11歳 

先月、11歳になった はーちゃん。

去年、10歳は感慨深かった母ですが、今年は やっぱりあっさりだ来た感じだった。

でもね、今年は 人を喜ばすことに目覚めた次女さんが、はーちゃんのお祝いも盛り上げてくれた。

20150405134654519.jpg
家族でのお祝いは週末に外食することにしたけど、
学校でも家でもはーちゃんのカレンダーに誕生日を書いたので、
近づいて来たら、「あさって誕生日で〜す!」「あした誕生日で〜す!」
と楽しみにしている様子。
なので当日はスーパーのケーキでプチお祝いすることに。

次女さん、お小遣いからプレゼントを購入し。
当日は はーちゃんがお風呂入ってる間に部屋を飾り付け。
ケーキの前には、ピアノでハッピーバースデーを伴奏。
はーちゃんも これには大喜び!でした😊

パパとママからは、お出かけ用のバック。
お姉さんになったので、肩掛けじゃないのにしてみた。
キャラっぽいのもやめて、ローラアシュレイにて購入。
春休みのお出かけに 早速使ってます。

201504051347154d0.jpg

お次は、ばーちゃんが外食してお祝いしたい。と言ってくれたので
みなとみらいで お祝い。
はーちゃんもお子様コースで、ただいま練習中のナイフとフォーク使って。
デザートのおめでとうメッセージで大喜び😊
子供たちが女子2人だから外食も楽しめる我が家でした。

201504051347397c1.jpg
そして最後は 家族でおいわい!
はーちゃんが、ショートケーキがいい。
というので、ハートのショートケーキにしたよ。

4月からは、6年生。

自立、という意味では知的に判断力や理解力が低いから、将来的にもサポートが必要だろうけど。
かといって、母がどこでもガッツリ付いてなきゃいけない訳でも無くなって来たし。

周りとの差を感じて、ストレスから変な事しちゃう時もあるけど。
そういう精神的なことは、結局はーちゃん自身が自分で乗り越えていかなきゃいけないことで。
障害があるからと、子供を弱者と捉えすぎず。
悩んだり、傷付いたり。人なら避けては通れない訳で。
私は ただ親が守る、というよりは、自分で乗り越える力もつけて欲しいなぁ。
と思う。

何てことを考えるようになった事に、はーちゃんの成長を感じるのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ