スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を知る、仲間をつくる 

4年生の後半くらいから、普通級の周りの子達と自分の差を
肌で感じて分かってきたような様子のはーちゃん。

1・2年生の時はまだ周りの子達もあどけなく、みんなじゃないけど
向こうからよく声をかけてきたり、一緒にハマッコで遊ぼうと誘ってくれる子なんかも居た。
でも、その頃は はーちゃんの方があまり仲良くしよう、という意思がなく。
子どもの精神発達的に、年少さんくらいの子は、まだ大人を介して周りと繋がる時期。
というのを、以前に幼稚園でもらって来た無料の雑誌で読んだこともあり。
幼稚園の頃、センターのコーディネーターさんに相談した時は
まだ周りの子も幼くて、はーちゃん的には自分の意思を言わなくてもくんでくれる
大人や年長者の方が好きなんだろう。なんていう意見もあり。
まだそんな時期なんだろうな、と思ってた。

で、3年生になったら、少しお話が上手になって、
周りの子とも話せるようになってきたのもあるのか
はーちゃん、普通級の子達と仲良くしたいという思いが出てきたようだった。
でも、3年生の女子といえば、仲良い子とグループ作って、
他の子入れない!みたいな時期でもあるし。
障害の事とかも、あ、なんか自分と違うな。という事に気づく時期で、
なんか変だぞ。とまずはなる。
それが次の段階として小学校5,6年生位になると、
ちゃんと話せば障害の事なんかも理解して受け入れられるようになる、と。聞いたこともあり。

そんなこんなでか、下駄箱や下校途中でも、声がかかる事もメっきり無くなり。
はーちゃんの成長と周りの成長が残念な形でずれてしまった感じだった。

それでもまだ無邪気だったはーちゃんは、周りの子達にかまってほしくて
交流に行った時、隣の子の背中を軽くだけど、ポカポカポカ!とぶってみたり。
話しかけた時、相手が書き物をしていて「これ終わるまで待っててね」と言われたのに
話したい方が勝っちゃって、相手の子の鉛筆取ってしまったり。
そんなしょっちゅうじゃ無かったけど、そんな問題も時々あった。
でも、本人が周りと交流したい思いがあるのなら、
勉強の時間での交流はほとんど無理になっていたので、
はーちゃんにも意思を確認して、4年生になってから
それまで週1回だった普通級で給食食べる日を、2回にしてもらった。
4年生の初めの頃は、給食で〇◯さんと話した、とか家でも報告してくれたり。
本人も楽しそうに過ごしていた。

で、4年生の後半になったら、普通級でのいたずらっぽい行動もすっかり落ち着いて。
集団活動でも、周りと同じように静かに参加できるように。
あ、空気読めるようになってきたのかな。と思ったり。
でも同じ時期。
最近、給食での話しないな、とふと思い。
「給食の時、だれかとお話した?」と私が聞いたら
自分に言い訳でもするように「食べてるから、話さなくてもいいんだよ」とブツブツ。
その少し後から、週2回にしてもらってた交流級での給食を
はーちゃん自ら、週1回は行きたがらなくなり。
きっと4年生の会話は、はーちゃんには難しくて入れないんだろうな。と。
先生も、どうしましょうか?と相談があったので、
本人の意思を尊重して、また週1回に戻してもらった。

その時は、一連の様子に、私は はーちゃんがかわいそう。とは思わなかった。
同じ年の周りの子の会話には、難しくて入れない。
それは事実だから。はーちゃんだって、自分の事は知っておいた方がいいだろうと思った。
自分が普通級の子達と違う事は、知っておいていいことだと思ったから。

そして、最近思うのは、自分と周りとの差を知るのも大事だけど、それだけでもダメだなと。
「仲間に入れない」という経験だけでは、やっぱり辛い。
はーちゃんには、はーちゃんの仲間が必要だな、って思うようになった。
人間だれしもそうだと思う。
はーちゃんがそのままで、仲良く出来る仲間。

支援級で、ここでも書いてたけど、1個上のお友達と仲良くしてて、
今でも放課後、時々遊んだりしてる。
そういう時間が いま大事だな、って。

やっぱり半年くらい前から、ラブジャンクスに行くのもとっても楽しみにしているはーちゃん。
金曜日の放課後はダンスの日。と分かっているので、
「きんようび、ダンス行く!」と自分から言ってくる時が出てきた。
4年生から6時間の日も増えて、去年まではナカナカ体力的に毎週は厳しいかなと思っていたけど。
最近はだいぶ体力も付いたし、何より本人のモチベーションが高いので、
多少疲れててもダイジョブなんだろうね。
大人の先輩達は「おつかれさま~💛」と声もかけてくれたりするし。
レッスン中に周りの子と話したりしてるわけじゃないけど、
なんとなく仲間だっていうのは、分かってるんだろうな。とも思う。

というわけで、これからは 
支援級の友達や、ダウン症の仲間との時間を大事にしないとな。
と思っている母でした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/340-48134beb

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。