スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を知る からだ編 

今日はちょっと、自分の話。

私自身、小学校4年生位まで体が弱く、
小児喘息もあったし、頭痛持ちだったし、食も細くてガリガリだった。
小5くらいから喘息も治って、何故かよく食べるようになり、かなり改善したものの。
人より体力がない、持久力が無い、というのが20歳ころまでコンプレックスだった。
10代後半くらいの頃って、体力のある人で、
運動してないから体力がないんだ、もっと鍛えれば。
とかテキトーに言ってくる人とかも結構いて。
今でこそ、テキトーに言ってくる、とか自分も言えるけど、当時はそういう言葉も気になったり。

そんな中、学生時代に某編集部でバイトしてたのだけど、
アシスタントとして取材に行った、東洋医学の先生から聞いた話が私の大きな転機になった。

生まれ持った体質は変える事はできない。
でも、車で例えたら私みたいな人は、軽自動車。
元の馬力はないかもしれないけど、
スピードはそう沢山出さなくても走行車線で、高速道路を走って遠出も出来る。
ちゃんとメンテナンスすれば、長い年月走る事も出来る。
馬力のあるダンプカーでも、無理な運転を続ければ、短い年月で故障してしまう。
そんな感じだよ、と。
あなたも自分の体質を知って、無理をしないでちゃんとメンテナンスすればいいんだよ。
と。

もうこの先生の名前も憶えてないけど、
自分にとっては、本当に転機だったな、と思う。
この話を聞いてなかったら、無理して周りと同じように活動して倒れちゃう。
なんてこと、やっちゃってたんじゃないかな。なんて思う。

で、このことが頭にあったのは、
はーちゃんを育てる時にも良かったと思う。
大きな合併症は無かったものの、周りのダウン症の子と比べても体力もなく。
やっぱり小学校低学年くらいまでは結構風邪ひいてたし。
でも その事を私が気に病まないで済んだのは、
あの東洋医学の先生のおかげだな。と思う。

最近は はーちゃんも運動会の学年合同体育で2時間とかやって疲れると
「つかれました」と先生に伝えたりするらしい。
5年生になって交流級が4階になっちゃったので、そういう日先生が
『帰り会行きますか?』と聞くと、「疲れたので、行きたくないです」と答えるとか。
そういう時は4階まで上がるのも時間がかかって、やっと着いても終わり頃。
なんて事になってしまうので、上に行くのはお休み。
自分の体調を感じて、周りに伝えたれるのも、大事だよね。
スポンサーサイト

おともだち 

それでもって、おともだち のはなし。

普通級の子と仲良くしたい、という様子が見られた3年生くらいから、
きっと支援級のお友達とも そんなかんじだったんじゃないかな?

1・2年生の時は陰から休み時間の様子を見に行ったりしてたけど、
お友達と遊ぶ様子は見られず。1人でおままごと とかしてた。
3年生の時は授業参観の後なんかは、支援級の女の子と遊ぶ様子が見れたり。
で、4年生になって、
大きな寄り道 ←この記事のように、お友達のお家が知りたい、と行動してみたり。
お友達とやくそく! ←自分で遊ぶ約束してみたり。
お友達とお祭りに ←私がベッタリ付き添わず、2人だけで本当に楽しそうに過ごしたり。

はーちゃんが自分で、お家にお友達呼びたいと自分で約束してきた時は
そっか、そんな気持ち出てきたんだ!と気付いて嬉しかった。
それは妹がお友達を家に呼んで遊んでるのを見て、
自分も仲良い子を呼びたい。って思ったんだと思う。
2歳年下の年が近い妹のしてる事を見て、学んでる事も多い。

夏の旅行に行った時は、妹が友達にお土産を買うのを見て、
はーちゃんも、いつも遊んでいるAちゃんと、Rちゃんにお土産買いたい。と。
2人にブレスレットを買っていった。
Aちゃんはとっても喜んでくれて、しばらく寝る時以外着けてくれてたとか。
それでAちゃんも旅行に行ったお土産をくれて、はーちゃんもとっても喜んで。
ああ、こういう交流って、いいよね。

もう一人のRちゃんとも、はーちゃんは放課後遊びたい!って1か月前位から言ってたんだけど。
ママがお仕事してて、毎日学童行ってるし、
放課後は遊べないかな、と思ってたんだけど。
この前の授業参観の時に、ママの代わりに来ていたおばあちゃんが
「おみやげのブレスレットありがとうございました」と声をかけて来てくれたので
思い切って、放課後家で遊びませんか?と聞いてみたら
学童お休みして、うちで遊ぶのが、実現!
これも、はーちゃんがお土産あげたい。って渡したから、お話も出来て実現したわけで。
はーちゃんが自分でアクション起こして自分の世界を広げてるんだよね。

前にも書いたけど、小学生の間は、
はーちゃんからお友達と遊びたい、と言うとも思ってなかったし、
自分で約束なんて全然出来ないと思ってたし。
母は勝手にそう決めつけてて、今思うと、なんだかなぁ。だよね


写真は、先週お友達と公園で遊んだ時の様子。
0151432bc32c234a9f7b6dfdcba94b0e73e70ca398.jpg  01a0f1d7710c57d707ac8fcfbc188f3eda7d7cf5f4.jpg
ブランこしたり、フリスビーで遊んだり

なんか、次女さんの学校生活見てて思ったんだけど。
行ってる小学校は校舎の大きさの割に子供の数が多くて。
皆がケガしないようにとか、そういう配慮もあるんだろうけど
なんだか休み時間とかもルールが多くて。ちょっと窮屈そうというか。
だから、大人が口出ししない場所で友達と遊ぶ時間を作ってあげたいとおもったり。

はーちゃんも、私が居るとつい、私も口出したくなるし。
この公園に行った時は、一応ついては行ったけど、2人が遊んでる所から
少し距離のあるベンチに座って、黙って見てた。
フリスビーがお互いの所まで届かなくても、
2人は拾いに行って、また投げて。で本当に楽しそうにしてるし。
はーちゃんが携帯電話をカバンの上に置きっぱなしにしようとしたら
Aちゃんが、「だめだよ!カバンに入れないと」と。
はーちゃんは最初『いいの!』って言っちゃったけど、
Aちゃんに「どろぼうにとられちゃうんだよ」と言われたら、あっさりカバンの中へ。
もし、私が口出してたら、いいの!とずっと入れなかったと思うけど。
ナカナカいいコンビだな、と。
お家で遊ぶ時もなるべく私は口出さずにいよう、と思う母でした。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ