スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふと立ち止まって。 

実は運動会の後、母は幼稚園に入れたことについて、考えてしまった。
本当にこれでよかったのかな?と。


園では年上の子も同じ年の子も、かわいがってくれて、よく話しかけてくる。
でも入園当初、はるちんの方が「近づかないで!」って感じで
軽く押したり、引っ掻いたりしていた。
その後、押したり引っ掻いたりは落ち着いたものの、
園庭で遊ぶ姿など見ていると、はるちんの方がお友達の中に入ろうとしていない感じ。

ひよこでは同年代のお友達と抱き合ったりつっつき合ったりしてたので、
自分より体も大きく、勢いよく走る、まるで年上のような園のお友達とは
はるちん自身も一緒に遊ぶ気がしないんだろうか?
なんて考えていたりした。


そんな中、運動会を迎え。
大好きなお遊戯は積極的に体を動かし参加していたものの、
綱引き・玉入れ・徒競走は興味も示さず、先生に付添われてその場に居るだけ。

当日は良く晴れた日で、日差しも強く。
ちょっと疲れたみたいで、お昼前の綱引きに出る直前に、うとうとしだしたはるちん。
無理に起こすことも無いだろうと、母も先生も思い、一旦は家族席で寝かせたのだが
移動したことで、目を覚ましてしまった。
その姿を見て、目を覚ましたのだから、みなと同じように参加した方がいいか!
と私が思ってしまい、入場門に連れて行き、何とか参加したのだった。

でも後から考えてみれば、
強い日差しの中、場の雰囲気にも緊張もしただろうし、疲れていたに違いない。
あそこは無理に参加させず、目を覚ましても休ませるべきだったな。と思った。
運動会の前までは、「みんなと同じ」にこだわらず、無理せずに。と思っていたのに
当日、とっさに「みんなと同じ」ように参加させたい。と思ってしまった自分。
頭では分かっていても、マダマダそこにこだわる自分が居るんだな。と
なんというか、「〝フツーと違う。″って事が自分の中で普通になる」ってのが
マダマダ難しいんだな。ということを実感したり。

そう考えると、綱引き・玉入れは、本人理解していないし、出たいという気持ちも無い。
実際にただボーっと立っていただけだし、参加する意味があったのかな?
なんて考えてしまった。
園の先生方は、親が付添うのではなく、先生が付添って参加する。
ということに意味を感じて、そうしてくれたのだとは思うのだけど
私の中でそれでよかったのかが、よく分からなくなってしまった。
例えば、できなくてもはるちん自身が参加したい気持ちがあれば
また別なんだろうけど。

なんてところから、
例えば2歳の子供を幼稚園の年少さんの中に入れるなんて、誰も考えやしないのに
こうやって同じ年の子の中に入れることは、
はるちんに無理をさせているのではないだろうか?
本当にこれで良かったのだろうか?
はるちんの通ってるセンターでは、はるかと同程度の知的障害児は
通園にクラスもなく、通うことはできないのだけど、
同等の子供たちと過ごしたほうが、本人も楽しくて良いんじゃないか?
例えば無認可の保育園で2歳児クラスに入れてもらう
なんて選択肢もあるんじゃないか?
とぐるぐる考えがめぐってしまった。


その後、別のことで療育センターのソーシャルワーカーさんに電話相談したときに
療育センターでは幼稚園に入ることを勧めていたので、
この子にとっていいと思うから勧めるのか?ということを聞いてみた。

ワーカーさんの返答は
やはり3歳くらいになったら集団生活を送るのが望ましいし
はるちんを見ていて、幼稚園でやっていけると思ったから。というもの。

私の中で一番引っかかっていたのは、はるちんがお友達と遊ぼうとしないこと。
そのことを言ってみると
大人や先生ははるちんのことを理解して、気持ちを汲んで接してくれるけど
3・4歳児はまだ子供だから、相手の気持ちを汲んだりできないところが
はるちんにとって嫌なんじゃないかな?と。

これを聞いて、あ、なるほど~!と思った。
それではるちん、先生が好きなんだな~、って。

ワーカーさんにも、本人が楽しんで行っているなら、それが一番だし
問題は無いんじゃないか。と言われ
確かに、幼稚園に行くのを嫌がったことはないし
毎日楽しく過ごせているんだから、今はそんなに心配することも無いんだな。
と少し落ち着いたのでした。

幼稚園に入れるに際して、ひよこでも卒園生はみんな幼稚園が保育園に通っているし
なんかそれが当たり前だと思って、疑問を感じたことも無く。
よく考えもしなかったので、いまさらこんなことを思ってしまったんだろう。


最近は、お友達と何かやり取りしている時もあったり。
自分から年長さんのMちゃんのところに行ってみたり。
すこしずつだけど、関わりを持とうというところが出てきて
やっぱり、これで良かったんだろうな。
と感じてきている母でした。

でもね、療育センターの通園施設に幼稚園と並行して通園できる環境があったら
そうしてた。
同じ市でも違うセンターではそうやって週3幼稚園・週2通園してる人も居る。
それが今でも理想的だとは思うんだけどね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/227-ae06ac0d

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。