スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこから巡った思い。 

初めてのトラックバック受信:「見失う希望、見つける希望」S嬢のPC日記

すぐにこの記事にコメントしよう、と思ったものの。なんだか、考えがまとまらない。
まとまらない考えを追っているうちに、どんどん考えはめぐっていった。
そして最近、やっと自分の中でひとつの答えが出た。

読んで最初に思った事、「あ、健常の子の親御さんは希望を持って育ててるんだ」ってこと。
生後3日でダウン症の告知を受けた私には、よく分からない。
でも確かに、告知前の日々と告知後の気持ちは全く違うものだった。
告知前の日々は今からするとなんていうか、キラキラしてたなぁ、と。

今はキラキラ。というのには、とても及ばないかな。
確かに、はるちんはかわいい。笑顔を見るたびたまらなくかわいい~!とは思う。
でもそれとは別に、なんとなく自分の中に暗いモヤモヤした気持ちがある。
それがまた1歳2ヶ月頃から段々と大きくなってきてて。

ふと、このモヤモヤは、希望を持てないってトコから来てるのかな?と思う。
・・・「希望をもつ」ってどういうことなんだろう?

最初の頃は、子供に対して「かわいい」って思いがあれば、何とかなるものかと思っていた。
しかし、子供がかわいいからと言って、目の前のすべての問題が片付くワケじゃない。

かといって、この子が居なければ良いなんてことも全く思わない。
私も子供がいる幸せ。ってヤツはとても感じている。

まあでもそういう幸せ感とは別に、最近、知的障害児を育てる事への不安感でいっぱいなのだ。
こんな気持ちで「希望をみつける」なんてとても無理そうかな。と思ったり。
でも子供の未来に希望が持てない。ってちょっと悲しいな。とも思ったり。

自分の中の不安はどこから来ているんだろう?

はるちんの未来を考えた時、はるちん自身が自分の人生を不幸に感じるとは、私には思えない。
リトラビのやっている施設で青年期の知的障害者に会うのだが、
私には彼らが不幸になんて見えないんだよなぁ。

けっこう人懐っこくて元気な子が多い。不幸オーラ出てないっていうか。
私が楽観的に見てるだけなのかもしれないけど。
そういう意味ではこの子の未来を憂いたりはしていない。

女の子だから、パン屋さんとかでパンを焼く仕事なんかできたらいいな。とか思って
パン屋で働くはるちんを想像してニヤニヤしてみたりすることもある。
本当になって欲しい。っていうんじゃなくて、想像ごっこみたいなものだけどね。

じゃあ、この不安はどこから来ているんだろう?考えた時に、
障害児の親としての、自分の未来に対してなんだなぁ。と分かった。
幼稚園とか選ぶにあたって実際に断られたって話も聞くし、
集団生活で色々問題起こしたりって話も聞くし、
あ~、もう何か大変そう。っていうのがイヤなんだなぁ。って。

でも健常児育ててたって、きっと色々問題は出てくるんだよね。

ダウン症は比較的にネットワークがあって、
全国の人が入ってるMLなどで、色んな体験を読むんだけど、
こういうものの健常児版があって、色んな人の悩みを読むことが出来たら
やっぱりけっこう落ち込むかもしれないよなあ、とか思った。

ここまで考えたら、何かスッキリ。心が晴れてきた。
ま、どんな問題が起こるかもわからないのに、今から暗くなっても仕方ないことだよね。
はるちんを育てるってことは、私の人生の一部であって、その事で問題にぶつかったとしても
それで私の人生の全てが塗りつぶされる訳じゃないはずだし。

今はやっぱり、告知前のキラキラした感じには及ばない。
私にも希望を見つけることが出来るか、今は正直わからないけど、

  それでも、新しい扉を開くことで、きっと一生知らなかったはずの思いと、発見と、喜びが
  手に入る。
  望むことをあきらめなければ。

    「見失う希望、見つける希望」S嬢のPC日記より引用

実際にダウン症児を育てている人からの、こういう言葉は、それだけでとても勇気を与えてくれる。
私も、望むことをあきらめない自分でいたい。


それにしても、考えがまとまるのに1ヶ月以上。
自分を見つめる作業って久しぶりにしたような。なんだか思春期に戻ったみたいだけど、
また落ち込んだ時にはこういう作業が大事なのかもしれないなぁ。

<2005 ママの気持ち>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/62-d4db91a1

公開された場に思考を刻む

ねえねえ、聞いて。伝えたいことがあるの。あなたに。そして誰かはわからないけれど、わたしが伝えたいことを感じてくださるどなたかに。ひとつのボタンを一度押すと、わたしの思いは公開される。何のために。わたしはわたしのために話し、わたしのために今日のわたしを記録
  • [2005/10/13 13:23]
  • URL |
  • S嬢のPC日記 |
  • TOP ▲

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ