2年生をふりかえり 

753haru.jpg
 ↑ 昨年11月。近所の神社に七五三のお参りへ。
着物を着て、本人もかなりゴキゲン。
体が小さめなので満年齢で七五三のお祝いをしてるんだけど、
更に早生まれなので2年生でやりました。


もう半年以上も書いてなかったんだなぁ。
昨年度は小学校のPTA役員をやったりで、ちょっといそがし目でした。
あとはのんちゃんもまだ幼稚園なので
はーちゃん&のんちゃんの学校&幼稚園の送り迎えに
習い事も二人とも送り迎えしないといけないので、意外と せわしない毎日で。

学校生活は、相変わらず かなり順調なはーちゃん。
2年生の交流(普通級で授業を受ける時間)は音楽と、図工の出来る作業。
それにせいかつで 学校外の公園探検に行く時とか。
朝の会と帰りの会は毎日。給食は週に一回。 というかんじ。
できない、とか わからない事に直面すると、ストレスを感じ
落ち着きの無い行動をしたりして
ちょっと周りとトラブるような所もあるタイプなので
本人もそれなりに参加できる時だけにしてもらってます。

学校生活は順調だけど
先生と1対1でやる、療育センターのOTなんかは、落ち着かない時も多い。
まあ、本人にとって「難しい・いまちょっとできない」ことに取り組む場なので
できないものへの不安感から、課題から逃げるように
関係ないことをしようとしたり。
その上、先生も若くて全然怒らないので、なめてしまってるという。
センターの先生なんだし、心理士さんとかに対応方法を聞いて
もうちょっと先生らしく振舞ってくれると、いいんだけどなぁ。
と思ったりもする。

ピアノも、『ミ』の音符がナカナカ理解できず。
やはり、出来ない事への不安感から
席を立ち上がって 部屋の隅に行ってしまったり と
なかなか落ち着いて取り組む事が出来ず。
大変な時期があったんだけど、
本人が「ピアノ好き!」「やめない!!」といつも言うので
続けて行っていたら、『ミ』を理解できる時期も来て。
今は片手で簡単な曲(ちゅうりっぷとか)を楽譜を見ながら弾けるように。

そして昨年度、私の中での大きな出来事といえば、
受け口の矯正治療をはじめられた事!!
結構拒絶が強いタイプで
お医者さんなんかでは、どこでも最初は
初めての事に恐怖心を感じてすんなり診察なんて出来ないんだけど
こと、矯正は診察台は背もたれを倒さないといけないし
診察台に座る事すらできない状態から
2年かかって、治療がはじめられた!
まあ、色々あったんだけど、詳しくは別記事で書くとして。


ピアノも矯正も、
多分私一人で考えてたら、出来るようになってからやれば。
と一度辞めてしまっていたように思う。
それは、はるかのためというより
私自身の気持ちが もたないから。

でも、ポーテージの先生に以前
「これからは、できないからと、やめるのではなく
 できるようになるよう、続けて慣らしていくのが大事。
 今すぐはできなくても、多少時間がかかっても 続けること」
と言ってもらったのが自分の中で大きくて。

まあ、この言葉をもらったきっかけが、矯正の事で相談していて。
今は診察台に座る事もできない。
歯科では2ヶ月に1度くらい、座る練習からさせてくれてたんだけど
もし大きくなってから やってできそうなら
今無理にやら無くてもいいのかな?と思って相談してみたのだけど
はーちゃんが、そうか、はっきりわからないけど
拒絶が強い子の場合に、大きくなってからの方が
初めてのことに慣らすのが大変になる場合もある、と。

そういえば昔、小学校高学年位の子が
歯医者に行くのが嫌で家出しちゃったんだよ。
という話を聞いたこともあって。
はーちゃんはタイプ的に 大きくなっても拒絶が強いかも。と
私も思う部分もあり。
だったら、時間がかかっても、今から少しずつ慣らした方がいいのだろうと。

まあ、眼科の定期健診も
最初は目薬さすのも大騒ぎだったけど 何度も行くうちに慣れて、
今では自分から上向いてさしてもらえるようになったし
診察も一人でいすに座って受けられるようになったし。
何度も体験して、「大丈夫なんだ」と本人がわかれば
時間はかかるけど出来るようになるだろうと、私も思った。
そういうことから 出てきた先生の言葉だったのだけど。


ピアノも矯正も
この言葉がなかったら、一旦やめてしまってたように思うのだけど
「きっとできるようになる」と
信じる事もできたし、すごく私の支えになってくれたと思う。

小学校に入るとまわりの普通の子は一人で通学するし
送り迎えだけでも『大変ね』みたいな目で見られるし。
うちの支援級は、知能的には低くない子も多くて
はーちゃんは いろいろすぐにはでいないし
私の中で、なんか負担に感じてしまう所もあったんだけど
矯正ができるようになったこと、ピアノも一歩進めたことで
『時間がかかっても、やればできるって すばらしい!』
という初心を思い出す&実感することが出来て
すごく大きな、いい出来事だったと思う。

過去記事 → 時間が かかっても

というわけで、2年生の集大成は
「時間がかかっても やればできるって、すばらしい!」 なのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/276-05f9bb50

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ