スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選ぶ 

以前、ポーテージの先生と話していて、
ダウン症の子は自分で判断したり、選ぶのが苦手な子が多い。と。

はーちゃんが成長してきて、時々思うのは、
こういう「ダウン症の子は・・・」と言われている事のなかには、
障害の特性ってやつじゃないものも、結構あるんじゃないかと。
環境とか、周りからの扱われ方でそうなってる事も多いんじゃないか。
なんてことを前から薄々思っていた。


で、最近気付いたのだけど、「できない」と決めつけてしまってて、
親の私が「やらせない」という選択を気付かずしている事がある。ってこと。

例えば4年生のはじめのこと。
その日は支援級で調理実習があり。
調理の時は、マスク、三角巾、お手拭き2枚、エプロンを毎回持って行く。
1年生の時からだったから、はーちゃんが見てる状態でずっと私が揃えてた。
でもその日は私がうっかり忘れてて。
そしたら朝、はーちゃんが「ママ、今日、調理だよ」と言いながら
自分で手提げの中に調理の持ち物を全部用意して、2階から降りてきた!

まだ自分で準備できない。と思い込んでた私としては、ビックリだった!!

でも考えてみれば小学校に入って丸3年、一緒に準備してきたわけだし。
エプロン以外はいつも準備する、ハンカチや給食セットと同じ引き出しに入ってて
わかりやすくもなってた。
そっか、はーちゃんは自分でできるんだ。
と、それまでやらせてなかった自分を反省。
それからは、毎日の給食セット(ハンカチ・タオル・マスク)も
自分で袋から出して洗濯カゴに入れ、自分で次の日の用意をする。
調理の準備もだけど、身の回りの準備は自分でやるようにした。

でもきっと、自分がうっかりしてなかったら、できる事に気付かず
今でも はーちゃんにやらせてなかったかもしれない。

なんてことがあって。
「選べない」っていうのも、本当に選ぶ能力がないのではなくて、
「選ぶ機会が与えられてこなかった」結果だったりするのかも。と考えたり。
つい、まだできないだろう。とか思ってしまって、
本人に聞かないで親が決めちゃう。ってこと、すごくありそうな。と思い。
はーちゃんに選ばせたり、希望を聞いたり。って事をするようにした。


それで、昨日の事。
最近、ラブジャンクス(ダンス教室)で発表会が近づき。毎回振付もある。
先生が踊る様子をビデオに撮って、家で練習する人も多いみたいなんだけど
はーちゃんはピアノの練習も頑張ってるので、ダンスは楽しくできればいいかな。
と私が思ってて、ビデオに撮ったりは してこなかった。
今の生活の中で、家でダンスの練習までするのはきついかな、と。
でもふと、それって私が勝手に決めてる事で。
もし、はーちゃんがダンスの方がちゃんとやりたかったら、
ピアノよりダンスを1番に考えるべきなのかな?と思った。

はーちゃんに「ピアノ好き?」と聞くと、『好き』
「ダンスは好き?」『好き』
「ダンスとピアノ、どっちが好き?」『ダンス!!』
「じゃあ、ピアノやめる?」『え!やっぱ、ピアノすき!』
「ピアノとダンス、どっちかやめるなら、ピアノやめる?」
まあ実際、どっちかをやめるつもりは無かったんだけど、
そういう風に聞いた方が、はーちゃんに分かりやすいかな、と思って聞いてみたら
『ピアノやめない!ダンスやめる』とのことだった。

毎日の頑張り見てて、ピアノが好きなのは分かっていたけど、
こうやって確認できて、ちょっと嬉しかった。

やっぱりさ、えらべない。なんてこと、ないんだよね。
「出来ないだろうと決めつけて機会を奪わない」
「親の私が先回りして準備し過ぎない」
最近、気を付けないとな。と思ってる。

小さい頃はどうしても親のガッツリサポートが必要だけど、
それに私が慣れてしまって、成長に気付かない事も出てきた、って事。
子どもの成長をちゃんと知って、親として姿勢も変えて行かないといけないんだよね。
スポンサーサイト

本を読む 

絵本の読み聞かせは、生後6か月には はじめてたかな。
2歳位の頃には絵本を読むことが大好きになってた はーちゃん。
今でも、そう。

3年生位から、自分でも絵本を読むようになったけど、
読み聞かせで理解できる、楽しめる絵本と、
自分で読んで理解できる絵本がまた違い。
読み聞かせでは、「ぐりとぐら」とか「そらいろのたね」とか楽しめるけど
自分で文章を読むとなると、もっと短文のものでないと難しくて。
自分で読むようになるまで、その事に私も気付かず、
最初の幼児用の絵本は人にあげてしまったりしてたので
再度、自分で読む用に買いなおしたりして。

ことば数は多い方だけど、IQは決して高くないはーちゃん。
今は数値的に4歳半位。
将来的にも6歳の知能を超えられるかは、微妙かな?と感じている。
それでなんとなく、本を読む。絵本でなくて、本を読む。
なんてことは将来的にも出来ないのかなぁ。なんて思ってた。


支援級では毎年、劇をやる。
だいたい、冬のはじめの授業参観で披露する。
最近、少しカツゼツがよくなってきたはーちゃん。
高学年という事もあり、今年は主役をやることに!
(といっても、3人で交代してやるんだけどね)
それで多分、主役だったから、すごく頑張ったんだと思う。

その劇の主役が終わったころから、
以前より長いストーリーの絵本が、自分で読めるようになった。

最近の、一番のお気に入りは これ↓
キュッパのはくぶつかん


それまでも、「ぐりとぐら」とかも自分で見てたんだけど
ストーリーを覚えてるのもあり、文章を読むのは、最初の2文節程度で
後は絵を見て終わり。って感じだった。

こくごの教材の進み具合からいって、本当はもうちょっと読めるんじゃないかな?
と思ってもいたけど、読む気がない感じなのを、注意して読ませる、という気に私もなれず。
普段から、学校でもいろいろと頑張ってるし。
「絵本を読む」時間を楽しくないものにしたくなかったのもあるし。

だから、主役をやることで、『劇的に文を読む能力が上がった』というより、
本人が文を読む。という事に『目的意識をもってちゃんと取り組めた』
その結果なんじゃないかな?と感じた。

それはもう、機会を与えてくれる先生達に感謝、なんだよね。

普段から、学年が上なら、絶対に先輩として接することを大切にしてくれてて。
だから支援級の中に、はーちゃんを幼児扱いする子は一人もいない。
セリフを言う上手さで言ったら、
下の学年の子でもはーちゃんより上手い子の方が多いけど、
高学年の子達からチャンスをくれる。


で、「本を読む」ってこと。
はーちゃんには無理なんじゃないかな?と思っていたけど。
最近、のんちゃんが児童向けの文芸書を読むようになり。
自分が小さい頃に読んで好きだった『エルマーの冒険シリーズ』を買ってみたら
対象年齢も5歳からで、それはもう、ひらがなだらけ!
     

これなら、はーちゃんも 中学生位になったら読めるかも!って思った。
漢字がもうちょっと多い本も、私が読み仮名ふれば、読める可能性もありそうな。

コンサート♪ 

もう、今週末になってしまいましたが、
はーちゃんが参加しているサークルで、コンサートを開きます。

メンバーたちによるものではなく、演者さんをお招きしてます。
皆さん、人前で演奏やパフォーマンスする経験が豊富な方達で。
単純に、大人も子供も楽しめる会です。

特にね、未就学児が入れるコンサートって、ナカナカ少ない。
のんちゃんが幼稚園の時に、それは本当に思ってたこと。

この会は、小さいお子さんも、舞台前の広いスペースで踊りながら見てくれてもOK!
なので、子連れも歓迎です♪

会場のラポールは無料駐車場もあるし、
新横浜駅から無料送迎バスも出てます。
その辺りは、横浜ラポールのHPでご確認ください。
ラポールHP

consert_flyer.png

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。