スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩く 

はるちんは車以外の移動時、のんちゃんを乗せてるベビーカーに取り付ける 上の子が乗るステップに乗せる事がほとんどだった。
もうだいぶ歩けるようになったし、体力もそこそこ付いてきたけど
ベビーカーを押しながら、手を繋ぐのを嫌がるはるちんを歩かせるのは
歩道の無い細い道ばかりの我が町では、危険だったのもあり。

幼稚園への道のりは、万が一園を抜け出して一人で
家に向かった時に、少しでも安全な道を通れるよう
車があまり通らない道を選んで通っているので、安全は安全なんだけど
歩かせると、途中立ち止まって遊んでばかりで
大人で15分弱の道のりに1時間~1時間半かかったり で
私が疲れてしまうので、ついつい乗せてしまったり。

それが、去年の11月だったかな?
ステップの柄のところがポッキリ折れてしまった。
私の扱いがちょっと悪かったんだけど。

それで、新しいのを買うのもどうなんだろう?
そろそろ歩けよ。って何かの啓示かい?とか思ったりして。
とりあえず園への行き帰りに歩かせてみることにした。

習慣を崩す事を好まない はるちん。
初日はステップが無い事を少し嫌がり。
歩もあまり進まず、40分位かけて園に到着。
でもね、毎日毎日通っている道。
道順はちゃんと覚えてて、自分で次こっちだよね。って感じで
道順を指差したりしながら歩いてた。

その後すぐ、近所のお友達が使わなくなったステップをくれたので
やっぱり急いでいる時や、どうしても危ない時は使ってるんだけど
はるちんも、数日歩いてみたことで、歩きたい。という気持ちが出てきたようなので
本人が歩きたい!と言った時は、なるべく歩かせるようになった。


以前から子供と一緒の時は、横断歩道のある道では
どんなに車が来なくても 横断歩道じゃないところは渡らないようにしたり
信号つきのところなら、どんなに車が来なくても赤では渡らない とか
踏み切りも音が鳴ったら絶対渡らない とか
判断力の低い子供でもなるべく安全に歩けるように
赤ちゃんの頃からやっていたのだけど
歩かせてみると さらに
車通りの少ない道を横切る時でも
「右見て左見て、車来ないから渡ろうね」とか
教えてあげることは まだまだ あったり。

いつも通ってる道でも
道端に生えてる木に近寄って行ったりする姿を見て
はるちんが興味あるものが 分かったり。

車が来ると、自分から端っこに行ったりする姿が見れたり。

何度か歩くうちに、前は絶対に嫌がって背負わなかったリュックも
自分で背負って 家から園まで歩いてくれたり。

ちょっとした成長が見られ、いろいろな発見もあり、
まだまだ教えていかなきゃいけないことも分かり
小学校入学に向けて、年長に上がる今、
こういうことが分かって調度良かったなぁ。
とステップが折れた事に 少し感謝する母でした。

やっぱり歩かせる って大事だね。
日々の生活の中で出来る当たり前のこと。
時間に余裕を持たせて、できることはやっていかないと。
とも感じた母でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/248-786fb715

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ