スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポーテージ 

今日は「ポーテージ」という発達遅延児のための早期教育プログラムを指導する
先生の所へ行ってきた。(参考:ポーテージ協会HP

少し前にダウン症児先輩ママと話していて「ポーテージに行ってて・・・」って話になり
それなに?ってところから詳しく聞いてみると、良さそうだったので
早速先生を紹介してもらって行ってみることに。

ポーテージを簡単に説明すると(HPを見ると載ってるけど)
指導員の人とマンツーマンで話したり、遊んだりしてその子の状態をみてもらい、
今その子の発達がどの程度なのか、
またその発達に応じた働きかけの仕方を指導してくれるというもの。
で、実際に子供に対して働きかけるのは親で、日常生活の中で働きかける。というのが基本。

先輩ママに実際に指導された事がまとめられたプリントを見せてもらって、
いろいろ遊びの中での働きかけなのがいいな~。と思ったのでした。

あと、ダウン症児の発達ってほんとうに人それぞれで。
同じくらいの月齢でもその子その子で"できること・できないこと"が全然違う。
だから例が無いっていうか。今はるちんが何ができるのかイマイチ分からないというか。

例えば、今はるちんはお手手パチパチはお得意なわけだけど、
やるようになったきっかけは、ばあちゃんが教えてくれたから。
当時私は、はるちんにはまだ無理だろうと思っていて、全然教えていなかったんだけど、
夏に実家に帰った時にばあちゃんが教えたらスグできるようになって。

その事から、本当は働きかけたらできることも見逃しちゃってるのかな?
と少し不安に感じてる所があった。
そんな時にポーテージの話を聞いたので、とにかく1度行ってみよう!と飛びついたのでした。

で、実際に指導を受けてみた感想は・・・とっても良かった!私に合ってるかな、と。

指導のお部屋に着いたら、はるちん新しい場所と人にベソベソになったんだけど、
先生は子供と遊ぶのがとっても上手で、一緒におもちゃで遊んだら
5分も経たないうちにニッコニコに。こんなに早く慣れるのは珍しい!

先生はそのままはるちゃんとオモチャで遊んだり、絵本を読んだりして状態をチェック。
模倣をするのがとっても上手。ってことと、目を見て反応するのがいい。
と、はるちんのいいところを教えてくれたり。
普段一緒に生活してると、こういう風に判断できないから、すっごく感心。

そして、今のはるちんにあった働きかけ方を指導してくれました。
簡単にプリントにまとめてくれるのでした。
基本的にママと一緒に楽しく遊んで、その中で働きかけていく。とのこと。
これが私に合ってるな~、と。
教材やカードとかを使って。っていうんじゃないのがいい。

もう少し大きくなったら教材も必要になってくるだろうけど
今は、楽しく遊んだり、たくさん外に出て行ったりして感覚を刺激したり育てたい。
というのが、最近の夫婦共通の意見なので、ピッタリだなぁと思ったのでした。

あとは「言語」に関しても指導してくれるのもいいかな。
はるちんの通ってる療育センターは言語療育が混んでて、お耳の聞こえの悪い子が優先なので、
聞こえに問題の無いダウン症児は、ほとんど受けられない。と聞いてて。
ここで少しでも指導してもらえるのは、嬉しい。

通うのも月一で負担にならないしね。

というわけで、はるちんの療育に「ポーテージ」が加わったのでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/73-730279e1

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ