スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就学活動 中学校編 母の気持ち 

さて。はーちゃんの中学校に向けての就学活動のこと。
小学校生活を経て、先生やその時いるメンバーで環境が変わるのは分かっていたので
入学前年の6年生になってから活動開始。

住んでる地域では、中学から公立の支援学校に入るのは かなりの狭き門。
って事も前提にはあるけども、
今回6年ぶりの就学活動を通して、自分の 地域の学校に通わせたい。
という思いを再確認した。

はーちゃんが生まれて、障害の告知をされた時
1000人に1人って、都心部では一つの小学校に1人は居るくらいの数なのに
なぜ自分はこんなにダウン症の事を知らないのだろう?と思った。最初のその思い。
その後も幼稚園、小学校と過ごして
こういう子が居るという事を知ってもらう、理解してもらう事が
やっぱり はーちゃんの生きやすさに繋がるだろうという思いも深まり。

それに、小学校の時も普通級での交流で得たものも沢山あったと思ったし。
はーちゃん自身、今、周りとの差を感じて戸惑いがあるようだけど
私としては、はーちゃんが そんな気持ちと向き合うのも大事なことな気がしてて。
ダウン症の人の中にも大人になって、学生生活を終えて少ししてから、
引きこもってしまう人がいる。なんて話もチラチラ聞くのだけど。
はーちゃんは気が強いけども、繊細に色々と感じてしまうタイプでもあり。
今までの様子を見いていて、
思春期の今、自分と向き合うって事が大事なんじゃないかと。

学区の支援級を見学に行って、気持ちは右往左往したものの
支援学校に気持ちが傾くこともなかった。

でも、もちろん本人に無理が生じない環境であることも大事だから
学区の中学の支援級には6月に見学と、
はーちゃんがどんな子か知ってもらっておこうと面談もお願いしたりも。

というわけで、今色々あっても、学校の選択に後悔してる訳ではない。
はーちゃんは楽しく学校生活送ってるみたいだしね。

なんて言いつつ、かなり気持ち的にジタバタしちゃった就学活動の
具体的な様子に続く…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/363-aaf32ddd

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。