩き出したのは遅かったかもしれないけど、良い発達だなぁ。と思った。

また、はるちんより何年か年上のとても発達の早い子で、
ママに話を聞いたら、歩き出しのは早かったけど、しばらく膝を使えないトコトコ歩きだったそう。
私はてっきりそのコは、良い発達をしてきたのだと思っていたのでビックリした。


それまでは、早い発達=良い発達。遅い発達=悪い発達。と考えていたんだと思う。
でも違うんだなあ。ってことに、気付かされた。

筋力の弱さから来るのか、何かと癖のある発達をしがちなダウン症児。
発達も必ずしも早ければ良い、ということではないんだなぁ。
発達にはその子その子のペースがあるし、そのペースの中で、その子の癖を修正するフォローをしつつやっていけばいいのかな。

ちょうど最近、はるちんのペースが分かってきた、というか。
とんとん!ってすぐに次のステップに行けるわけじゃないけど、それがはるちんのペースで
思い返してみればはるちんのペースなりに、順調に発達してきてるんじゃないかな~。と。

これもPTのフォローがあっての事なのかな。と感じるようになってきた。

性格的にも、バリバリ新しいことにチャレンジするタイプじゃない、
どころか、どちらかというとできないことはしなくていいの。タイプらしいけど、
でもハイハイも1ヶ月かかったとはいえ、訓練してできるようにはなった。
絶対イヤ!しない!って程の頑固者でもないらしい。
なんとなく、できそうならやってみようかな?ってタイプらしい。

なんて事も色々分かってきて、前みたいに、焦りが無くなったかな。
はるちんははるちんのペースで成長してるから大丈夫!という感じ。

<2006 ママの気持ち>

いたづらしちゃうよ? 

はるちん、最近私の顔を見ながら、いたづらしようとする。
ちょっと笑いながら、こちらを見てまるで「やっちゃうよ、やっちゃうよ~♪」と言ってるようだ(笑)

ここで「ダメ!」なんて大声で言ったら、はるちんの思うツボ。
私の反応を楽しんで、ドンドンいたづらしちゃうんだろうな。
ポーテージで、「ダメ!」って言う反応を楽しんじゃうから、
ダメなことをした時は無視するよう指導されてたので、ママは静かに見守る。

するとはるちん、途中で飽きるのか、いたづらを止める。
きっと静かに見てても、とりあえずいたづらしちゃう子はしちゃうんだろうけど、
PTの先生曰く、はるちん結構あきらめ早いタイプらしいので、諦めちゃうんだろうね~。
「ま、いいか。」って。

「ま、いいか。」なはるちんを見てると、
「ダメ!」って言って、喜ぶ様子を見たいような気もしちゃうけど・・・
そんなことしたら、こちらを見ながらの過剰ないたづらが始まるに違いないのでガマン我満!

「いたづらしちゃうよ?」のにんまり笑顔、見てるとこっちもニヤっとしちゃうのよね。
なんて言ってられるのも、つかまり立ち止まりの今のうちなんだろうな。

ストロー解禁! 

今まで、はるちんが水分を取るときはコップかマグのスパウトを使っていた。

コップが使える前にストローを使うと、コップ飲みの時に舌が出てきてこぼれてしまう。
と先輩ママから聞いていたので、ストローは封印!していたわけです。

2ヶ月くらい前からコップのみはだいぶ上手になってきてたので、
ストロー初めてもいいかな?という気はしていたんだけど
ストローで“吸う”という行為を教えるのって難しそうだな。と思って踏み切れず。
“吸う”ってやって見せても分かりにくし、伝えようが無いかなと。

なにぶん、性格が短気なもんで、できないことをずっと辛抱強く教えるってのを避けがち。
今までも、やってみて全然できなそうなものは、一旦やめて頃合を見てやってみて
できそうだったら練習を続ける。って感じでやってきてるのだなぁ。

で、ちょっと前から、はるちんがスパウトで牛乳を飲む時に、
結構勢い良くチュウチュウ吸っているのに気がついた。
お、これはストローいけるんじゃない?ってことで、はるちんついにストロー解禁!してみることに。

ちなみにはるちんが使ってるのはコンビのマグコンビのマグ
ストローパーツを買ってきて、いざ、ストローに挑戦~!
おやつの牛乳で。はるちん牛乳大好きだからね。好きな物の方が一生懸命飲もうとするかな、と。

まず、はるちんの前にストローマグを持っていくと、いつものスパウトと違うので、少し戸惑う。
でも牛乳大好きなので、飲みたいらしく、とりあえず口でくわえる。
やっぱり吸うことが分からないらしく、しばら~くストローを噛み噛み。
マグを傾けるとストローを伝わって牛乳が口の中に入ったよう。
と、途端に夢中で吸い出した!お~~、飲んでる!飲んでる!

しかし、勢い良く吸いすぎちゃうみたいで、むせたり、飲みながら牛乳がこぼれてたり。
その後も、一度口を放すと最初の一吸いが分からないらしく、ストローを噛み噛み。
マグを傾けて牛乳が口に入ると、吸って飲む。を繰り返しながら飲みました。
1回だけ最初の一吸いもできてたかな。初めての挑戦にしては良くできた~!

今日はストロー3回目の挑戦だったけど、ちゃんと自分で最初から吸えるようになった。
でもね、むせるまではなくなったけど、やっぱり口から牛乳を少しこぼしなら飲んでる。
お口が緩いのかしら!?練習すればうまく飲めるようになるかな~。

ちなみにはるちん、マグの取手を両手で持ちながら飲めるようにもなってきた。
でもね、口から放すと、マグも手から放す・・・というか投げる!
投げ捨てられて倒れると中身もこぼれるし、これが結構困りものなのよね。
なので、手で持って飲んではいるけど、投げないように私もマグに手を添えてるので
マダマダ、自分一人で飲む。ってのはできないのでした。

いやあ、「必殺!後ろ投げ」には、いろんな場面で悩まされますなぁ。

リトミック♪ 

今日は2つとなりの駅でやっている、リトミックにはるちんの幼馴染2人と行ってきた。
(ママ友s&ベイビーズ改め、"幼馴染"に。みんなもうベイビーズじゃないからね。)

リトミックって音楽系だし、体も動かすし、右脳にもいい。って聞いて。
楽しくできて良いトコだらけで、やってみたいな。と思ってたのです。
まだまだハイハイのはるちんだけど、最近活発になってきたし体験に行ってみることに。

初めての場所なので、はるちん緊張しちゃうかと思ったけど
会場についてスグ、私がトイレで傍を離れても泣く事も無く。
置いてあったタンバリンをニッコニコで叩いていた。

お友達が鉄琴たたいているのを見て、はるちんも鉄琴が気に入ったよう。
お友達とバチを奪い合いながらたたいてた。
鉄琴なんか鳴らせるようになってたんだ。ビックリ!

ここは未就園児対象で、クラスは平成15年生まれと16年生まれの2つに分かれてるよう。
ダウン症で早生まれのはるちんでも、平成16年生まれのお友達と一緒なら、そんなに辛くないかな。
先生にもダウン症のこと・発達が遅くて後半年は歩かない事を伝えたら
「その子その子で出来る事をやる感じなので大丈夫ですよ~」とのことだった。

障害の事を話す時って、相手が狼狽するかな~。と思いつつ話すんだけど
ここの先生はフツーな反応で、障害がある子が来たこともあるのかな。
やっている間も、大袈裟に構われたりすることも無くて、気楽に参加できた。

そんでもって、当のはるちんもとっても楽しそうだった♪
リトミックって初めて参加したけど、
ここはピアノの伴奏に合わせて先生と歌いつつ、こども達は自由に好きな楽器を演奏。
1曲終わると先生の「楽器を置いてくださ~い」の声と共に楽器を手から放し
ママがこどもを抱き上げて、「ばんざ~い、ばんざ~い!」をする。

楽器から手を放す時、ママが「楽器を置いてね」と言い直さないよう指導を受ける。
毎回言い直してると、ママ以外の人が言う事を聞かない子になっちゃうから。ってことだった。
演奏やお遊びの時はこどもの自由にするけど、勝手に走り回ったりしないようにとか、
メリハリを付けて躾もしてくれるところも気に入った!

その後はピアノの伴奏と先生の歌に合わせて、机とイスで作った坂道を登ったり滑り降りたり。
はるちん、少し助けてあげたら、ハイハイで坂を上っていた。色々できるようになったね♪
はるちん、終始楽しんでリトミックは終了!また来よう。

リトミックの後は、みんなでカフェでランチ。
その後おともだちのお家で遊ばせて貰って、楽しく過ごした。
はるちんは家に変えてからも、かなりハイテンション!
楽しい1日でよかったね。

フォークでギュ!んでもって「自分で!」 

少し前から、フォークで食べ物を刺す練習をはじめたはるちん。
食べる時毎回だと(私が)大変だし、食後にバナナやキウイをあげるときだけ練習している。

はじめた頃にちょうど、ちゃるさんからアドバイスを貰ったので
それに習って、はるちんが刺す時「ギュッ!」って言うようにしてた。
その「ギュッ!」がね、はるちんのツボにはまったらしい!

フルーツを入れたお皿をはるちんの前に置いて「ギュッ♪ギュッ♪ギュギュギュ~ッ♪」と歌うと
ププッ と噴出し笑い!とっても嬉しそうにフォークで果物をギュッと刺す。
手の角度なんかはとっても良いカンジなんだけど、マダマダへたくそで、
刺す時に果物外しちゃったりするのよね~(笑)

でも「ギュッ!」のおかげで、はるちんはニッコニコで一生懸命に刺そうとするのでした。
これがなかったら、“まじめに練習”って感じになってた気がするけど、
親子ともども楽しんでトライできてます。ちゃるさんに感謝、感謝~♪

少しの工夫で、こんなに楽しく練習できるんだ~。
というのは、私にとって画期的な経験になった。
やっぱり何事においても、はるちん自身が楽しむっていうのが上達への早道だよね。
これから生活面の色々な練習をする場面が増えてくるだろうけど、
楽しくできる工夫ができるといいな。

話戻って、最初の頃は刺して食べたら、フォークをポイっと後ろ投げしてたはるちんだけど、
最近は自分で刺す時はフォークを握って離さない。
うまく出来ないから、介助してあげようとすると「あ゛~!」と怒るくらい。
「自分でやりたいの!」って意志が出てきたよう。
・・・これってすごい進歩!すごく嬉しい私でした。

今年も明けました。 

いやあ、2006年に突入です。
今年もよろしくお願いします。

1月に入ってからも去年の日記を書いてた有様ですが、
何とか12月分の書きたい記事を書き終えて、新年のご挨拶。

今年は色々忙しそうで、より一層更新がままならなそうだけど、
恒例のさかのぼり書き&まとめ書きで何とか書いていきます。

最近のはるちんは、つかまり立ちも頻繁になり、ソファに登れるようになってたり。
ハイハイしだしてから、前にもまして活発になってきた感じ。

感情表現っていうのかな?も豊かになって、
なんか笑顔も変わったというか。ケタケタ元気に笑って、親としてはなんともカワイイ!
嬉しい時はヨツバイの姿勢から、こちらに飛びついてきたりして、それもやっぱりカワイイ!
というわけで、新年早々の親バカ披露でした。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ