スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

療育センターの定期健診 

今日は療育センターの主治医の診察の日。
パパもお休みだったので、一緒に行きました。


診察室ではるちんをオムツいっちょにして
先生が手と足を持って横に吊るしたり、逆さにしたり
色々して診察。

まずは、体の発達具合から。

はるちん、足の発達はなかなか良い。足だけで言えば立てるくらいの筋力がある。

反して手が弱い。手で支えきれないからハイハイできないのだろう。

そして腹筋も弱い。
腹筋と腰が弱いので、足はしっかりしてるけど上半身を支えられず立てないのだろう。

ということでした。
ず~~~~~~っと言われている腹筋の弱さをやっぱり言われました。
いつかは筋肉付くのかな?逆に言われなくなった時はビックリしちゃうかも!?

で、手を強化するために手押し車(足を持ってあげて手だけでハイハイさせる)
を再び日に何度かするように言われた。

お座りがしっかりしてきたので、いざる事を覚えてハイハイしなくなるのが怖いから
手押し車で手の筋力を強化してハイハイさせよう!ってことだった。

今の所いざる気配は全く無いけど・・・ある日突然覚えちゃったりするのかもなぁ。
こう言われると、ハイハイして欲しいなぁ。と思っちゃうね。


お次は知能面。

何かをする時に、2語文で語り掛けながらするように。
例えばご飯を食べる時には「まんまを食べようね」
オムツを替える時には「オムツを替えようね」というように。
2語文で語りかけるのが大切だそう。

お、なんか「語りかけ育児」みたいだなぁ。
妊娠中に買ったんだよね、語り掛け育児の本「語りかけ」育児仕舞い込んでるけど読んでみようかな?

あと先生に、ママが指差したらそっちの方を見る?と聞かれたのだが
そんなことは意識したことが無かったので、「できないかもしれないです」と答えたのだが、
その場でやってみたら、何度か「ほらあれ!」と言いながら指差すとそっちを見ていた。

なので、はるちんが対象物を認識して指差しするようなるように、
ママが何か物を指差して、「あれ見てごらん」と促すようにと。

はるちんの発達ぶりは健常児で言うと7ヶ月位なのだが、先生曰く
「10ヶ月児は対象物を認識して指差しできるので、何とかそこまで持って行きたいのよ~。」
ってことだった。

なるほどね~。そんな事言われなかったら全然やらなかったろうな。
なんか、今日は言語療育っぽいこと指導されて、新鮮。
はるちんもそういうところを意識するまで成長したんだねぇ。

はるちん最近、1本指立てるようになってたけど
こういうのも発達の過程の一つなんだね。ナンか不思議。
猿とかチンパンジーとかも1本指立てたりするのかな?


最後に療育手帳のことを質問してみた。
先輩ダウンママに1才3ヶ月くらいで、センターで発達検査してもらって申請した。
って聞いていたので。

そしたら、はるちんは1才6ヶ月くらいで検査するのが良いかと思っているのだそうで。
次回の診察が調度1歳6ヶ月くらいなので、その時に発達検査のオーダーを出してもらうことに。

もう申請する気満々だったので、ちょっと出鼻くじかれだけど、まぁ3ヶ月なんてあっという間かな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/18-60e60ed2

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ