スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おこづかいで お買い物 

子供達のお小遣い。
1年生になったら もらってる子もチラホラ出てくる。
けどまぁ、次女さんが1年生の時はこちらからも言わず、次女さんも欲しがらず。
お小遣いをあげるということは、お金を使うということ。

自分が子供の頃、一ドル300円台の時代は日用品も今みたいに安くなく。
シャーペン1本、消しゴム1個買ってもらうにも大ごとだったし、
買ってもらったら大事に使ったし、無くしたらもう、必死で探したものだけど。

今は使い捨ての時代。
うちにも色んな所で貰った鉛筆やノートのストック、沢山あるし。
ファミレス等のお子様セットのオマケのおもちゃとか、貰ってはすぐ壊れて、すぐ捨てて。
物とかお金の大切さを、子供が普段から感じ取れるような生活じゃないような。

で、お小遣いをあげたら お金をどう使うか、
一緒に管理して教えていかないといけないよな、と思ってた。
いつ位から、わかるものか。どうするか迷いつつ こちらからはあげてなかった。

そしたら次女さん、2年生になったら お小遣いがほしい。と言い出した。
まあ、自分も小学校から貰ってたし。
というわけで、言われてすぐ、お小遣いスタート。
お金の管理を教える目的もあるので、お小遣い帳とお財布も揃えた。

で、その時、はーちゃんは おこづかい始めて無かった。
お金の管理、難しいから。

でも、次女さんも最初は自分のお金でも1人で使わない。
買いたいものがある時は、母と一緒に買う。ってした。
そうすると、必然的にはーちゃんも一緒の時になる。
次女さんが目の前で 自分の財布から自分で選んだものを
自分で買ってるのみたら、羨ましく思うに違いない!
というわけで、はーちゃんに「はーちゃんも おこづかいほしい?」
と聞いたら、「うん!ほしい!」と。
次女さんが貰う一連の様子見てて、やっぱり欲しかったよう。

で、はーちゃんも、おさいふとおこづかい帳を用意。
一緒に買ったんだけど、とっても喜んでいた。
はーちゃんにも、1人で使わない。欲しい物がある時はママに言う。を約束。

で、次女さんはちょこちょこ自分で好きなお菓子を買ったりしてるけど。
はーちゃんは次女さんが買う時に時々自分も。って感じで、
自分から何か欲しい。と言うことも無く。
使う回数も少ないので、お金も溜まってきた。

近くの商店街に、2週間毎にお店の変わる、イベント型の貸店舗があり。
冬に毎年、フェルトを使ったアクセサリーや小物を扱うアジア雑貨のお店がくる。
ピン留めや髪留めもあり、次女さんと買っていたので、
今年はお小遣いを持って、自分で買ってみよう!と行ってみた。

髪の短いはーちゃんは髪飾りは使わない。
はーちゃん、自分で雑貨コーナーを見て、
これにする!と。コースター。



「これ、なにするか、しってる?」ときくと
「こっぷの下でしょ」と置くジェスチャー付きで答える。
コースターって書いてあったけど、
コースターの意味をしっていたのか?見ただけで分かったのか?
どちらにしろ、自分で分かったの、やるじゃん!と嬉しい母。

のんちゃんはピン留めを購入。


それぞれ自分でお会計。

はーちゃん、家に帰るとすぐ、ダイニングの自分の席にコースターを置いた。
どうやらここで毎日使うつもりで買っていたよう。

なかなか、いいね(^_^)
はーちゃんも自分で選んで自分で買ったもの。大切に使ってます。

次女さんも母的には、なんだかお菓子にちょくちょく使うのもどうなんだろ?
と思ったりしてた所。
はーちゃんの誕生日にプレゼントを買って渡したい!と自分から言い出して
お小遣いを貯めだした!
いいね、いいね。
はーちゃんの誕生日、楽しみだね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。