スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族でお花見 

今日は家族でお花見に!
隣町の大きな公園へ、お弁当持って行ってきた♪

いつもは買ってばっかりだけど、今日は私の手作り弁当。
本日のメニューは、おにぎり・コロッケ・玉子焼き・いんげんの胡麻和え・もやしのサラダ。
はるちんも、おにぎり・玉子焼き・コロッケの具のみを食べました。
20060331.jpg
いっぱい食べたよ~。

今年の桜は気付いたら、一気に咲いてた!って感じで、
お花見の計画も立ててなかったんだけど、去年に引き続き家族でお花見できて良かったな。

しかし、最近活発なはるちんは、自分のご飯を食べ終わると
ハイハイで動き回ったり、ベビーカーに掴り立ちしたり、かばんの中身を出しまくったり。
去年とは違って、パパもママもちょっと焦りながらお弁当を食べた。

来年は、下の子も居るし、とてもゆっくりお弁当を食べるなんてできないかな、
ご飯を食べてから来るのかなぁ。なんてパパと話したのでした。

ちょこっと涼しい日だったので、お昼を食べてちょっと散策して、早めに退散。
でも、家族みんなで楽しいお花見でした。

スポンサーサイト

フレンチ・ランチ 

今日は、幼馴染s4組で、みんなの2歳の誕生日を祝うランチ会♪
子連れなので、ネットで調べて、個室ありのフレンチレストランを予約
港の見える丘公園のお隣にある、ヒルサイドガーデン・オートルモンド

ここが当たりだった!行くまでに結構階段があるのだけが難点なんだけど、
レストランが1階で個室が2階と完全に分かれてるので、こども達が多少騒いでも全然大丈夫。
部屋の雰囲気も明るくてナカナカ良かったし、
サーブしてくれる人が、多分子供のいる人なのかな、こどもに慣れてる感じでニコニコ。

コースもフレンチにしてはお手頃価格だったので、予想では量もそんな多くなくて、
フツーに食べればサクッと小時間くらいで終わっちゃうかと思っていたら、
前菜からまあまあのボリューム。
次の食事の出てくるまでの時間がゆったりしてるんだけど、遅すぎず。
メインも結構なボリュームだったけど20060329_4.jpg
ゆったり出てくるのでデザートまで完食!20060329.jpg
こどもに取り分けても、満腹の量だった。ああ、大満足。
はるちんも、前菜の地鶏の料理と、カリフラワーのスープを「くれくれ!」と催促する程お気に召したようだった。

いやあ、美味しかったし、雰囲気もサーブも良かったし、高級過ぎないし、良かったわ。
ゆったりした気分でたっぷり3時間のランチタイムでした。

ランチの後は、今まさに満開の桜を見ようと元町公園へ。
山手聖公会の教会の前で。20060329_3.jpg

この辺りは久しぶりに来たけど、いやあ、たまに来ると横浜って良いね~。なんて思うわ(笑)
最近、市が古くからの洋館の整備に力入れてて、この辺りは中には入れる所が沢山。
古い建物って、なんか落ち着くよね。はるちんが産まれる前は結構見に行ったりもしたなぁ。
右側の建物は有名なえのき亭という喫茶店→20060329_2.jpg

帰りには少し元町を見て、ランチと港・横浜を満喫した1日でした。

別れの季節、part2! 

今日はPT。
一時期腰を引いて足を突っ張る、良くない立ち方の姿勢が強く出て、週1になってたけど、
落ち着いてきたので、今日は2週間ぶりのPTでした。

最近、家でもちょっとイスとかに掴って、かなりいい姿勢でフツーな感じに立っている。
伝い歩きはナカナカ出ないけど、たまに2・3歩出る時はちょっと膝を使ってたり。
先生もはるちんが遊んでいるときの動きを見て、だいぶいい動きが出てきたね。とのこと。

でも、前にもいい動きになってきたかと思っていたら、腰を引いての立ち方が強くなったりしたので、はるちんはそういうとこあるから気を抜かないで気をつけてみててね~。ってことでした。
はは。でもまあ、いい動きが出て来て良かったね。

で、今日は3月最後の診察な訳ですが・・・
なんと、先生、4月から別のセンターに異動になるとのこと!
今の先生は去年の4月にココに移動してきたから、もうはるちんのPTが終わるまでは変わらないだろうと、勝手に思ってたのもあり、突然の報告にかな~~~~りビックリ!

この先生、はるちんの今の状態を説明してくれる時とか、話し方が解りやすくて上手だったし、
いつもきめ細やかに見てくれてたし、悪い動きが出てきたら、忙しいスケジュールでも
週1一生懸命見てくれたり。とっても良かったんだよなぁ。

その前の先生は、お話しするのがとっても楽しくて、
いつも育児のアドバイスしてくれたり、色々雑談するのが楽しく、
まだまだお外に出る機会も少なく、不安でいっぱいだった低月齢の頃に、先生と話をするのを楽しみにPTに来てたんだけど、訓練という意味では、結構大雑把な先生だったりして。

まだ2人の先生しか知らないけど、今の先生はなんとなく、普通より丁寧なきがするから、
次の先生が例え普通でも、一度この丁寧さを知ってしまったから、物足りなく感じちゃいそう。

はるちんが歩くまで、今の先生に見てもらいたかったよ~。ああ、残念!!残念!!

しかし、ビックリしすぎて、先生にろくに挨拶もできずに帰って来てしまったのも、また残念↓

お砂場デビュー 

今日は幼馴染の2人と久しぶりにリトミックへ。
天気が悪かったり、用事が重なったりで1ヶ月ぶりくらい。
はるちんは相変わらずノリノリ。今日はトライアングルも結構上手に鳴らしてたなぁ。
モチロン、私が持って、はるちんは棒で鳴らすだけだけど。

今日はお天気が良く結構暖かかったので、お昼を買って公園で食べる事に。
はるちん、公園の遊具で遊ぶのは久しぶり。冬の間はママがだいぶサボって来てなかった。
今日行った公園、前も来たことがあったのだけど、その頃1歳2ヶ月だったはるちんと、
今日のはるちんではだいぶ反応が違った!

まず滑り台。1回やってみたら、ニッコニコ!滑り終わって抱っこすると「あ~!」と身を乗り出し、もう一回!って催促。
お友達のママにも「はるちゃんスゴイ楽しそう~!」って言われるほど。
ココの滑り台は、傾斜が浅くてローラーが付いてて体重の軽い幼児は漕がないと進まない感じ。はるちんは自分で漕げないから私が腰の辺りを押す。
なので、滑らせて抱っこして上まで運んで滑らせて・・・の繰り返し!身重の私は疲れたよ~。

ここは木で作られた小さなアスレチックのような遊具がメイン。
木のデッキのようになってて、全体的に低く作られていて、小さな子供で遊べるようになってる。
同じ月齢の幼馴染たちは、自分で階段を登って、滑り台も自分で漕いで滑ったりできるかんじ。

はるちんを木のデッキでハイハイさせてみたら、手すりに掴って掴り立ちしたり。
前回来た時はズリバイメインだったから、ずっとお座りしてるだけだったけど、
今日は楽しそうにハイハイしたり掴り立ちしたりゴキゲンでした。

で、幼馴染たちが砂場で遊びだしたので、意を決してはるちんもお砂場デビューさせることに!
何が「意を決して」かというと、お砂場では、よく砂を食べる。って話を聞くので
はるちんいかにも食べちゃいそうだなぁ。と今まで遊ばせるのを躊躇していたわけです。

でも滑り台も私が疲れたし(汗)、ついにお砂場デビュー!
最初はこんな感じで地味に砂をいじる。
20060327_2.jpg
と、砂を手に持ってばら撒きながら、イエイ・イエイ!
20060327.jpg
しばらくこんな感じだったけど、ふと手に持った石を口に入れた!
スグ止めたけどそこから砂食べがはじまり、止まらないので退場とあいなりました。
でもここでも結構楽しそうだったなぁ。
オムツ替えをしたら、お尻から砂が出てきてビックリだったけど!

ひとしきり遊んで、今日は解散!暖かくなってきたし、また公園で遊ぼう♪

別れの季節・・・ 

前回の日記の通り、5月から療育センターで月2回のグループ保育が始まる。
6月には2人目の子供が産まれ、今より当然忙しくなる。
どう考えても、ひよこ教室・リトラビorベビー体操の会・グループ保育をこなすのはキツイ。

色々考えて、リトラビとベビー体操の会を辞めることにした。

ベビー体操の会は先週の木曜日に行って、辞める事を伝えた。
自分で決めたことだけど、その日も会で周りのママさん達と楽しくオシャベリして
あ~、辞めるのとっても寂しいなぁ。と思ってしまった。

行きはじめた最初の頃は、「楽しいばかりじゃないけれど」に書いたような気持ちの葛藤もあったけど、その後スグに周りのママさん達もそして私自身も身構える気持ちが無くなって、
参加するときはいつも楽しくみんなとオシャベリして、はるちんも楽しそうに過ごしていた。

ココに通っていたから近所のお知り合いが増えて、公園や道やスーパーで偶然会って立ち話したり。
そんなフツーのことが嬉しかったり楽しかったりした。
でも、これからも立ち話したり、時には遊んだりできるしね。

辞めると決めて、スッゴク寂しい自分が居て、
なんていうか、ココに参加したことにはすごく意味があったなぁ。と実感したのでした。


そして、リトラビは今日が3月最後の活動で、お別れ会。
辞めると決めたのも、ほんの5日前。自分自身でも本当に15日の診察があるまで
来年度も参加するつもりだったので、なんだか落ち着かないというか。
センターのグループ保育も5月からなので、4月いっぱいは参加することにさせてもらった。

リトラビは卒業すると、平日会員とは別の会員になることもできて、
2ヶ月に1度位、平日会員の人との交流会もあり、またみんなと会える。
この制度は今年度の役員さんたちが作ってくれたんだけど、作ってくれた事に感謝だなぁ。

リトラビも、はるちんがマダマダ小さくて、自分自身も親としてマダマダ不安でいっぱいだった時、ここで他のママさん達と話すことで、すごく癒されたというか救われたというか。
ホント、心のオアシス!って思っていたので、これからも繋がっていられるのはとっても嬉しい。

それにしても15日の診察のお話で、急にお別れが増えてしまった。
なんだか自分でもビックリ・・・
グループ保育がある。という事自体は、良い事なんだけどね。

療育センターの定期健診。 

今日は療育センターの主治医の、3ヶ月に1度の健診の日。

実は3月の1週目が診察の日だったんだけど、はるちんの風邪でお休みした。
キャンセルの連絡をしたら、4月からのお話があるので、3月中にどうしても診察したい。
ということで、看護婦さんが3月中に頑張ってセッティングしてくれた。

4月からの話ってなんだろう?PTの先生は去年移動で変わったばかりだし(移動は大体3年に1度という話)4月から変わることって、特に無いはずなのに?とちょっと不思議だったりして。
でも、今診てもらっている先生は、ダウン症の子が初診で必ず診てもらう、
結構ベテランの先生なので途中で違う先生に変わる人も多い。と前に聞いた事があったので、
もしや先生が変わる?なんて思っていた。

で、蓋を開けてみれば・・・はるちん、来年度からグループ療育に通う事になりました。
PTも2週に1度、月2回になるので、代わりに月2回程グループでの保育をしよう。とのこと。
そろそろ歩行を獲得しそうな子を集めたグループで、人数は5人程度。10時か12時の2時間程。
たまにOTの先生なんかも参加するとのことだった。

ほっほ~。ここのセンターではOTは歩行を獲得してから。と決まっているので、
グループでも時々でもOTの先生が来るってのは嬉しいなぁ。

しかし、ココに通ってる年上のダウン症の子で、グループ療育に通った
という話は聞いた事が無かったし、スタートも今から準備して5月くらいになる。
ってことだったので、もしかして初めての試みなのかしら?
はるちんがナカナカやる気を出さないタイプだから、集団で刺激を受けるかどうか、
ってことで選ばれたんだったりして!?
どんな子達のグループなのか、春からの新しい出会いがちょっと楽しみだな。


んでもって、今日の診察。

右足からしか立ち上がらない事を伝えた上で、はるちんがつかまり立ちする様子を見る先生。
先生が右足を押さえて、左足から立ち上がらせようとすると、キーキー!言って怒るはるちん。
先生が足を触ったところ、左足からも立ち上がれる筋力あるので
「自分で右足からって決めちゃっているのね。」とのこと。
それにしても、結構な怒りっぷりなのよね。変なトコ頑固なはるちん(汗)

やっぱり右足ばかり使っているから、少し左の方が筋力が落ちるそう。柔らかいって。
あとは、左足だけ外反が少し出てると。右は少し膝を曲げて立ったりできるけど
左は結構突っ張っている事が多いので、内側に体重がかかり、外反気味だそう。

結論としては、「あんまり無理に歩かせない方がいいね。ハイハイで膝を使うのと、高バイで左足も正しい蹴りをたくさん練習してから歩けば、外反も治ってくると思うよ」ということでした。
あんよがゆっくりの方が良いっていうのは、やっぱりPTの先生と同じだね。

しかし、高バイも良いんだね~。
ハイハイしだした頃から高バイの姿勢はたまに取るし、少し前から2・3歩やってはいるんだけど
ハイハイも2・3歩の所からが全然進まなかったんだよね。
今、ハイハイでかなり満足してるから、高バイに移行するか怪しいなぁ。
ハイハイの時みたいに、1ヶ月間の特訓も、ベビーが生まれるとナカナカできないぞ。
どーなることやら!

あとは最近の成長の様子を質問される。お食事の様子、言葉の出具合など。
で、絵本は好き?なんて質問になり、好きです。なんて話してたら、
「絵本の読み聞かせは、とてもいいみたいだから続けると良いわよ~。
 今、岩本綾さんの親御さんの書いた本を読んでいるんだけど、読み聞かせは良かったって。
 何冊か本を出しているみたいね~。」 と、先生。

*岩本綾さんは、4年生大学を卒業されたダウン症者の女性。英語・フランス語等堪能で翻訳もしている。 「夢紡ぐ綾」で検索すると、ご本人が作られているHPが出てきます。

直接的に「読んでみれば?」とは言わなかったけど、読むと良いわよ!と推している感じ(笑)
本を出している事は知っていたんだけど、何となくスゴイ療育ママだったのかな。
と勝手にイメージしていて読む気にはならなかったんだけど、そうとは限らないもんな。
自分に合わない感じだったとしても、人の経験は読む価値あるよね。今度買ってみようかな。

いやあ、しかし、ひよこ教室・リトルラビッツ・センターのグループ保育。
春からますます忙しくなりそうだなぁ。正直、厳しい。
幼馴染たちとも遊びたいし。リトミックまでは通えないだろうなぁ。

ひよこの卒園式 

今日はひよこ教室の卒園式。
卒園といっても、はるちんは見送る側。

今年は6人のひよこちゃんが卒園。一気に6人もいなくなるのはと~っても寂しい。
今回は、4月から年少さんになるひよこちゃんが3人も幼稚園に上がる。だから卒園する子が例年よりも多いのだ。
ダウン症児の幼稚園受け入れは大抵年中から。って風潮が強い中、
ほとんどの子が幼稚園に入るというのは、良い事だよね。なので寂しくなるのも仕方ないか・・・。

はるちんも去年の4月の新学期からひよこ教室に通い始めて、もう1年になるんだね。
あっという間の1年だったなぁ。

最初は何にもわかってなかったはるちんも、段々周りの状況がわかるようになり、
途中からは母子分離も難しくなったり、ずっと緊張して固まってたけど
今年の1月くらいから、ママがいなくても楽しそうにお教室で過ごせるようになってきた。

うちは1人目だし、ナカナカ預けられる所も無いので、どこへ行くにもママとはるちんは一緒。
サークルや通園って、親子一緒にっていうのばかりだし、
ひよこが無かったら、幼稚園ではじめての母子分離。
きっと大変だったろうと思うので、ココの存在はホントにありがたいと思う。

それに週に1回の頻度で、はるちんより少し大きい子達の成長が見れるのも良かった。
おお、こんな事ができるんだ、あんな事ができるんだ!って分かったり。
発達の速度がゆっくりでも、みんな確実に歩行を獲得していく姿をリアルで見れた。
ココに通っていたから、自分の中でこういうことにも気付けたんだと思う。


今日は、ダウン症者の親御さんでもある先生お二人から、こんなお話もあった。

★言葉が出ない子でも、理解力があれば社会では通用する。
一見オシャベリが上手でも、調子よく喋っているだけでは、ダメ。
相手の言っていることを理解し、今自分がどうすべきかが解っていなければ
社会では通用しない。

★障害の重い・軽い、より親の姿勢が、その子の生活態度に大きく表れる。
障害があるから、自由にさせてしまっていいや。という姿勢の親の子は、やはり落ち着きが無い。
どんなに障害が重くても、ちゃんと躾ている親の子は、落ち着いている。
18歳になってから、落ち着かせようと躾をしようとしても、18年の倍の時間が掛かる。
2歳、3歳の今から、今からやることが大事。その積み重ねが大人になって生きてくる。

最初のお話は、結構私の中では「目から鱗」なお話だった。
最近はるちんに言葉が出るのか・出ないのか。がとっても気になっている私。
やっぱり親としては、話して欲しい。
私の場合、社会で生活していくために。というよりは、自分がはるちんと会話したいから。
という思いの方が強かったりもするのだが。

「調子よく喋っているだけでは、ダメ。」・・・う~ん、なる程。という感じ。
この話を聞いてて、なんとなく、“話してナンボ”って思っていた自分がいたのかな。
って気付かされた。育児はマダマダ奥が深い。

まあでもやっぱり、はるちんと会話したい。という思いに変わりは無いんだけどね。

4月からは気持ちも新たに新学期。
はるちんもまた、次の1年ココで色んなことを吸収して成長するんだろうな~♪

<2006 ママの気持ち>

2歳!&ラブジャンクス ライブ 

今日ではるちんは2歳!
この1年はなんだかホントあっという間だったなぁ。
いっぱい遊んで取っても楽しい1年間だったね。
今年ははるちんもお姉ちゃんになる。どんな成長を見せてくれるか、楽しみ。

というわけで、お昼間、ママとパパとはるちんと3人でケーキでお祝いしました♪20060312_3.jpg
近所のケーキ屋さんのオリジナル。ファーストシューズの飾りの付いたミニホールケーキ
直径9cmのピンクでブリブリでとってもかわいいケーキに、ママが大満足!
はるちんはまだ甘い物解禁してないので、パパとママと2人で食べました。はは。
20060312_1.jpg
ろうそくの火を目の前に、とってもゴキゲンなはるちん。
ケーキの隣の包みは誕生日プレゼント。
パパとママからの2歳のお誕生日プレゼントは、前にもブログで触れたペグボードでした。
出してあげたら、やっぱり食い付いて遊んでた。よかった、良かった!


そして、お祝いも早々に、今日は車で東京は中野までおでかけです。
そう、今日はラブジャンクスのライブ!
ラブジャンクスは、
「ダウン症児者にエンターテイメントを通して自己実現と自己表現の場を提供し、
 自立支援 をしていく事、そして一般の方々へのダウン症に対する認知度を広め、
 理解を深めていくことを大きな目標としています。」  (ラブジャンクスHPから引用)
というダウン症児・者のためのダンススクール!

はるちんより1歳年上のおともだちのママから「見ると感動するよ~」とお誘いを受け、
他のお友達も誘って、見に行くことに。

スタートから熱気ムンムン!
はるちんも最初は会場の雰囲気に圧倒されたのか、ちょっとグズグズしてたけど
音楽が鳴り、ライブが始まると、お手手叩いて体ノリノリ。大音量もへっちゃらでした。

ライブ、とっても良かった~!
年上の子のクラスの青年達は筋肉ムキムキ。踊りもすっごい上手。
でもね、その他のクラスの子達も、みんな本当に力いっぱい踊ってる。
技術的にできてる・できてない。なんて全然気にせず、体を精一杯使ってガンガン踊る。

それにみんなすごいエンターティナーなの。
おどけっぷりにも躊躇が無いし、表現する事が大好きなんだね~。

なんか今日は、みんなの人としての圧倒的なパワーを感じて、とっても嬉しかった。
この子達の新たな一面を見たようで。
・・・私の知らないこの子達のすごいトコ。マダマダあるんだろうな~!

20060312_2.jpg
はるちんも楽しかったよ~。

公園へ♪ 

はるちんの鼻タレもどうやら回復。

昨日、天気予報を見たら、最高気温18℃のお散歩日和だったので、
今日は幼馴染の一人を誘って、車で隣町の大きな公園へ。
せっかくのポカポカ陽気なので、お昼を持ってピクニックする事に。
ここの公園、大きな芝生の広場があって、木もたくさん生えてて、とっても良いのだ。

公園に着くと、偶然ベビー体操の会で一緒のママさんに遭遇。
やっぱりお友達とピクニックしにやってきたそう。
芝生の広場についてみたら、他にもベビーカーのママ達が何組かいた。
みんな考える事は一緒なのね!

芝生が大好きなはるちん。お砂場着を着せて開放してみると、芝の上を元気にハイハイ。
でも冬で、芝が薄くて土が結構見えていたので、思ったよりハシャイでなかったかな。
それでも高速ハイハイしたり、写真のようにリラックスしたりしてました。
20060308.jpg
おともだちはニッコニコで走り回ったり、通りかかった犬を追いかけたり。
ママはその後を付いて回って、大忙し!

いやしかし、普段は妊娠して体が重い。なんてあまり感じてなかったけど、
今日はハイハイするはるちんを追いかけてても、すぐ座りたくなっちゃったり。
おともだちが少し離れた所で、しばらく遊んでいたので、はるちんを連れて行こうかと思ったけど、
体が重くて止めちゃったり。今日は重さを感じたなぁ。

はるちんと一緒に色々お出かけしてても、腹も張らないし安定してるな。なんて思ってたけど、
それもはるちんが大人しいからなのね~。と分かった気がした今日でした。

ん~、でもホント、ポカポカ陽気ではるちんも私も、お友達もみんな公園を満喫!
とっても楽しい午後のひと時でした。

コアラ卒業 

今日は療育センターの親子交流会、コアラの日。はるちんは今日で最後のコアラでした。

今日が最後ということで、はるちんに手作りのアンパンマンが付いた首飾りを授与されました。
はるちんは、そのアンパンを片手で持ち、片手で指差し、しきりとオシャベリ。
さいきんちょっと、アンパンマンが気に入ってるらしいのでした。

生後7ヶ月のころから1年半ばかり通ったコアラ。
ここにはじめて参加した日に、色々な障害を持った子達のママさんと話して、
はるちんなんて今の所発達が遅いだけで、私自身が大変な事なんてそんなに無いんだよな。
なんて事に気付き、何となく不安から開放されるきっかけをくれた場所だった。

その後、ここで知り合ったママさんに誘われてリトラビにも入ったし。
この場が無ければ、私の心のオアシス・リトラビにも参加してなかったんだろうしね。
後半は妊娠したりで、ほとんど参加できなかったコアラだけど、貴重な場所だったなぁ。と思う。

母子通園などに通っていれば、また違うのだろうけど、
PTとか通ってるだけだと、ナカナカ他のママさん達と話す、って所までは行かないもんね。
会を運営してくれている、センターの看護婦さんに感謝!

ゆっくり過ごす日&最近のはるちん 

はるちん、月曜日から鼻タレです。

月・火辺りは、昼間は比較的元気だけど、夕方になると咳が続いたりして機嫌が悪くなってた。
いつもゴキゲンなので、ちょっとことでキレてるはるちんは、ちょっと新鮮でもあったけど(笑)
しかし、夜になると詰まった鼻がのどに行って、げろ寸前!という感じの咳き込みようだった。
ずっとじゃなくて、夜中2回くらいピークが来るかな。というかんじなんだけどね。

最近、冬にもかかわらず風邪もひかず元気なのをいい事に、予定を入れすぎてしまったなぁ。
と反省中。はるちん、きっと疲れちゃったんだよね。

なんだか最近、私自身が元気なんだよなぁ。
母乳あげてたころは、栄養をはるちんに吸い取られてたのか、結構ヨレヨレだったし。
妊娠初期はとにかく眠い・ダルイなんて感じで、私が持たないから、予定が混んでる時は無理せずサークルを一つお休みしてみたりしてたんだけど。

ここに来て自分が元気なのと、下の子を産んだらしばらく動けなくなる。と思うと、
サークルもなるべく出たい、リトミックもさせたい、とつい色々動いてしまっていた私でした。
(あ、リトミック。ブログでは触れてなかったけど、月2回くらいのペースで行っている。)

ん~、でもはるちんが体調崩したら元も子もないもんね。今迄のように無理せずやっていこう。

というわけで、ここのところは一日家でゆっくり待ったり過ごしてます。
昨日辺りから、鼻はタレてるけどゴキゲンはるちんに戻ってきたし。完全復活までもう少し。
でも丈夫になったよね。去年だったら熱が出てたと思うもん。ちょっと嬉しいな。

というわけで、まったりついでに最近のはるちんの様子なんか書いてみたり。


★指差ししながらのお話がはるちんのマイブーム。
「あった!」だけでなく、何かと指差ししながらこちらに訴えかけてくる。
ぷーさんのぬいぐるみを指差しておしゃべり、雑誌の子供の写真を指差しながらおしゃべり、などなど。
今までもかなり声は出てたんだけど、なんとなく「あ~あ~、ばうばう」言ってます。ってかんじだったのが、最近は何か言いたいことが有りそうに訴えてくる。


★スプーンですくうのも結構上達。
オートミール、少し水をかけたご飯など、すくいやすい物は自分ですくって食べれるように。
でも最近、「今は自分でやりたくないの!」とか「これは自分でやりたくないの!」っていうのがあるみたいで、時によって器を突っ返してきて私にやってくれって言う。
まあ、そんな時もあるのかな。ってことでそういう時はすくって渡してあげると食べます。
 
あと、器に残った量が少なくなると、器とスプーンを私に渡して、「さらって」とでも言ってるよう。
バナナやキウイなんかもほとんど自分で刺して食べるんだけど、最後に刺しにくい形のを残し
やっぱりお皿とフォークを持って私に渡して、「やって」と言わんばかり。
そんなお知恵が働くようになったのね。と、ちょっと面白い。


★食べ方にこだわりが出てきた
今までは渡されるがまま、差し出されるまま食べていたご飯。
数種類のおかずがあったりすると、これはもういい!と器を突っ返したり、次はそれ!って感じで違うおかずを指差したり。どうも1種類2口ずつ位で順番に食べたいらしい。
味わって食べてるってことかしら~?


★トイレのそば限定、おしっこ&うんちのお知らせ。幻では無さそう。
トイレの傍にいるとき限定だけど、トイレのドアをトントン!っと叩いてのお知らせ。
どうやら私の気のせいでは無さそう。

一度、遊んでいたはるちんが急に大急ぎでトイレに向かい、ドアを叩くのでオムツを空けてみたら、温かくて出たてのホヤホヤって感じだった。
ワザワザ遠くからトイレまで行ったのはこの時だけだけど、
やっぱりトイレの近くで遊んでいる時はおしらせしてるみたい。一度はう○ちが出た事もあった。

トイレは出す所。というのは分かっているんだろうな~。
普段は遊びに夢中だけど、トイレの近くに居る時は、トイレを意識するから教えてくれるのかな?

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ