スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園見学 その2 

今日は、はるちんが通う候補の一つの幼稚園に見学へ。今日も家族全員で。

今回の園は、イタリア人が考案した幼児教育法を取り入れている、結構人気な園。
HPを見たら「昭和○○年 障害児保育開始」って書いてあったし
その幼児教育法が知的障害児にも合っている。と聞いた事があったので、候補の一つに。

人気園だけあって、見学も園側が設定した日が何日かあり、定員制なので事前に予約も必要。
時間も10時から10時半までの30分と決められていた。
そう大きくない幼稚園だし、1日10組位か?と思っていたが、今日だけで22組もいた!
・・・流石、人気園だ。
うちの他にも2組ほどお父さんも一緒の人がいた。一人は外人さん。
見学は2組に分かれてスタート。

この幼児教育法は、一人一人に作業をさせるらしく、
作業内容は園が用意している物の中から自分で好きなものを選んでやる。
ということで、毛糸を使った織物をするコーナーに園児が3人だけ作業してたり。
音楽ルームみたいな所では15人くらいの子が、何故かバンブーダンスしてたり。

クラスは“縦割り”で学年で分けるのではなく、年少・年中・年長3学年入り混じっている。
ただ体操などは体格も違うので学年に分かれて授業を行うってことで
見学した時は、年中さんは園庭で体育の授業をしていた。

運動会の練習なのかな、徒競走のスタートの練習をしていたんだけど
なんとなくみんな覇気が無いというか。子供らしくハシャイでないというか。
キッチリやってます、とにかくキッチリやってます。という感じ。

でもその幼児教育法の理念みたいな物は、確かに良さそうだった。
結構、知的障害児にも合ってる。みたいに言ってる人がいたのだけど、
確かにこれやってたら、色々手先の作業が出来るようになりそうな。
躾もキッチリやってくれそうな。

週五日も通うわけだから、ここに通ったら色々な事が出来るようになるのかな。
と気持ちが揺れたりして。

説明の人にダウン症であることを言い、受け入れについて尋ねると
「今はどこにも行っていないんですか?」と。幼稚園の話かと思い『そうです』というと
「まずは療育センターに連絡を取ってそちらに行って下さい」
・・・おいおい、2歳半だし、流石に療育センターくらい知ってますって。

すると今度は「通園はやめて幼稚園にということですか?」と聞くので
『ダウン症の場合、たいていの場合通園ではなく幼稚園・保育園へという方針のようです』
と答えると、
「そうですか。以前にも通ってきていましたよ。ダウン症の証明が必要ですけど、ありますか?」とな。
結局、なんか入園に際して医師の証明書が必要って話だった。
う~ん、それって、障害児が通う園への補助金の申請に必要って事かなぁ。
それにしても、一番最初にその話をするっていうのは、どうかと思った。
で、実際に希望するのなら個別に話し合う日を設けるので
年少ではいるか年中ではいるか等、その時に相談しよう。ということだった。

とにかく、事務的。
別に感じが悪かった訳ではないけど、伸び伸び系の園の園全体に流れる暖かさに比べて
なんか、血が通ってない感じがするというか。
療育センターとか通園とか言葉は知ってるみたいだけど、現状は知らないようだし。
「通園」なんて言葉、知ってる位なのに現状は知らないっていうのも、なんか不思議。

一瞬心が揺れたけど、
なんかここに入れたら、ちゃんと躾けてはもらえるかもしれないけど、スゴク窮屈そう。
やっぱり伸び伸びの方が良いや!とスグ結論が出た。

私は気づかなかったけど、後でパパに聞いたら入り口近くのホールに
私立の小学校のパンフレットが何校分かあったらしい。
やっぱり通う人は、そういの目指してる人が多いのかな。確かにお受験するには向いてそうな。
やっぱり私とは求める物が違うんだろうなぁ。

というわけで、はるちんは来年10月から伸び伸び系の園に通うことに決めたのでした。
スポンサーサイト

お手手ふきふき 

お食事の時、ウェットティッシュを渡すと
自分でお手手をふきふき。
食べ終わってお手手を拭いた後、
机の上を拭き拭き。
自分の座ってる椅子を拭き拭き。

はるちんがごちそうさましたあと
私が汚れた机の上や、
食べこぼしたイスを拭いているのを見てたんだね。

ハンカチや布がおいてあると
床を拭き拭き、壁を拭き拭き。
最後に自分のお口を拭き拭き!
床を拭いた布でお口を拭くのはやめて欲しい~。

最近は私がハタキをかけるのを真似して
うちわを持って部屋中をパタパタとなでたりしている。

いいぞ、いいぞ。そのままお手伝いするイイ子になってね!

電話だいすき 

子供はみんな電話好き。
はるちんもゴタブンにもれず、大好き。

私が電話してると
オモチャの電話や私の携帯を手に取り、耳にあて。
はるちん語で「あっちゅったちゃっちゃ!」とおはなし。

家の電話がなると、
ママに追い付け追い越せな勢いで
子機に向かってまっすぐ行進。
でも手の届かないところに置いてあるので
指差ししながら「あ~!あ~!」と訴えてくる。

携帯が鳴ったら持って来てくれた事もあった。

手が届く位大きくなったら、勝手に出ちゃうのかなぁ。

靴選び 

結局、はるちんが今履いている靴は
アップリカのベビーシューズ ラソック リルト
歩行医学製品 アップリカ ベビーシューズ ラソック リルト t-style ベージュ (BE)
アシックスのスクスクは結局13cmと13.5cmを貰うことになったので
12.5cmではるちんの足にあったカワイイ靴を・・・と探してこれになった。
スクスクと並べてみたら足首の高さも同じ位の所で止める感じだったし
パンフレットを見ても良さそうで、何より形がベビーシューズらしくてカワイイので決めた!

はるちんもこれにしてから、ほとんど転ばなくなって。
靴自体が軽いし、合ってたみたい。
PTの先生も歩いているの見て、良さそうって言ってくれたし。

この靴、かわいいからずっとこれを履かせたいと思って、聞いてみたんだけど
足が成長すると幅や甲の高さも変わる場合もあるから
買い替えの度にその都度シューフィッターさんに診てもらって
ピッタリの靴を買うのがいいんだそうだ。

どこの靴がいい。とかいうよりも、
足首までしっかり止められて
かかとの所がしっかりしている靴のなかで
その子の足の形にピッタリな靴を選ぶのがベスト 
ってことだったんだなぁ。

楽しい外遊び 

歩き出してから、体力もだいぶ付いてきた はるちん。
今日は近所の保育園の園庭開放に行って室内で30分、外で30分ほど遊んだのだけど
なんとなくまだ遊び足りなそうだったので、さらに保育園の近くの公園へ

通りかかった事は何度もあったけど、遊ぶのは初めての公園。
ここの滑り台は高さも低めだし、登るのもしっかりとした階段が付いてて
20060916_1.jpg
はるちん一人でもハイハイで上って滑れた
登る時は私が「こっちこっち!」ってかなり誘導するかんじだけど。
20060916_3.jpg
滑る時も一人で。まだ下で受け止めないと危ない感じではある。
20060916_2.jpg
↑かなり楽しそう~♪ 滑り台が2種類付いてて、チューブの方は何故か毎回前すべり。

毎日の公園通い。する前は大変そうだな~。と思っていたんだけど
やってみると意外と楽しい。
ボール投げが大好きな はるちんなので
ボールを持って行って二人で投げあったり蹴りあったり。
(ボールを追いかけて沢山歩いて疲れた分、沢山お昼寝もしてくれるて良かったりもする。)
一緒に滑り台を滑ったり、ブランコに二人乗りしたり。
結構満喫している私でした。

冬になって寒くなってきたら、ちょっと辛くなるのかな?

入園説明会&久々に幼馴染と遊ぶ 

今日は伸び伸び系の園の入園説明会。
はるちんの幼馴染のみんなも行くと言うので、みんなと落ち合う。

今日は年少10月入園が可能か、園長先生に聞こうと思っていたので、ちょっとドキドキ。

まあほとんどの人が入園する本人と来ているので
子供たちは別室で先生たちが見ながら遊ばせ、話を聞くようになっていた。
最近ちょっと場所見知りするはるちん。
今日も子供たちが遊んでいるお部屋に入ると、ベソベソ。

幼馴染の一人が「いっしょにあそぼ~」と声をかけてくれたけど
「いや~」って感じで半べそで私の膝の上に乗ってくる。
そのうち説明会が始まるというので、膝の上から下ろして
「ママ行ってくるけど絶対戻ってくるからね。」と言いつつ傍を離れると・・・おお泣き!
スグに先生が来てくれたし、ひよこで母子分離自体は慣れているから平気だろうと
その場を離れた。

説明会の最中もはるちんの泣き声が聞こえることもなく。
会が終わると、先生が抱っこして連れてきてくれました。
チョコチョコ抱っこしてもらっていたみたい。

幼馴染ママが「先生に抱っこされたら、ちゃんと泣き止んでスゴイね~」って言ってて。
確かに普通は幼稚園に入る前にママと離れて活動する機会ってそうそう無いし
こういう時に泣き出しちゃうと治まらなかったりするのかな。ずっと泣いている子も居たしね。
日ごろからひよこで母子分離を経験しているおかげなんだ、と
ひよこのありがたさを更に実感。

説明会の後、片づけをしている園長先生に声を掛ける。
年少10月入園の事を聞いたら、
園側としても4月はみんな落ち着かなくて、この子まで手が回らないから
10月からだと落ち着いて見られていいかも。と快諾でした。
「入園は10月でも4月から行事には顔を出せばいいと思うわ」とニコニコで言ってもらいました。

見学の時、案内してくれた人の応対もお話も良かったし
説明会でも聞けば聞くほど、私の好みな感じの園。
園長先生も「待ってますから~」って言ってくれたし。
今の気分的には、もうここの園でいいじゃない!って感じ。

でもまあ、来週もう一つの園の見学も控えているので
結論出すのはそちらも見てみてからかな。


説明会の後は、幼馴染のみなで そのうちの一人のおうちへお邪魔。
のんちゃんが産まれてから、ちょこちょこ会う機会はあったのだけど
みなでゆっくり遊ぶのは初めて。

のんちゃんが産まれる前に遊んだ時は
まだ歩かないはるちんと、走り回るみんなでナカナカ一緒に遊べなかったんだけど
はるちんも歩き出したし、ここのところ結構成長もしたので
今日はなんとな~く関わって遊んだりしていた。

おやつの時間では、一つのお皿でおともだちと卵ボーロを分け合い。
はるちんが一つ食べると、おともだちがひとつボーロを差し出して、
はるちんがそれをつまんで受け取って、食べるとまた差し出して・・・なんてしてたり。

いつもの皆で遊んで、私もはるちんも とっても楽しい時間が過せた。

ちょっと考えさせられる出来事があり、実は 年少10月入園でも無謀なの?
と不安になっていたところだったのだけど
こうやって皆と過す姿を見て、1年後の入園に前向きなれた母でした。

考えさせられる出来事のことは、ここには書けないんだけど・・・ちょっと凹んでいたので
みんながいつもいつも、自然にフツーに接してくれることが とても嬉しい私でした。

就園について、ちょっとまとめ。 

最近ちょっと考えさせられる出来事があり、今日はダウン症児の幼稚園就園について、
じぶんなりにまとめてみたいと思う。

私の知ってる限りのことだし、自分の住む自治体のことしか分からないので
ホント私なりのまとめになっちゃうけど、
障害児の近親者以外の人に少し説明するつもりで書こうかと思う。

現在2歳6ヶ月のはるちん。
身長78cm・体重約10キロ。7月に歩き始めたばかりでヨチヨチ。言葉は単語が数個出るのみ。
見た目にも出来ることも1歳ちょっとぐらい。

障害の無い子なら、1歳過ぎで歩き始めて2歳過ぎには外を走り回ってるけど
ダウン症の子は、歩き始めて2年位ではまだダッシュなんて出来ない場合が多い。
小走りがいいとこかな。体も小さい子が多い。
知的にも今は年齢の半分だけど、これはどんどん差が開くとされている。

それでも障害児の中では軽い障害の方に入るので
わが市の場合、障害児向けの通園施設などにはあまり通わせてもらえない。
特にはるちんの行ってるセンターは、ある障害に重点を置いてるので
ダウン症の場合、重い合併症がある以外では通園には大体入れない。
センターも受け入れられる数に限りがあるし、
保育園・幼稚園に入れるのだから、そちらへ。という感じらしい。

でも、そういう子が幼稚園に入って大丈夫なの?そう思われるのかもしれない。
確かにほかの子より手が掛かる。
だから保育園・幼稚園に入る場合、加配(かはい)の先生が付く。
要は、特別に見てくれる先生が付くのだ。

市立の保育園では、3人毎に1人の先生を付けるらしい。
1~3人なら1人、4~6人なら2人。というかんじ。
私立の場合は園側が決めるのだろうけど、まあ同じくらいなのかな?
で、私立の保育園・幼稚園で障害児を受け入れている園には市から補助金が降りる。
(これ、あくまでわが市の場合です。他の自治体の事は分かりません・・・。)

でも私立の場合、すべての園が受け入れてくれる訳ではない。
幼稚園なんかだと、園の特色にもよるだろう。お受験系やお勉強系の園で受け入れる訳が無いし。
そうじゃなくても、単に園長に受け入れる気がない場合もあるだろう。

まだまだ受け入れ園は半分にも満たないのかもしれないけど、
十数年前にはほとんど受け入れられていなかったらしいので
先人の働きかけや、社会の変化で環境は徐々に良くなってきているのだとは思う。

・・・こんな背景のもと、入園に向けての活動をしています。

姉妹愛!? 

今日、リビングで泣いているのんちゃんを パパが抱っこしていた時。
はるちんが自分のお昼寝用のタオルケットを床に敷き、
パパを引っ張り 指差しして「ここにノンちゃんを寝かせて!」とジェスチャーしたらしい。

その数日前、パパ同じタオルケットを敷いて のんちゃんを寝かせていたら
私のタオルケットでしょ!と言わんばかりに ぐいぐい引っ張ったらしいのだ。
その時は、のんちゃんは泣いていなかったらしく。

パパは、泣いているのんちゃんを気づかう はるちんの姿に
涙が出そうになったとか! 感動やさんだね~。

でもママも、はるちんの成長が嬉しいよ。

幼稚園見学 

今日は、はるちんを通わせようかと思っている候補の一つの幼稚園の見学へ。

来年年少さんの歳になるはるちん。
早生まれの中でもギリギリの3月生まれ。
就園問題を考えるに当たり、去年からダウン症児先輩ママさん何人かに
「早生まれだと年少から入るのは(入ってから本人が)厳しいですよね?」
と尋ねてみたところ、聞いた人みんなから
「そうだね~、早生まれだと障害の無い子でも厳しいからね」と言うお答えだった。

そうだよね。見た目にもやることもできる事も、まだまだ1歳児だもんなぁ。
歩き出すのも3歳になるかならないかの頃だろうしと思っていたので
年少4月からの就園は無しだな。と考えていた。

のだけど、7月から歩き始めたはるちん。4月までには結構あるけるようになってそうだし。
のんちゃんが生まれてみて、
今までみたいに絵本を沢山読んであげたりもリトミック通ったりも難しくなっちゃって。
のんちゃんものんちゃんで、沢山話しかけたり抱っこしたりも出来ないし。
4月から入れるものなら、入れたい!なんて気になってきた私。
年少から受け入れてもらえるか、分からないけど、とにかく見学には行くことに。

で、候補の幼稚園は2つ。
同じ小学校に上がる子が多い所がいい、っていうのが私の中であり。
その条件に当てはまる園のなかで候補の園が2つある。

一つは、ひよこに通っていた近くに住むダウン症の子が2人ほど通った幼稚園。
ここは伸び伸び系で、学年も入り混じり、みんなドロだらけになって遊んで。って感じらしい。
ここははるちんの幼馴染ママのまわりでは、評判がかなりいいらしい。
ひよこの元園児のうち一人は年少から通い、一人は年少の10月から通ったとのこと。
はるちんも年少の10月から入れるとベストかな。と思っていた。

もう一つは、HPを見たら昭和48年から障害児保育開始。
なんて書いてあった、家からかなり近い所にある園。
こちらはイタリア人の考案した幼児教育を取り入れているとかで、
その教育法が人気で結構広範囲から園児が集まっているらしい。
クラス編成もいわゆる縦割りで1クラスに年少・年中・年長の3学年が混ざっている。
ただこちらは近所に通ってる知り合いも居なく、ダウン症仲間でも情報なし。

元々はるちんが産まれる前から、子供は野山を駆け巡って逞しく育って欲しい。と思ってた私。
(いや、実際首都圏の住宅地に住んでて、普段から野山を駆け巡るのは無理なんですけどね)

そういうとこからすると、最初の園の方が良いんだけど、
後の園のその幼児教育法っていうのが、知的障害児に合ってるって話で。
しかも縦割りクラスってのも良さそうだよなぁ。
ってことで、見学に行ってみないとなんとも言えないところ。

見学するにあたって、まず両方の園に電話をかける。
見学したいこと、ダウン症であることを話し、受け入れはしてますか?と尋ねてみたところ、
伸び伸び系の園では
「重くなければ。在園児には居ないけど、以前いましたよ」
幼児教育法の園では
「最近は居ませんけど、以前見ていたことはありますよ。大人しい感じですよね?」
と言うので、「え?ああはい、まあ大人しいです」と言うと
「多動的な感じではないですよね」と。ん?多動的だとダメなのかね?
まあ、2つの園ともに以前受け入れているだけあって、その後の雑談では
「どこに住んでるの?ああ、近くていいわねぇ」なんて感じで結構イイ感じに話をして終了。

で、今日は一つ目の伸び伸び系の園へ、家族4人で見学へ行って来た。
行く前は、受け入れしてる園なのでイヤな態度は取られないだろうけど
3月生まれで人一倍小さいはるちんを見て、引かれるかな。と思っていたのだけど、
「しっかり歩いてますね~。」とか「4月までにはもっと大きくなってるよね」とか言ってもらったり

言葉は出てますか?というので、ワンワン・出た!・まんまとか単語が少しです。って言ったら
「痛い時に痛い。って言えないと先生が大変なんですよね。でも言葉も結構出てるのね」と。
この話を聞いてなかったパパが「まだまだ言葉が出ないんですけど」って言った時は
「これからドンドン増えていくと思いますよ~」と言ってもらったり。

見学してた時、3学年合同で秋の運動会の行進練習していて
学年入り混じって輪になって行進して、上の子が下の子を気遣う様子なんかも見れた。
「学年関係なく、混じって活動してるんですね」と聞いたら
「上の子は下の子を、出来ないことがある時はみんなで助け合って、思いやりを持った子に。というのが園長先生の方針なんですよ。」とのこと。
帰る時も「運動会も見に来てくださいね。また遊びに来てね」なんて声をかけてもらった。

ホント普段から、まだまだ「あ、赤ちゃんだ~」なんて言われるはるちんを前にして、
向こうも年少から大丈夫かな。と思ってはいるんだろうけど
ダメダメ!って感じではなく、前向きに捉えてくれてる感じがした。

園児たちの雰囲気もほんとに伸び伸びしてるし、
評判どおりのアットホームな感じのいい所だった。


ただね、実際に見学して、3歳児クラスの園児達の様子も見て、思った。
やっぱり、はるちんには年少4月の入園は厳しいぞ!!

歩き出したとはいえ、よちよちだし、自分の好きなほうへ行っちゃうばかりで
こちらが一生懸命誘導しないと、目的の場所へ歩いていく。なんてそうそう無理だし。
お友達ともマダマダ関わって遊ぶ。ってトコまでいってないもんね。
イヤホント、ただ歩きゃいいってもんじゃないよな。と思い直した私でした。

ここに入るとしたら、10月入園にさせてもらえると一番良いんだけどなぁ。
10月がダメなら年中さんからだね。
来週、入園説明会があるので、その後に聞いてみよう。

もう一つの園の見学は再来週。
ここは、前情報が全然無いし、見学時間も園から30分と決められてるし。
30分で雰囲気掴めるかな。それと、どんな対応されるだろ?

ペンギングループ初参加 

今日は療育センターのグループ療育プログラム、ペンギングループに初参加。
ヨチヨチ歩きの子達を集め、集団で過す事や色々な経験をさせつつ
来年の進路も考えていこう。ってものらしい。

まずセンターの小児外来受付に集合してから、活動場所へ移動。
活動場所は2階上なのでみんなで階段で行く。

歩くの大好きはるちん、廊下は寄り道しながら・つまづきながらも楽しげに進む。
でも階段室の前に着いたら、歩が止まり。呼んでも違う所に進もうとする。
階段室は音がスゴイ反響してて、どうもそれが嫌みたいだった。

「音が反響してるのが怖いのかな?」と私が言うのを聞いて
スタッフの人がひとまず抱っこで途中まで上がる。
途中で降ろして、登ってみようね~。と声を掛けると、
中に入ってみたら意外となんとも無いと思ったのか、また元気に登る。
でも一番びりっけつになってしまったので、3階からはエレベータで登ったのでした。

最近“恐怖心”が芽生えてきたみたいで、
昨日近所の夏祭りに出かけた時も、人の多さと喧騒に驚いたようで
パパにしがみついて絶対降りようとしなかった。
プレイルームや園庭などでは人が多い方が楽しそうなので、
こんな部分もあるんだなぁ。と新発見だった。

ちょっと前にママ方の親戚一同と水族館へ行った時も、
水槽に近づいたら体をのけぞらせて、嫌がる嫌がる。
直後に「あ~う、あ゛~う!」と文句を言ってたのが、ちょっと面白かったけど。
イルカやアシカのショーは楽しそうに見ていたんだけど、
室内が暗くしてあったのと近かったのが怖かったのかな?


んで、エレベータ使ったものの、何とか歩いて活動するお部屋に到着。
一人一人の体の様子にあわせたイスが用意してあって、
まずイスに座ってお名前呼び。はるちん元気に手を上げて、先生とハイタッチ!

お次はママ達が並んで、子供たちは股の間をトンネルくぐり。
他の子がやる間、イスに座って待ってるはるちん。ひよこの効果かな。
トンネルくぐりは、私の所まで来たら立ち上がって抱きついてニッコニコ。
最後まで行けなかったけど、はじめての場にしては良く出来たかな?

今日のメインは“サーキット遊び”
手作り遊具を円を描くように並べて順番に進みながら遊ぶ。
この手作り遊具がスゴイ!マットのような物で出来た筒状の物、ダンボールで出来たコマのようなもの(中に座って揺らして遊ぶ)、これまたダンボールで出来た滑り台(はしごでなく、階段付)。
なんだか有料の遊具施設並みに立派だ!

はるちんはどれも楽しそう~に遊んで、3周ほど回った。
療育施設だけあって、無理をさせないよう、それでいて活発に遊べるよう配慮してくれてて
とっても良かった。

のんちゃんはグループの間、ベビーカーで大人しくしててくれたし。
いつもおでかけ先では大人しいのんちゃん。とっても助かる。
寂しがり屋みたいで、うちで私が構ってあげられない時は結構泣いてるんだけどね。

来週は大きいプールで遊ぶそう。
プール大好きはるちん。今年は大きいプールに連れて行けなかったので嬉しいな♪

そうそう、グループの後、他のママさんと靴の話をしていたら
スタッフの一人のPTの先生が、別にアシックスのスクスクじゃ無くても良いんだよ、と。
センターのお勧め靴って感じで、はるちんの回りではみんなスクスク履いてるんだけど
その先生が言うには、スクスクは足指辺りの幅は広いので、足の薄い子には広すぎる場合もあるし、かかともそんなに強めに出来てないんだよ、と。
足に合うならニューバランスやナイキなどのハイカットでも良いんだそーだ。

スクスクのハイカットって、見た目は全然イケてないんだよね。
ニューバランスの方が可愛いのあるんだな。
しかしこの話、シューフィッターさんの所行く前に聞きたかったよ。

スクスクが良いと思ってたから、スクスク以外の靴は合わせてもらわなかった。
あの時ニューバランスも合わせてもらっとけば、ネットでサクッと買えたのにな。
また行って、他のハイカットの靴も合うか見てもらいたいよ~。
しかし、いつになるやら?

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ