スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノ 

はーちゃんが小さい頃から なんとなく
何かずっと続けられるような習い事をさせたいな。と思っていた。

ステージ上で、みんながキラキラ輝いていたラブジャンクスも気になってたし
自分が少しやっていて、筋力・バランス感覚がとっても身につくバレエも気になってたし
そのほかにも水泳とか、合気道とか、色々気になるものがあった。


はーちゃん5歳の時、ばあちゃんが実家のピアノの前に座らせると
でたらめだけど、30分くらいずーっと飽きずに弾いていて。
あれ?ピアノ好きなんだ!と。

その後、ひよこ教室の催しで 高校1年生の男の子が自己紹介した時、
「僕はピアノを弾くのが好きです。学校から帰って、ピアノを弾きます。」と言っているの聞き。
よく、大きくなると放課後、自分で遊びに行くわけでもないので
暇をもてあましてしまう。なんて話を聞いていたんだけど
そうか、趣味があると こんな風にちょっと人生が豊かになるんだなぁ。
なんてことを思い。
お母さんに聞いたところ、小学校1年生から近所のピアノ教室に通い
ゆっくりだけど、両手で曲が弾けるという。

私自身、小さい頃ピアノを習ってたり、合唱部に入ってた事もあったりで
音楽の楽しさを体感していたのもあり
本人も好きなら、はるちんはピアノを習わせたい!という思いが強くなった。

長い間 習う事がまず一つの目的でもあるので
家の近くで、個人のピアノの先生で。
まだ早いから、小学校2年生くらいで先生を探そう。と思っていた。
でも、障害がある事で躊躇して断られる事もあるだろう。と覚悟もしていた。

今年の2月。
はーちゃんものんちゃんもピアノを習わせたい。と話してた幼稚園のお友達ママから
のんちゃんと同じ歳の下の子が近所のピアノ教室の体験をするんだけど
先生から「3歳だとまだリトミックの方がいいし、お友達と2人位でもいいですよ。」
と言われたから、ノンちゃん一緒にやらないか?とお誘いがあった。

元々、幼児にリトミックとか教えてる先生なら、
はーちゃんに対しても入りがいんじゃないか?と勝手に考えていたし
もしノンちゃんが始めるにしても、姉妹で違う教室に通うのは私にも負担が大きい。
やるなら、はーちゃんもそこに通うのが前提で無いと、と思い。
すぐ始めるわけではないけれど、はーちゃんも体験しておきたかった。

電話で、障害の事をはなし、体験したい事を伝えると
「私も障害のある方に教えた経験が無いので、
 お力になれるかは分かりませんが、でも体験は是非いらしてください」
とのことだった。
この時点では受け入れてもらえるのか、全く分からなかったけど
とにかく行ってみることに。

体験では、はるちんもすごく楽しそうに過ごし。
お母さんの希望は?と聞かれたので
「とにかく長く通うことが目標で、
そして音楽を通してこの子の人生が豊かになれば。と思っています」
と思いを伝えた。

「私も経験がないので、上手に教えられるか分からないんですが
 どうぞ通っていらしてください」とのお返事がもらえた。
先生は、教員の経験があるそうで、お友達で特別支援学校で教えている人がいて
事前にダウン症児について、聞いてくれていたそうだ。
「音楽が好きでリズム感がいい子が多いし、言葉が半分くらい分かるようなら
 すぐにやってみてもいいんじゃないか」と言われていたとのこと。
まずは、ピアノに移行していくことが目的の リトミックからはじめることに。

そして3月から月に2回、通っている。
今はリトミックで、体を動かしたり、歌を歌ったりしながら
リズムや音階を少しずつ習っているところ。

先生は、はーちゃんが障害児サークルで
音楽療法を集団で月に一回受けている事を話すと見学に来てくださったり。
お稽古の後にその日の様子をメールで教えてくれて
対応が分からない時は、聞いてきてくれたり。

家の近所なので生徒さんは同じ小学校の子がほとんどで。
最近はご近所でも縦の繋がりが中々ないからと
クリスマス会など交流会を年に2・3回開いているとか。
ここでも地域の子達との触れ合いができるらしい。

お教室探しは正直、何件断られるんだろう?なんて多少不安に思っていたのに
1件目にして、いい出会いがあったのでした。
スポンサーサイト

登校班あれこれ 

はるちんの登下校は、モチロン私が送り迎えしてます。

行きは毎日登校班があり。
まだ見慣れないメンバーなのもあるのか、私と手を繋ぎたがり。
重いランドセルを背負って、皆と同じペースでナカナカ歩けないはーちゃんを
毎日私が手を引いて歩いていて。
手を引かれるのが嫌みたいで、いつも「走んないで!」「そ~っと!」
とお怒りモードなはーちゃんだったんだけど。

先週のある日、家を出てドアを閉めたところで急に
「あ、ママ、おうちね。はーちゃん自分で。」と言いながら集合場所方面を指差す。
 「え?自分で行くの?」と聞くと
「そう。ママ、おうち。はーちゃん自分で。」と言いながら手を振り進む。
1人歩きながら、振り向いては私に笑顔で手を振り、歩いていく はーちゃん。

これは、どうやら今日は1人で登校班で学校に行くつもりらしい!!
登校班のペースに1人で歩いて着いていけるか 分からないけど
無理そうだったら さっと出て行って、手を引けばいいかな。と
とりあえず意思を尊重して、後ろからそ~っとつけてみる事に。

はーちゃん、無事に登校班の集合場所に到着。
自分からいつも並んでる一番前へ。
私も一番後ろに付くけど、小さいはーちゃんからは見えてない。
あんまりスピードが遅かったりしたら前に出て行こうと思ってたんだけど
いつも沢山話しかけてくれる2年生の女の子とお話しながら
ちゃんと付いていって、学校まで到着!!
ちょっとカンドー!

今一年生は朝顔を育てていて、朝と帰りにお水をあげるんだけど
(ペットボトルのキャップを小さいシャワーに付け替えた物が一人にひとつある。
 しかも、シャワーに小さな突起が付いていて、植木鉢にある穴にぴったりはまるので
 指して置いておけるという、優れもの。最近は何でも便利だね~)
ちゃんと自分から、自分の朝顔のところへ行き、ペットボトルを持って水道へ。
えらかったよ~。

でもまあ何となく、一日だけかな?と予想してたんだけど
やっぱりその日一日だけでした。
でも、重いランドセルを背負って、一生懸命みんなに追いついて歩いているので
きっとイッパイイッパイなんだよね。
一日だけでも やる気になって行っただけでも立派なもんだぁ。

先週末は集団下校の練習があったんだけど
下校時間より早く学校を出てて、私が着いた時、もう門まで来ていて。
はーちゃんは班長さんの男の子と手を繋いでいた。
そのまま班長さんと手を繋いで帰ったんだけど、班長さんが
「はるちゃんに今度から1人で行ける?って聞いたら 『うん』って言ってたよ。」と私に言い、
それからはーちゃんに「練習して1人で行けるようになろうね。」と優しく声をかけてくれ。
集合場所で解散した後もはーちゃんをうちまで送ってくれて
その日はノンちゃんも一緒だったんだけど、ノンちゃんもあやしてくれたり。
なんだか とっても優しくて じ~んとしてしまいました。

本人がちゃんと親御さんに見てもらってて、心に余裕があるのもあるんだろうし
6年生にも支援級の子は居るし、ずっと交流してきている事の成果なのかなぁ。と思った。
私が小学生のときは、支援級の子達は普段見かける事も無く
たまに見かけても、よく分からない存在をちょっと不気味に感じてしまった(←誤解を恐れずにいえば)ものだけど
みんな 障害のある子の存在をちゃんと知っててくれてるんだよね。

以前に、知り合いで 30代後半のダウン症の息子のいる方が
「私達が30年も前に、横浜市の学校 一校に一つ
 支援級を作って欲しい。という運動をしたんですよ」と言っていたんだけど
今現在でも人口の多い首都圏の近隣県でも、
一校に一つ支援級があるわけではないという事を知って
地域の学校に行けることのありがたさを感じる。
今、当たり前のことも、先人の方々が動いて得られたもの。だったりする。
本当にありがたい。

そして登校班も、単に登校するだけじゃなくて
近所に住んでいる子達と触れ合う、絶好の機会なんだな。と感じた。
毎日毎日 一緒に通うから、班長さんや前列の子達とは毎日お話しするし。
学校で見かけると声をかけてくれる子も沢山居る。
こうやって近所の子供たちや親御さん達と触れ合う機会を6年間毎日持てるのは、大きい。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。