スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を知る からだ編 

今日はちょっと、自分の話。

私自身、小学校4年生位まで体が弱く、
小児喘息もあったし、頭痛持ちだったし、食も細くてガリガリだった。
小5くらいから喘息も治って、何故かよく食べるようになり、かなり改善したものの。
人より体力がない、持久力が無い、というのが20歳ころまでコンプレックスだった。
10代後半くらいの頃って、体力のある人で、
運動してないから体力がないんだ、もっと鍛えれば。
とかテキトーに言ってくる人とかも結構いて。
今でこそ、テキトーに言ってくる、とか自分も言えるけど、当時はそういう言葉も気になったり。

そんな中、学生時代に某編集部でバイトしてたのだけど、
アシスタントとして取材に行った、東洋医学の先生から聞いた話が私の大きな転機になった。

生まれ持った体質は変える事はできない。
でも、車で例えたら私みたいな人は、軽自動車。
元の馬力はないかもしれないけど、
スピードはそう沢山出さなくても走行車線で、高速道路を走って遠出も出来る。
ちゃんとメンテナンスすれば、長い年月走る事も出来る。
馬力のあるダンプカーでも、無理な運転を続ければ、短い年月で故障してしまう。
そんな感じだよ、と。
あなたも自分の体質を知って、無理をしないでちゃんとメンテナンスすればいいんだよ。
と。

もうこの先生の名前も憶えてないけど、
自分にとっては、本当に転機だったな、と思う。
この話を聞いてなかったら、無理して周りと同じように活動して倒れちゃう。
なんてこと、やっちゃってたんじゃないかな。なんて思う。

で、このことが頭にあったのは、
はーちゃんを育てる時にも良かったと思う。
大きな合併症は無かったものの、周りのダウン症の子と比べても体力もなく。
やっぱり小学校低学年くらいまでは結構風邪ひいてたし。
でも その事を私が気に病まないで済んだのは、
あの東洋医学の先生のおかげだな。と思う。

最近は はーちゃんも運動会の学年合同体育で2時間とかやって疲れると
「つかれました」と先生に伝えたりするらしい。
5年生になって交流級が4階になっちゃったので、そういう日先生が
『帰り会行きますか?』と聞くと、「疲れたので、行きたくないです」と答えるとか。
そういう時は4階まで上がるのも時間がかかって、やっと着いても終わり頃。
なんて事になってしまうので、上に行くのはお休み。
自分の体調を感じて、周りに伝えたれるのも、大事だよね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/343-0530f9af

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。