PT&ママ友sとクリスマス会♪ 

今日は午前中は2週間ぶりのPT。

先日の療育センターの主治医の診察で、右足ばかり使っている事を指摘されてたので
そのことについて、新たな課題が出るかな?と思いつつのPT。

いつものように遊びながらはるちんの動きの様子を見る先生。
ハイハイするようになってから治ってきていた、後ろに下がる姿勢がまた出てきつつあるとのこと。
はるちんを座らせて、後ろから腰を支えるように手を添えて、
上半身を前に出すような姿勢を取らせるよう指導を受ける。
実際には“前に出す”というより、後ろに行きがちな重心を正しい位置にしてあげる感じ。

その後、先生はつかまり立ちするところが見たいのだけど、ナカナカしないはるちん。
先生が台を出してきて、まず座ってるはるちんをオモチャで遊ばせ、
徐々に移動させてオモチャを台の上に置いて誘ってみるのだけど、
オモチャが台の上に乗っちゃうと、すぐ諦めちゃうはるちん。

先生曰く、その、諦めの早い所がはるちんらしい~。と
確かに、出来ないなら出来ないで、ま、いいや。ってかんじあるね。

今日は特に、右足ばかり使う事への課題は出なかったので、
逆にそのことについて先生に質問をしてみた。
ズリバイの時も最初は右手だけのクロールのような動きだったし、
なんとなくずっと、右に偏ってるのかな。という気がして。
それが何かから来ているのか、聞いてみた。

先生から見ると、右が強いから右足からばかり立っているのではなく、
逆にバランス的に左が強いので、弱い右を支える意味で右側の足が出てきたり、
ズリバイの時だったら、右手が出てきたりしてるように思えると。
でも今見ていて、偏りが強すぎるとか、歩き出した時にビッコをひくまではいかないと思う。
ということでした。なのでその辺についての課題は出なかったよう。

なんで右が弱いか?
というのは、ハッキリ分からないけど、向き癖が関係する場合は多いらしい。
ただその向き癖が更に何から来ているのか?というと、

例えばお腹の中で、その時の姿勢から来ているのかもしれないし、
何か右が動きにくい理由があって、そこから来てるのかもしれない。
ダウン症児の場合、やっぱりお腹の中から動きが弱いので、
普通ならなんてこと無いことでも、そういうところから来ている事もあるのだそうだ。

お~~!なるほど~。と妙に感心してしまった私でした。


で、午後は産まれる前からの幼馴染、ママ友s&お子ちゃま達とクリスマス会♪
一人のお友達のうちに集まって、チキンやおすし、ケーキを買って持ち寄り。

子供たちには、チラシ寿司を用意してくれてました!
チラシ寿司は、海苔と人参でアンパンの絵が描いてあった!スゴイスゴイ!
はるちん、美味しかったようでチラシ寿司を沢山食べました。

大人も沢山食べて、飲んで(私はシャンメリーだったけど)。
なんとも贅沢で楽しい時間を過ごしたのでした。
おうちだと子供たちもノビノビ遊べるし、ママ達も子供を気にせずリラックスできるし、
また何か企画して、お家でご馳走の会しよう!なんて盛り上がっちゃったのでした♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://harurooo.blog11.fc2.com/tb.php/80-a14b30eb

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 徒然こそだて日記 all rights reserved. Powered by FC2ブログ