学区の小学校へ 

5月だったかな。
学区の小学校が授業参観日に一般解放もしている
とういので、家族全員で行って来ました。
いや、預ける所があれば、チビ2人は預けたかったけどね。

就学は再来年度になるので、まだ見学に行こう という気は無かったのだけど
障害児サークルで一緒で 上の子がその小学校に行っている近所のお友達が
たまたま教えてくれたので、急遽行ってみる事に。

当日、下駄箱のところで そのお友達にばったり会ったので
くっついて行って 上の子がいる 2年生のクラスをまずは見学。
教室の中は、親御さんを意識した生徒さんの浮き足立った!?雰囲気で
なんとなく盛り上がってました。

ここで、はるちんと同じ幼稚園で、仲良しさんのHちゃんと遭遇。
Hちゃんのお姉ちゃんも2年生で、このくらすだったみたい。
「あ!はるちゃんだ~!」とやって来て、はるちんも嬉しそう。
でも、一緒に居たお母さんは「あれ?なんで??」と 少しオドロキ顔。
そうか、当たり前に学区の小学校に上がる普通の子なら
年中さんの時に見学なんて来ないもんね。
とか思いつつ、「はるちんの通う学校だから見に来たよ」なんて言い
お次は1年生の教室へ。

1年生の教室は、2年生とは全然違う雰囲気。
もうなんかね、みんな疲れてる。っていうか。
見に行った時が、2時間目の終わりの方だったんだけど
みんな机に座っている事がちょっと苦痛なんです。的な様子。

私自身、感じてたんだけど
小学校って幼稚園と全然雰囲気が違うの。
幼稚園は なんだかんだ 遊びが中心な感じだけど
小学校は本当に勉強をする場所。とうい感じ。
自分も小学校には通った訳だけど、全然忘れてるもんだね。
校舎も殺伐としているし。

小学校に入って、急にずっとイスに座って授業。
となったら、そりゃあ最初はキツイだろうなぁ。と思ったわけです。
見に行ったのも入学から2ヶ月足らずの5月だったしね。

でも2年生になったら、みんなちゃんとノート広げて
シャキッとした感じで授業受けているんだよね。
なんか、考えたら何時間も机に座ってお勉強するって
凄いこと自分もしていたんだな。なんて気分になってしまいました。

いや、しかし はるちんも1年生になったら最初キツそうだなぁ。


そして次は 支援級へ。
行った時は2時間目の最後の最後の方。
20分休みを挟んで3時間目になるんだけど
まあ20分待てばいいし。と思って教室へ行ってみたら
今日は授業参観のための特別授業を1・2時間目でやって
3時間目はほとんどの子が交流級へ行くことになっていた。
2時間目も最後に行ったので、もう終了し、机を並び替えてるところで全く見れず。

でも、支援級の人数が10人と 思っていたより多くてビックリ。
後でお友達に聞いた話だと
実際は学年で2クラスに分かれているとか。
先生は10人を3人でみているらしい。

20分休みには、2つある支援級の教室のうちの1つに
小さいトランポリンや、マットが出され
普通級の子達が遊びに来ていた。
パソコンも置いてあって、ひたすら触っている子も。

私が小学生の頃は、支援級ってみんながあまり行かない
校舎の端っこにあったと思ったけど
ここは、下駄箱のすぐ隣にあって、人通りの多い場所。
こうやって休み時間にいろんな子が来るよう
セッティングされているのは いいなぁ と思った。

チビ2人を教室で遊ばせていたら、
なんと 去年 年長さんではるちんが沢山お世話になった
大好きなMちゃんが「はるちゃん!」って声をかけてきた!
「見に来たの?やっぱりはるちゃん、このクラスなんだ。」って。
Mちゃん、次の時間 外で体育だったようで
下駄箱に行く途中で、ここの教室覗いたのかな?

今まで あんまり考えた事なかったけど
Mちゃんも もう1年生だし はるちんは支援級 って理解してたんだなぁ。
その上で「はるちんが小学校に来るの待ってるよ。」って言ってくれてるんだなぁ。
とちょっと嬉しく感じた母でした。

今日は支援級の授業は見れなかったけど
1度見学に行ったことで、もっと見てみたくなった私。
わが市は 秋に 学校公開週間があるので
その時は またここと 隣の学区の小学校(といっても徒歩10分)も見てみよう!
と決めたのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/244-89bd7c5f

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ