スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての 「あゆみ」 

はーちゃんの小学校は2期生なので、夏休み前に「あゆみ」はもらわず。
10月に入り前期が終わり、先日生まれてはじめての「あゆみ」をもらってきました!

支援級の あゆみ は◎や○の評価ではなく、
項目ごとに支援級の担任の先生がコメントを書いてくれてます。
あと交流に出ている教科では、交流級の担任からのコメントもあった。
交流級の担任からのコメントは無い場合の方が多いみたいだけど
はーちゃんの支援級の担任の先生が要請して書いてもらってるみたい。

あゆみ を見て思ったのは、
幼稚園から積み重ねてきていた事が評価されているな ということ

支援級の先生からも交流級の先生からもも日直活動の時の号令が上手だった。
とあったのだけど、これは幼稚園で年中さんから「お当番」といって
小学校の日直のようなものがあり。
朝の会、帰りの会の号令や その日使う道具(画用紙など)を配ったり
という活動をやっていて。
もっとさかのぼると実はひよこ教室でも年長者になってからやってたので
2歳代から号令の声かけをやっていて。
幼稚園でお当番が始まった当初は、他の子は始めての事に
恥ずかしがって小さな声になってしまう子が多かったのだけど
はーちゃんは最初から大きな声で出来ていて
周りのお母さん達から、「はーちゃん すごいねぇ」なんて言われてたりした

体育でも、校庭5週のランニングを立ち止まらず走れた。とあって
これも、年長さんの時に運動会でリレーがあって
その練習に1ヶ月半位、毎日園庭を走っていたので
はーちゃんの中で慣れていることだったのが大きかったのかな と思った。

また幼稚園では、年中から机に座ってワークをやる活動がはじまり
最初の頃はずっと座っていられなくて、
立ち上がっては先生に追いかけられていたのだけど
年長さんになって文字の練習が始まった頃には
みんなとちゃんと椅子に座り、できないんだけど
皆と同じようにひらがなのワークがやりたくて、鉛筆でグルグル書いていたりしたそうで。
小学校に入る前に机に向かって作業をする練習ができていたのも
はーちゃんが楽しく学校に通えている事に大きく影響している気がした。

私が意識して用意したものではなく、
環境がもたらしてくれたものなんだけど
やっぱり色々な人達に支えられて、ここまで成長してきたんだなぁ。
ということを また実感できた「あゆみ」でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/266-2909a0ea

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。