就学活動 中学校編 学区の支援級見学 

さて、小6の6月。こちらから中学校の支援級の見学を申し出た。
同じ小学校だった先輩ママさんに聞いたら、小学校支援級在籍の場合、
特総に行かずとも中学の支援級に進むことになる。
自分から何もしなければ何もしないまま進学。
ただ、例年このあたりの学区の中学は2月頃に希望者は授業が体験できるとのこと。
うちの場合、制服から体操着への着替えも時間がかかるし(シャツの小さいボタンを早く扱えないから)
体育館ばきの紐も蝶々結びできないし。
早めの時期にそういう事を中学の先生に伝えて、
色々と支援が必要な事を把握しておいてもらおうと。

先輩ママさんから、学校によっては直接保護者が連絡するより、
小学校の先生を通してほしい所もあると聞いたので
小学校の先生に、まず見学に行きたい事を伝えて中学に連絡を取ってもらった。
そしたら学区の中学も小学校を通してほしいとの事だった。
向こうに希望日を数日出してもらうと、はーちゃんの代休の日がたまたまあり。
本人も連れて行っていいか聞くと、授業を体験させてくれるとのこと。
その日ははーちゃんも居るので、面談は別の日の放課後にしてもらった。

で、当日。
生徒さん達、歓迎ムードでいい感じ。
最初の時間は美術。この日は大人の塗り絵。
みな教室の色鉛筆を使うようで、1人の先輩が自らはーちゃんにも持ってきてくれた(^_^)
結構細かいが、先生からはーちゃんにも
はみ出さないよう ちょいちょい注意が。
初めての場所で初めての人に注意されて、最初は無視!無視!
先生も静かに でも結構諦めず注意して、
段々はみ出さないで塗るようになったようで、
後で見たら思ったより綺麗に塗れてた。

休み時間に、小学校で仲良くしてた一個上の女の子が交流から戻ってきて
2人で再会を喜びあう(^_^)
冷蔵庫に麦茶が入ってて、飲んでいいらしく。
「はーちゃん、麦茶飲もうよ」と入れてくれて
2人で飲みながら楽しくお話し。いい感じ!

次の時間は国語。全員で形容詞のお勉強。
といっても、五味太郎のことば絵本をコピーしたものが教材で、
今日は最後に「い」のつく形容詞。
あつい、さむい、美味い、不味い、大きい、小さい等々。
一通り勉強すると、学年でチームに分かれてゲームを。
1人ずつ黒板に いのつく形容詞を交代で書いて行って
1分間で多く書けたチームの勝ち。
この日は校外学習で居ない学年が居て、2チーム対抗。
はーちゃんは1年生チームに入る。
え?できるかな?と思ったけど、全然やってた!
結構急いで書いてたけど、最後3回目の順番が回ってきてネタ切れで せんせい
と適当に い のつくものを書いてたのが面白かった。

そんなこんなで、体験は結構楽しく終了。
はーちゃんも、仲良くしてた友達もいたし、
先輩達にも歓迎してもらったしで、「楽しかったよ」と。

で、次の日の放課後に今度は先生達とお話し。

シャツのボタンは 早く止め外し出来ない。
ポロシャツで行ってる人も居るって前に聞いた事あったので、
ポロシャツでもいいか聞くと、
着替あの時間は余裕を持って取ってるし、
練習になるからシャツを着て来ていいですよ、と。
体育館履きも蝶々結び出来ないので、
紐をゴムのものに変えた方がいいか聞くと、
今も結べない子も居るので、練習するから紐でいい。
と、できるように練習してくれるって事で、いい感じ。

その後、勉強について数学は個別学習か聞くと
2つのクラスに分かれていて、下のクラスで掛け算だと。
1桁の足し算しか出来ない、と伝えると
2人いるうちの若い先生が「えっ」と小さく驚く。
驚かれた事に驚いてると、すかさずもう1人の先生が
「個別にプリント出しますから!」と。
え〜、驚くかなぁ。っていうのと
個別にプリント出してくれたとしても、
皆が掛け算やってる隅っこで1人プリント。だとすると
精神的にどうなのか…
来年も同じくらいの子が入らなかったら、どうなるのか。と少し不安に。

その後先生から、高校はみんな電車で通うので
電車に乗る練習、してくださいね。とお話が。
まあ言われる前からやってますけど。と思ったけど勿論そうは言わず、
そうですよね、練習はしてます。と答えといた。

はーちゃんが楽しく参加してたのは よかったけど、
同じくらいの子がいない訳だから、実際入ってどんな事をして過ごすのか?
勉強もどの程度どのように見てもらえるのか?
分からないのが、私的には少し不安な感じなのだった。






スポンサーサイト

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ