ワーカーさんの幼稚園訪問 

今日は療育センターのソーシャルワーカーさんに幼稚園に来てもらって
園でのはるちんの様子を見てもらった。

去年通っていたセンターのグループ療育での面談の時に、担当の方が
ワーカーが幼稚園に訪問したりも出来るので、何かあったら言ってください。と言っていたのを思い出し、電話してみたのだった。

園に通いだした当初、初めての集団生活に私自身、何だかとにかく不安な気持ちに駆られていた。
周りで幼稚園に通っているダウン症の子の話を聞くと、
園に入る前に個別に面接などして、その子の状態を話したりする機会があるものなのだが
はるちんはそういうのが全然なくて。
通いだしてからも先生から何かを聞かれる事もないし。
自分で出来る事はなるべく自分でやらせて欲しい。って希望があったのだけど
何も聞いてこない園に対し、こちらから一方的に希望を伝え、
接し方についての方針などを言って迷惑がられないか?とか考えてしまったり。

先生はお迎えのたびに、その日の様子を少し報告してくれるけど
どんな風に対応してくれているのか、等がすごく不安になってしまった。
調度ひよこで就園の勉強会をして、先輩ママさんの話を聞いたら
幼稚園でも自分からお願いして連絡ノートを作ったとか。
頼むなら早い方がいいかもよ。なんて言われたりもして。
でもそういう人たちみんな、加配が1対1で着いている。
加配が着いていないのは承知の上で、雰囲気が気に入って入れた園。
周りのママさんもみんな、もっと園での様子が知りたいと言っているし。
障害児だからと言ってノートを作ってもらうのはワガママ?と思ったり。

とにかく、ワーカーさんに園での様子、先生の対応を見てもらって
専門家から見た意見が聞きたかった。

センターに電話したのは6月中旬位で。
その後、噛んじゃった事件での先生とお話したり。
気付いたら、園児から「赤ちゃん」と呼ばれることも無くなっていて、
きっと先生たちが何かお話してくれたんだろうと思ったり。
色々と配慮してくれているのが感じられるようになってきて。
はるちんの様子から、楽しく通えているのも伝わってくるし
今はそれが一番かな。アットホームな雰囲気が好きで
手先の事をじっくり教えてくれる園より、自分でこちらを選んだのだし。
初心を忘れていたのかもしれない。
伸び伸び過ごせるのが一番だぁ!と少し私の考えも落ち着いてきた所だった。

で、園に訪問したワーカーさんの話では、
はるちん自身、かなりクラスに馴染んでいるし
みんなで話を聞く時は、歩き回ったりせず、みんなと座って聞いていたし
はるちんがお友達をタッチ!タッチ!と順番に触っていた時も
「なに?この子」って感じは少しも無く、みんな普通に受け入れていて
いい傾向だ、とのこと。
私が心配していた、お友達を引っ掻いたり押したりも、全然していないそうで。

先生も今困っている事もないとのお話だったし、
園長先生も副園長先生もはるちゃんの成長を楽しみにしている。ってお話していたし
園生活は順調で問題ないと思いますよ。との報告だった。

一応、先生とどうやってコミュニケーションをとったらいいか、相談したら
直接聞いてみたらどうか。
ここはちゃんと聞きたいって所があるなら、そこに絞って話を聞くとか。とのアドバイスを貰った。

私自身、先生の負担になるべくならないようにもするべきだと思うし
色々見ていて、朝、みんなが登園してくるより早めに行って
そのときのお話を聞くのが一番いいんじゃないかと思い。
園は8時20分頃から空いているそうなので、週に1度、8時半位に行ってみようかと思っている。
何となく恒例にしてしまえば、先生もそのつもりでお話してくれそうだし。

あ、先生もあの噛んじゃった事件で私が言い聞かせて以降は
引っ掻いたり、たたいたりは全然無くなりましたよ。といっていた。
私の思いが通じたかな。
母は、その場で男の子に謝ったり、翌日お母さんに謝りに行ったり
そういう親の態度を子供はちゃんと見て感じているんだよ。といっていた。
うん、そういうのあるかも。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/211-331a8611

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ