スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝は気だるい 

ポーテ-ジでの指導の中で、
スケジュールが自分で分かる事って、大人になると大事な事。
って事で2年前位からは-チャン用のカレンダ-を買って、
予定を書き込み、度々一緒に予定を確認する。ということをしてた。
はーちゃんにとって楽しい事や自分の習い事のピアノの日なんかを
書き込んでいたので、初めの頃は全然覚えていられなかったものの、
自分でも予定を確かめるのが好きだった。

支援級でも、勉強会で来た高等養護の先生から スケジュールを把握できるのは大事。という話があり
小4からカレンダーを使って曜日を把握し,1週間の予定を覚える お勉強をしてた。
そんなこんなで小4の後半くらいに、まず土曜日と日曜日は学校お休み。を理解。
月曜から金曜は何だかぼんやりしてたけど、金曜になると
「明日はどうようび、学校お休みで~す!」と言うように。

我が家、学校がある日は朝 テレビはつけない。
気が散って支度がスムーズにできないから。
でも土曜日と日曜日は早く起きてテレビを見てても怒られない。
と言うことを学習したは-ちゃん。
平日は7時過ぎに私が起こしてやっと起きるけど
土日は自分で6時半とかに起きるようになった。
で、教育テレビをつけて、まずテレビ体操をするのが お楽しみ。

5年生になったら、6時間授業も増えて、毎日お疲れ気味のは-ちゃん。
平日は益々起きづらく。
目覚ましも鳴らして、母が必死で10分くらいかけて起こす感じに(・_・;)
週末は登校班に間に合わない日も出てきた。
でも,登校班には間に合わなくても
学校には遅刻しない事も分かってきちゃったは-ちゃん。
登校班に遅れるのもダメなんだよ。と言っても、あまり気にしてるように見えない。
でも、やっぱり土日は自分で6時半に起きる!
土日もちょっと遅めに起きるなら
「疲れてるからしょうがないのかな」と思えなくもないのに
疲れが溜まってるはずの土曜の朝にスッキリ起きるあたりが、
母的にはイラっとポイント。

なんだか、会社に行くのに起きれないサラリーマンみたいじゃないかい?


今年度の初めの4月、登校班で班長と副班長を決めた日。
うちの班は小6が1人なので同じ小5の子が副班長に。
それを見たはーちゃん、来年は小6の自分たちが
班長と副班長をやると思ったようで
(同じ学年の子は はーちゃん含めて2人)
「は-ちゃんね、6年生でふくはんちょうやるの」とな!
でも副班長さんは班長さんが休みの時に、班長代理として一番前を歩く。
後ろの子のスピードを気にしたり、道を渡るときに車が来たら、
みんなが渡れるか距離を図って止まらなきゃいけない。
それはちょっと難しい。
何度か、『副班長は班長は休みの日に、班長やるんだよ?できる?』と言ったら
「は-ちゃんは,ふくはんちょうやるの」と。
班長できないのは自分でも分かってるけど,副班長として一番後ろを守りたいらしい。
何度か聞いて、気まぐれで何となく言ってるわけではないのは分かった。
しかしやっぱり、班長代理は難しい。
と言うわけで、副々班長としていつも一番後ろを守らせてもらえないか?
と母はちょっと お願いしてみようか。と考えている。

でもね、登校班に遅れちゃうようじゃ、副々班長にしてください。なんて頼めない!
というわけで『登校班にたくさん遅れてたら、副班長さんにはなれないよ。
ママも副班長さんになるの応援してるよ』
と朝起こす時に言ったら、 なんとか登校班に遅れないようになってきた。
やっぱり目標があると違うなぁ。

しかし、理解力が上がると、いい事だけでなく色んな事が分かるようになるし。
親からすると困ったことも出てくるけど、それも含めて成長なんだよね(・_・;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/344-7fa9061c

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ