スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生活スタート 

4月から中学生になった はーちゃん。
中学就学に向けては、私の気持ちが浮き沈みしたり。
色々あったけども、中々書く気になれず。
だったけど、就学活動の様子は追々書こう。

まあ、結局不安の元は、通う支援級にここ3年位は軽度の子しかいなくて。
はーちゃんに適切な支援がしてもらえるのか?ってとこ。
4月に支援級の先生から、こちらもお子さんのことは分からないので、6月位までには体制を整えます。とか、言われちゃって(ー ー;)
2ヶ月は捨て期間?最初の大事な時期にそれって…。ってそこは今だに納得いってないけども。
そんなこんなで支援級側の準備が整ってなかったのもあって、不安感から学校でも落ち着かなかった はーちゃん。

校外学習に行くのに、事前学習もないし持ち物のプリントも配られなかった
というような支援が足りてない、って事も あったり。
反面、他の事では先生の支援がなくても意外と1人でできることがある事も分かったりもしたけど。

でもとにかく そのままじゃ、ダメだった。
私はやっぱり、学校は学びの場であって欲しい。
笑顔で通えてればいい。なんて思えない。
そうやって諦めたら、子供の学ぶ権利を放棄する事になるんじゃないかと。

そんな中、たまたま高校進学の参考に見ていた養護学校のHPに、
教育相談支援といって、地域の学校に出向いて
生徒への支援方法の検討、学習方法や教育教材の工夫を指導するサービスがあるという事が書いてあり。
まず校長面談して、それからこの支援をお願いしようか。と思っていたところ、
一緒に入学したクラスメイトの親御さんが、
特別支援教育総合センターにつてがあり、同じような教育相談をお願いしてくれた。

結局は先生達も どうしたらいいか分からなかった訳だから
学校側もセンターの人達が来るのを快く受け入れてくれたらしい。
それで指導が入ってからは 環境も整ったようで。
はーちゃんも学校にも先生にも慣れてきて、今は楽しく通っている。

でも支援級にセンターの人が来てなかったら?と思うと、中々厳しかったと思う。
それもこちらから行動しなければ来てもらえない。
でも逆に言えば、アクションを起こせば 環境をよくする制度があるって事でもある。
諦めないで一つ一つ行動していくこと。
一人一人のこういう積み重ねで、全体の教育環境が少しずつ良い方に変わっていくんじゃないかと。
私は本気で思っている。
どかーんと啓発イベントするのも一つだけど、
目の前の問題を放置しないことも大事だと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/361-32b71e72

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。