スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校見学 第2弾 

10月末の1週間ほど。市立学校で 学校公開週間があり
期間中はいつでも授業も見学できるというので
隣の学区の小学校を見に行きました。

多分そんなに人も来てないだろうし、のんちゃんは連れて行けない。
なのでチャンスはのんちゃんが保育園に行く1日だけ。
学校公開週間に関するHPを見てみたら、
特別支援学校(旧養護学校)も公開してたので そっちも見てみたい!
と思ったけど、それはのんちゃんが幼稚園に入ってからよね。と諦め。

前に学区の小学校に行った時は、授業参観日だったのでフツーの学校生活は見れなかったし
本当は学区の小学校と隣の学区の小学校と 2つ見たかったけど
のんちゃんが保育園の日も午後予定があったので、今回は隣の学区の小学校だけに。

事前に電話をしてみると、公開週間期間中はいつでも来ていい。とのこと。
少し休み時間の様子も見たいな。と思ったので、3時間目のはじまる10分前に着くように行った。
まず、職員室で入校証を貰うんだけど、
一応、最近小学校も安全性に配慮してるんだろうし
入り口で住所とか書いたりするのかな~。と思っていたんだけど、何もなし。
入校証を渡してくれたオジサン先生に「自由に見ていいんですか?」と尋ねたら
「いいですよ~。自由にどこでもどーぞ!」だって。
なんか、ゆるくない?まあ女だからってのもあったんだろうけどさ。
私がテロリストだったらどうするんだよ?と
連ドラ ブラッディ・マンデイを見ている私は思ったのでした。はは。
とりあえず個別支援級の場所を聞いて、移動。

個別支援級は1年生の教室の隣にあり。
廊下ですれ違う子供達に「誰のお母さん?」と聞かれまくりの私。
「誰のお母さんでもないの。近くに住んでるから見に来たの。」と答えておく。
支援級には数人男の子がいて、ここでも「だれ?」「だれ?」と聞かれまくり。
ロッカーの名札で人数を確認したら 12人も居た!!

前に学区の小学校の支援級が10人居て、思ってたより多くてびっくりしたんだけど
ここは全校生徒数が学区の小学校の半分だから
支援級の人数も当然少ないんだろうと思い込んでいたので、よりビックリ!
12人全員の集合写真が教室に貼ってあったのだけど
見たとこダウン症の子はいないよう。

そのうち先生が来て、こども達も集まりだして席につき。
でもその時間は、こどもは8人。3人居る先生も2人(先生は2人とも若めの男の人)。
そのうち1人は 次の時間家庭科だよ。と先生に言われ、一人で移動。
もう一人も 体育だよ。と言われ、やっぱり一人で移動。
残り6人のうち 3人が一人の先生に連れられて隣のもう一つの支援級の教室へ。

そんなこんなで、授業開始。
職員室でやり取りを見ていたか、
「今日は授業を見学している人が居ますが、普通に授業をします」と一言。
こっちの教室はどうやら図工の時間らしく、
一人は自分の写真を写生。一人は粘土で動物作り。
一人は先生から「先生の机の上に写真が沢山載ってる紙があるので取ってきてください」と指示が出され 自分で探して、自分の席へ。
先生一人で3人見るので、一人を見ているときに、他の子が質問したり
それに答えるのに席を立ったり、結構忙しそうだった。

しかしみんな、先生と会話してるし、
私から見ると、ってか はるちんと比べると?しっかりして見えた。

先生が、「隣もごらんになってみてください」と言うので、
なんとなく、言われるがまま 隣の教室へ。
こっちは何の授業なのか全く分からなかったけど、
なぜがみんなで 英語の童謡を歌ってて。
私が入っていってすぐ、先生が「あ、CDを1組に貸したままでした。みんなで取りに行きましょう」と生徒を連れて廊下へ。
なんか1年1組にCDを返してもらいに行く。っていうのも授業の一環だったみたいで面白かった。
1年生も教室が傍にあるからか みんなに慣れていて、何人かは支援級の子とお話していた。

ここで25分くらい経っちゃったので、
今回は学校全体の雰囲気も見ておきたかったから、支援級を後にし
全学年見てまわってみることにした。

だいたい全学年、ちゃんと席に着いて授業受けてたし
ぱっと見た感じ、荒れてる雰囲気も感じられず。
まあその中でも、ちょっとダレちゃってるクラスとか
先生がハキハキやってて、生徒も集中してるクラスとかあったけど。

理科の実習かなんかで 廊下に出ている子たちも居て
ここでもまた「誰のお母さん?」と聞かれまくり。
子供って、結構他人に興味があるものなんだね。
人に興味があるって、防犯の上でもいい事だよね。
やっぱり大人につれ、いつからか人に興味がなくなってしまうのかしらね。
まあ、ママさん達も不審者には敏感だから、
仕事ととかで忙しく追われてると って事なのかもね。

しかし、フツーの日の授業が見れたのは、とっても良かった。
まあこちらの支援級も人数多かったし
やっぱり はるちんは学区の小学校だな!と思ったので
来年、就学活動する時 学区の小学校のフツーの授業見てみなきゃな。
と思った私でした。

学区の小学校は 幼稚園ではるちんが仲良くしてる子も一緒だし
幼馴染も一緒だし、障害児サークルで一緒の子も1学年上にいるし
なにより歩いて4分だし。
いいこと いっぱいだもんね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/243-a5cece55

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ