スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就学活動 その1 学区の校長先生との面談 

全然書いてなかったけど、就学活動、普通にしていました。

6月2週目終わりくらいにやっと学区の校長先生に電話。
さっさとかければよかったんだけど、昼間になると生活に追われ何か忘れちゃったりして
希望が学区の支援級で 普通の流れで入れる所だったので油断してたのもある。
で、はるかも一緒に行きたかったので、水曜日で都合の良い日を選んだら面談は7月に。

現在の校長先生は今年度から赴任してきた女の先生
と事前に同じサークルのママさんから聞いていた。
電話で個別支援級希望で面談したい旨伝えると、
「ああ、はい。いつがいいですか?」「何か聞きたいことありますか?」「では当日に!」
と、何か軽い感じ。
ん?ちゃんと話し通じているよね?と少し不安に。

個別支援級で心も固まっていたし、
教育委員会的にも異論ナシな選択なはずだしで
パパは来ても来なくてもいいよ。という感じで声をかけたら
一緒に行くというので、家族4人で行ってきました。
のんちゃんも通う学校だし、保育園には預けず、敢えて一緒に。

当日学校に行くと、玄関にたまたま先客を送りに来た校長先生が居ました。
はーちゃんは上履きを幼稚園の上履き袋に入れて持参した。
いつも園でしているように自分で袋から出して自分で履きたがったので
時間はかかるのを承知でやらせてみる。
校長先生にどんなペースでできるのか見てもらってもいいかな、とも思い。
校長先生も待って見守ってくれる雰囲気だったので最後まで自分でやらせた。

校長室への道すがら 校長先生は
「小学校はまず規則を守ることができないと・・・」と。
校長室は2階なので階段を上がるのだが
はるちんに「右がわを通ってね」と声をかけていた。
この時 はるちんに“右・左”はまだちゃんと教えてなかったので
はるちん理解せず。校長先生に促され右側へ行って手すりを持ち 上がる。

校長室では家族四人で並んでソファに座り。
そういえば 冷たい麦茶を4人分出してくれたのが ちょっと面白かった。
支援級希望の旨を伝えると
校長先生、まず特別支援教育相談センターに行って欲しいと。
私としては行かなくても済むなら行かなくていいかな。
と思っていて 予約もしてなかったんだけど
やっぱり行くように言われちゃった。
でもまあ、考えてみれば 校長先生も素人だし、そりゃ参考になる資料が欲しいよね。
支援級の先生的にもそうだったりするのかも知れないし。
と後から思った。

市に一つしかない施設なので この時期は混むらしく
今から予約したら11月くらいになりそうな噂は聞いていたので
やっぱり5月に予約申し込みだけはして、
必要なければキャンセルすればよかったかな?と
ちょっとだけ後悔。

で、校長先生は職員室へセンターの資料を取りに。
その時、「一緒に行く?」とはるチンとノンちゃんを誘って
校長先生を真ん中に3人で手を繋いで職員室へ。
こういうところは多分、男の先生だったら有り得ないんだろうな。
ちょっとイイ感じ。

その後は 1年生の教室を見せてくれたり
支援級をちょっとだけ見学に行ったりもして。
交流級(支援級の子が席を置く普通級。朝の会や給食、できる教科はそっちで過ごす子も)
へはどれくらい参加できるのか。というのを軽く聞いたら
給食は配膳ができないと行けないし、
他の教科も自分で教室まで行けなければ駄目。との返事。
実際には 今現在1年生で交流級へ行っている子は
クラスのお友達が支援級まで迎えに来てくれてる
という話をサークルのママさんから聞いていたんだけど。
なんとなく、校長先生も牽制していて、
そんなに気軽にできないんだから。と言いたげな感じだった。
まあでも実際のところは支援級の先生とのお話よね。と思い
そこは私もあまり突っ込まず終了。

その後また校長室へ戻ってお話したんだけど
全然話す事など考えずに来てしまった私
今回はパパが色々とお話してくれて、ちょっと感心したり。
でも何を話していたかは もう覚えてない

なんか話の端々に「小学校は規則の中で活動するから・・・」とか
どうやら ちゃんと 躾してくれてないと困るのよね。的な事が言いたいよう。
でも 知的障害児だからと何もできなくても仕方が無い
と思われがちな気がするのに
ちゃんと躾してれば できるはず。と思ってくれてるのかな
と感じ、私的には好感触だった。

で、まぁ センターに行って、結果がでたらまた面談するよう言われ
ひとまず今回は終了。

最後はまた 下駄箱まで送ってくれて
さよならの時には「はるちゃん来年通うんだよね」なんて言ってくれたりも。

私はノンちゃんについて 先を歩いていたんだけど
パパの話だと「あ!○○幼稚園の子だ!」と言っていた男の子がいたとか。
多分同じ幼稚園の卒園生かな?

はるちんもランドセルを背負ったお兄さん・お姉さんが気になるらしく
名残惜しそうに何度も振り返って小学校を見ていたのでした。

はるちんも 段々、楽しみなってきたかな?
なんて思った母でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/253-8b64f195

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。