ドキドキとワクワク! 

さて、ひよこ教室30周年で、はーちゃんもピアノ演奏でステージに。

基本的に1人5分程度。ってことだったので、
せっかくなので5分使わせてもらう事にして
でも単純な童謡4曲とかより、連弾も入れた方が変化があって楽しいかな。と思い。
私との連弾2曲とはーちゃんの1人演奏2曲で
ピアノの先生に相談して、曲目を決めた。

連弾はピアノ教室の発表会でも、毎回やっていて。
ピアノの先生は、ピアノを習ってなかったお母さん達にも連弾を勧める。
それは、発表会に向けての練習の大変さとか、
子どもがどれほど緊張感のあるステージに立っているかを
お母さんにも知ってほしいからだそうだ。
ただ 練習しなさい!とか、間違えないよう弾きなさい!とか
プレッシャーを与えるだけのお母さんになって欲しくない。って事なのかな?
と感じた。いい先生なんだよなぁ。

まあ、ピアノを続けるには、「練習しなさい!」はある程度必要なんだけどね。
過度にならないように。ってことかな、と。
なんか、この過度にならないように。ってのが、子育てには大事だよね。
きっと子どもの気持ちに寄り添うよう努めてれば、大丈夫なんだろうけども。
そこが意外と難しい。

話それまくり

最近、「緊張感」が出来てきたはーちゃん。
前回のピアノ教室の発表会でも、家で本番通りに入場→演奏→退場の練習すると
緊張しちゃって、間違えまくってたり。
今回も午前中のリハーサルでは1曲目から間違えまくり。
でもまあ、大体本番に強いと言われてきてるので、大丈夫でしょと思ってた。
今回は学校の先生もお呼びしたんだけど、開場して隣に先生が座ると
もう、下向いちゃって、返事もしないはーちゃん。
こりゃ、見たことない位緊張してるな~。って感じ。

でも本番になると、ニコニコ客席に笑顔なんか振りまいてて。
2曲目ちょっと間違えたものの、まあ、何とか弾ききり。
本番が終わった後は、先生ともお話ししたりして。
本人も楽しんでる様子にホッ!

しかし、後からちょっと考えたら、
今回、私もはーちゃんと連弾でステージに出るのと、
お教室の発表会だと、イスの高さとか位置とかも、先生にお任せ状態だけど
今回は私がそれもやる感じだったので、初めての事に
リハーサルから母が緊張してたんだよね。

ずっと以前、まだひよこに通ってた頃。
母子分離始めて間もない子のお母さんに先生が、
お母さんがすごく心配そうにしてると、子どもにそれが伝わっちゃうから
気持ちはドキドキでも笑顔で送り出してね!って言ってるのを聞いて、
なるほど~!と感銘を受け、それからは
新生活のはじまる場面とか、発表の場とかで、
心の中はドッキドキでも、笑顔ではーちゃんを送り出すようにしてた。

だけど、この日は、母もいっぱいいっぱいで、多分ずっと顔も強張ってたと思う。
なんかそれが伝わっちゃってたのかな?とちょっと反省したりして。

で、次の日の朝ご飯の時に、はーちゃんに「昨日ドキドキした?」って聞いたら
『うん。すごくドキドキした。でも、ワクワクもした!!』って。
ドキドキしたけど、ワクワクもした!なんて自分から出てきて、
わ~!なんか素敵だなぁと思い。

考えたら、はーちゃんも あとちょっとで10歳。
母が横で緊張してようが、自分で自分の緊張も乗り越えて行っていい時期だよね。
と思ったのでした。
こうやって、色んな事経験して、成長していくんだね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/320-4d556717

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ