ひよこ教室30周年 

先週末、ひよこ教室の30周年記念式典があった。

ひよこ教室は、ダウン症児のための会。
1歳前後から幼稚園や保育園に入る前の子を対象に週に一回、2時間ほど
園生活のような流れで保育をしている。
サークル活動と違って、ちゃんと先生達も居て。
色んな事を相談したりもできて、
雑談の中で、先生達のいろんな経験も聞ける。
先生達もダウン症児者の親御さんだけじゃないので、
逆にその「普通の子育て」の経験談から、親としての姿勢を学ぶ事も私は多くて。
いわゆる障害児教育の専門家じゃない先生達だからこそ、
先入観なくその子その子の成長に寄り添ってくれる良さがあったのかも。
と今、書いてて思った。

今でこそ、「幼稚園や保育園に通う前の会」となっているけど
発足した30年前は、障害児に専門的な指導をしてくれるセンターなどほとんどなく。
幼稚園や保育園にも障害児は入れないのが当たり前。
そんな時代に自ら、就学前のこどもの居場所を作ろうと
親御さんたちが自ら立ち上げた会。
その立ち上げから関わっている方が、今もボランティアで先生として
来て下さってて。今回の会でも、その先生のお話があったけど
はーちゃんが通ってた頃も時々、
ご自分の子育ての経験から大切と感じた事をお話してくれてた。

この会を立ち上げた事もそうだけど、
その他にも色んな活動をしてきた、パワフルな先生。だけど、
その雰囲気も話し方も、ふんわりやさしく。
いつもお話しして下さる内容も全然押しつけとかなくて。
今回もお話を聞いてて、つくづく素晴らしい方だなぁ。と思ってしまった。
いやあ、ホントはーちゃんを通して、いい出会いをいっぱいしてるな

前置きのつもりが、すげー長くなっちゃったけど。(思い入れたっぷり(^^ゞ)


今回の式典、卒園生による みんなの発表会(勝手に命名)もあり。
はーちゃんもピアノ演奏で出させてもらいました。
はーちゃんの発表については次の記事で書くとして。

他には、
コント、朗読、バイオリンとピアノ演奏、ドラム演奏(ピアノとのセッション)
卒園生の所属するダンスサークルのステージ。など盛り沢山。
大人の方によるバイオリン演奏・ドラム演奏も、素敵だったし、カッコよかった。

でも実は、母的に一番、コレサイコー!と思ったのは、コント!!
もう働いてる男の人2人で、ひげダンスの音楽に合わせ、ノリノリ踊りながら、
ドリフ的なパフォーマンスでのズッコケ系コント。

ダンスパフォーマンスなんか見ても思うんだけど
ダウン症の子達って、思いっ切りがいい子が多い。っていうか。
自分とかも、あまり技術のない状態でステージに立つと周りの目を気にしちゃって、
目いっぱい動いたりとか、逆に恥ずかしくて出来ないものだけど、
自分がどういう状態であろうが、今の自分で精一杯踊ってて。
まあ、ダウン症でも色んな性格の子がいるから
恥ずかしがり屋の子もいるし。全員がそうじゃないのは当たり前だけど
そういう子が多い。
で、はーちゃんもそういうタイプ。

今回のコントも、その思いっ切りの良さがいい感じに作用してて
見ててすごい楽しかった!

私、普段から、人生には「笑い」が絶対に必要だ!と思ってるので
なんか、はーちゃんも大人になって、こういうお笑いものの宴会芸が
できたらいいな~。とか、結構本気で思っちゃった。
はーちゃんもよく、テレビとか見て、勝手に踊ってたり
普段の会話でも、おどけて見せる時に、ちょっと面白い動きしてみたりよくしてるし。
なんか本領発揮できそう♪

こういうのって、立派な才能だよね~
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/319-f9a6a4c2

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ