スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのOT 

今日は待ちに待った、初めてのOT!

事前に電話で先生から「お母さんの気になることはなんですか?」と聞かれ、
すぐ思いついたのがお着替えだったので、とりあえずお着替えの様子を見て貰うことに。

まず脱ぐ時。
全部はまだ無理なので、片手を抜いて洋服を首のところまでたくし上げておく。
とはるちんそこから自分で洋服を持って首を抜き、残った手も抜く。
ズボンもモモのあたりまで下げておくと、後は自分から座ってズボンを抑えつつ脚を抜く
OTの先生には「この方法で良いですよ。お母さんの関わり方が上手ですね」
といってもらったが、この方法は実はポーテージでの指導によるもの。
でも以前、療育センターで他の指導を受けている事を嫌がる先生もいる
と聞いていたので、ポーテージの事は言わず、「そ~ですかぁ?」なんてとぼけといた。

で、次は着る時。
私が洋服を頭に通し、服の端を持って「お手手通してね」と言うと、はるちんは手を袖に入れる。
最近は一連の流れとして覚えたらしく、言わなくても手を袖に通す。
ズボンははきやすいものを持って行って、自分ではかせた。
最後、ズボンを上げる時に前を持って、前しか上げない。

先生によると、着る時もこれで大体良いけど、さらに
上着→私がまず裾と首のところをクシュクシュとたぐってわっかを作る
私の手と一緒にはるちんの両手にそのわっかの両端を持たせて首をくぐらせる。
袖を通す時も、通す側の裾をはるちんの手で持たせる(私も介助で一緒に持つ)
そうやって、自分で手を入れる空間を作る事を学ばせる。
ズボン→上げる時前を上げ終わったら、私の手を沿えはるちんの手で後ろを上げさせる。
という感じで介助していけば、そのうち学んで介助しないで自分でやりますよ。って事でした。

後は、たまたまセンターの隣のおもちゃ図書館で借りたおもちゃを返そうと持って来ていたので
おもちゃで遊ぶところを診ましょう。とういことに。
今回借りてたのはパズルボックスアニマルパズル。

パズルボックスは、まだまだ全部は出来ないんだけど
単純な形(六角形くらいまで)なら自分で同じ形の穴を探して入れる。
先生ははるちんに入れる方のピースを渡し
同じ形の穴と隣の穴とを見せて「どっちかな?」と言って選ばせる。
とういのを何度かやって、大体出来てたので
「出来てますね。形が認識できてるし、今遊ぶのにちょうどいいと思いますよ」ってことでした。

アニマルパズルの方は、家で私が見てる時はピース同士を打ち合わせたりして
パズルとしてはあんまり遊んでなかったので、出来ないのかと思っていたら
すべてのピースをその形のところに嵌めていた。なんだぁ、できるのか!
こちらも今調度いいかも。ってことでした。

その他にも何か生活で困ってる事、聞きたい事ありますか?
と言われたのだが、ぱっとは浮かばない。
でもまあ、食事の食べ方も診れるというので、次回は食べ方を診てもらう事に。
いつも使っている食器と食べ物を持参するよう言われた。

何か困ってる事・・・と言われても、ぱっと浮かばず。
だいたいOTがどういうことやるのかもよく分かってないかも。
なんてことをPTの先生に雑談として話したら、PTの先生が
「OTは身辺自立の事全般、食事のスプーンフォークの使い方、箸の使い方とかもそうだけど
たとえば片付けや洋服を畳むやり方とかも指導するんですよ」なんて教えてくれた。
へえ~、片付け方かぁ。色々教えてくれるんだ!とはじめて知り。
OTの時に、まず最初にOTがどういうものか聞けばよかったな。と後悔。

というか、「何か困ってこと」とか聞く前に、説明してくれてもいいんじゃないのか?とも思う。
先生自体は当たり前すぎて、こちらが知らない事にも気づいてないのかもな。

後日、はるちんより1歳年上のダウン症先輩ママさんにOTの事を聞いたら、
こちらから質問すれば色々教えてくれるけど、聞かないとすぐ終わっちゃう。
なんて事も聞いた。
前にはるちんと同じ年の子が受けたら、
今の段階ではまあ出来てるし、とりあえず終了にしてまた何かあったら聞いてください。
って感じで3回くらい受けて終了になった。なんて話も聞いてて。

あまり熱心に指導しよう!と言う先生ではないらしい。
これまで受けていたPTの先生が、熱心な先生ばかりで
最初の先生はPT以外でも、太らせないように甘い飲み物ではなくお茶をのませるよう、とか
アセモは一日に何度かシャワーして清潔にしてあげればいいよ、とか
今はこのオモチャで遊ばせるといいよ、なんて色々教えてくれたり
次の先生も、食事の時にかっ込まないように介助して調節してあげてね、とか
洋服を着せてるのを見てて、そろそろ自分で袖を通させてみれば。とか
色々指導してくれたりする人ばかりだったりで
なんとなくそういうのが当たり前と思っていたと言うか。

受身でいても向こうから指導してくれると思っていたのだけど
ああ、そうじゃないんだな。と言う事を知った。
今回の先生もちょっと熱意に欠けるのもあるとは思うけど、
今までの先生が、親切っていうか、熱意があったんだな。って言う事に気づいた。

だって、仕事としてはPTのことをやっていればいいわけだけど、
経験からいろんな事に気づいて、子供たちの事を思って言ってくれてたんだなぁ、と。
なんか今まで何も感じてなかったけど、あの先生達はとても気持ちのある人達だったんだね。
なんだか感謝の気持ちが足りなかったな。と後悔したのでした。

特に前の先生はハイハイに向けて熱く指導してくれたりしたのに
転勤する時、突然、次回は違う先生だよ。って感じで言われて
あまりにビックリし過ぎてお礼もろくに言えずにお別れになっちゃったんだよね。
前からちょっと心残りだったのだけど、やっぱりお手紙書いてみようかな。
と思った私でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/177-3f1e7698

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ